カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

野原工芸 【新型】木のシャープペンシル 購入しました

どうも、は→とです。

 

2021年12月現在、未だ転売ヤー不正アクセスのせいでネットでの販売が延期されているところ、先月に以前予約していた木のシャープペンシルが届きました。(ネット購入は確か5月頃)

 

僕は野原工芸は木のボールペン・スタンダートだけ持っていました。

樹種は胡桃(クルミ)。

こんな感じです。

f:id:acht_neosee:20211201203208j:plain

 

さすが需要と供給が全く合っていない名ボールペン、書きやすさは抜群です。

アクロインキの力もある程度あるとは思いますが。

 

さて、今回購入したシャープペンシルの樹種は、同じクルミ。金具の色だけシルバーにしました。

早速紹介したいと思います。

 

 

開封

 

早速開封です。

f:id:acht_neosee:20211201203212j:plain

箱はいつものやつ。1万円を超えると、桐箱らしいですね。

 

f:id:acht_neosee:20211201203216j:plain

開封した状態です。

 

f:id:acht_neosee:20211201203220j:plain

おぉ、同じクルミのはずなのに全然違う

 

ボールペンの方は結構同色というか、色ムラのない単調な木目でした。

今回届いたシャープペンシルクルミは、縞模様の木目が目立ちます

HPに近いのはボールペンの方だと思うのですが、これはこれでめちゃくちゃカッコいい

思わぬサプライズでした。

 

f:id:acht_neosee:20211201203224j:plain

今回の新型シャープペンシルは口金が2種類付いています。

新型はガイドパイプの形状で製図用シャープペンシルの様に非常に視界が良好です。

そしてこのガイドパイプが収納式と固定式の2種類となっています。

 

収納式が初めから付いているシルバー、固定式が付属の黒ですね。

 

f:id:acht_neosee:20211201203230j:plain

黒を付けてみました。デザインはこっちの方が好みなので、これで使っていこうと思います。

 

 

なんだろう、目の錯覚だと思うんだけど、ほんの、ほんの僅か、ペン先が傾いている様な…

 

f:id:acht_neosee:20211201203234j:plain

ボールペンとのツーショット。こうやって見ると、同じ樹種でも木目の違いがよく分かります。

 

あ、ちなみにボールペン・スタンダードとシャープペンシルでは、軸の太さとクリップの形状も違います。

 

ペンケースも買いました

 

今回、この2本のペンのためにペン差しを新調しました。

 

ナガサワ文具センターのキップレザーペンケース 2本差しSです。

 

f:id:acht_neosee:20211201203237j:plain

箱はこんな感じ。

 

f:id:acht_neosee:20211201203242j:plain

神戸のポートタワーをイメージして、中央が窪んでいます。

 

f:id:acht_neosee:20211201203246j:plain

この鍵がトレードマークです。

 

f:id:acht_neosee:20211201203249j:plain

ちなみに、キップレザーペンケースは7本差しも持っていまして、家で愛用しています。

 

f:id:acht_neosee:20211201203252j:plain

このペン差しは、Sサイズ。上に乗せると入るのかなって思うのですが、

f:id:acht_neosee:20211201203255j:plain

きちんと入ります。むしろピッタリサイズで綺麗に収まり丁度いいです。

 

f:id:acht_neosee:20211201203258j:plain

金具の色を変えたのでどちらがボールペン・シャープペンシルかが一目瞭然です。

 

f:id:acht_neosee:20211201203301j:plain

最後にシャープペンシルだけで撮影。このアングルの木目が、個人的に一番綺麗に思います。

 

まとめ

 

欲を言えば、赤のインクを入れてもう1本ボールペンが欲しいのですが、まぁ、当分は買えないと思います。
(ネットでは買えないし、お店には行けないし、転売ヤーからは絶っっ対に買わない

いつかは家族とお店に行って、自分の1本と、子供たちにも一生用に1本ずつシャープペンシルを買い与えたいな。

 

これからも大切に使っていきたい、そう改めて思うのでした。