カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

HEDERA購入しました

ぐもにあふたもーにん、は→とです。

 

新年あけましておめでとうございます。今年もゆっくりと、更新していきたいと思います。

 

 

結構前ですが、HEDERAの商品を買いました。

f:id:acht_neosee:20201231201740j:plain

 

定規買いに来ただけだったのが、何故か沢山握りしめていました。ちょっとだけ、紹介したいと思います。

良い所いっぱい有りますが、個人的には完璧な商品というのは多くありませんでした。

 

電卓

f:id:acht_neosee:20201231202231j:plain

パッケージの状態。このミニマルデザインが素敵

f:id:acht_neosee:20201231202247j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202258j:plain

裏面には計算例(使い方)の紹介が乗っています。

f:id:acht_neosee:20201231202356j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202410j:plain

縁が無いデザインが珍しく、そしてカッコいいです。ボタンも押しやすいのですが、個体差なのか、僕が買ったやつは若干ボディが歪んでいて、置いてもきちんと接地されず少しカタカタします
それさえ無ければ最強だったのになぁ…

 

ホッチキス

f:id:acht_neosee:20201231202538j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202553j:plain

パッケージの状態

f:id:acht_neosee:20201231202636j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202706j:plain

開けたところ。先の金物部をスライドさせて、ホッチキスを閉じた状態で固定して自立させることが出来ます。
デザイン、自立出来る機能共に良いのですが、紙を綴じる力が弱いような…。袋にも10枚と書いてあるように、あまり厚い枚数は綴じれません。

f:id:acht_neosee:20201231202747j:plain

 

はさみ チタン加工

f:id:acht_neosee:20201231202829j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202850j:plain

袋の状態

f:id:acht_neosee:20201231202935j:plain

開けたところ。これもデザインは凄くカッコいいです。

f:id:acht_neosee:20201231203012j:plain

開けた状態で、既に傷が付いていました。電卓といい、製品の品質管理が悪いようですね。

f:id:acht_neosee:20201231203058j:plain

使い心地はというと、正直微妙です。見た目優先ですね

 

スライド消しゴム

f:id:acht_neosee:20201231203323j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203326j:plain

パッケージの状態

f:id:acht_neosee:20201231203330j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203334j:plain

袋から開けたところ

f:id:acht_neosee:20201231203338j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203345j:plain

これはデザインだけでなく、使い勝手も凄く良いです。消しゴムが四角いので、細かい部分も消しやすく、カチカチっとスライドする感触が心地よい。
個人的に唯一惜しいと思うのが、替えの消しゴムが売ってないこと。まぁこれ単体でも安いのですが、環境問題とか色々あるんだし、替え単体で販売すればいいのに。

 

15cm定規

f:id:acht_neosee:20201231203349j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203353j:plain

パッケージの状態

f:id:acht_neosee:20201231203357j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203402j:plain

袋から開けたところ。
これは凄い良い商品だと思いました。スリットは滑り止めらしいですが、滑り止め感はあまり感じられません
僕が一番いいなと思ったのが、定規の左右に余白が無く、定規サイズがピッタリ15cmなところ。人によっては使いにくいかもしれませんが、僕の使っているペンケースが小さめで、余白の5mm~10mm位が命取りになるので、これは本当にありがたいです。

 

ゲルインクボールペン

f:id:acht_neosee:20201231203422j:plain

凄くシンプルなボールペン。筆記ブランドのKACOとのダブルネームとなっています。

f:id:acht_neosee:20201231203430j:plain

ダブルネームという表現が、微妙なところです。HEDERAは基本OEMといって、自社開発ではなく他者ブランドの製品を製造する方法をとっているのですから、そもそも完全自社ブランドではありません。そこに名前をさらに乗っけるって、どういう事なんでしょう?

f:id:acht_neosee:20201231203546j:plain

安い割にはけっこう書きやすいです。少~しだけチープですが、まぁ値段相応ということで。

 

Soft Sonic スリム多機能ペン

f:id:acht_neosee:20201231203438j:plain

かなりスリムなボールペンですが、重量感があり、2色ボールペン+シャーペンが入ってます。ちょっと値段高めです。リフィルは4C規格。なのでジェットストリーム芯とかも使えるのは強みかと。

f:id:acht_neosee:20201231203442j:plain

見た目的には、多機能ペンで一番好きです。

f:id:acht_neosee:20201231203550j:plain

スリムと名の付く通り、小型なのでメインのペンではなく手帳用の様に、どこかに忍ばせるのに向いているのでしょうか。優秀なのに、まだ使い方に迷ってしまっています。

 

スタンダードシャープペンとスタンダードボールペン

f:id:acht_neosee:20201231203520j:plain

同じデザインで、シャープペンとボールペンがあります。

f:id:acht_neosee:20201231203516j:plain

全長はちょっと大柄です。勢いで買いましたが、個人的にはそんなに好きなデザインじゃない(ごめんなさい)

f:id:acht_neosee:20201231203512j:plain

ボールペンのリフィルは、パーカー規格っぽいです。ということは、ジェットストリーム(以下略)

 

スタンダード製図用シャープペン

f:id:acht_neosee:20201231203450j:plain

見た目カッコいいですね。KOKUYOの廃盤シャーペンのOEMのようです。
某You Tuberさんもべた褒めしてました。

f:id:acht_neosee:20201231203457j:plain

ノック付近のデザインが、ロットリングに似ていますが、先日販売された製図用シャープペンⅡに至っては、まんまロットリングです。

f:id:acht_neosee:20201231203454j:plain

先のグリップが使いやすいですがちょっと埃が付きやすいかな。

f:id:acht_neosee:20201231203554j:plain

日常使いのシャーペンとしても、非常に満足のいく出来です。

 

これは人にもオススメ出来るシャープペンシルだと思います。



つい先々週カッターも買い増ししましたが、また今度製図用シャープペンIIもどうするかを思案中です。

今年も物欲は止まることを知りません(笑)

テレワーク用の環境をそろえました

どーも、は→とです。

 

今年は新型コロナウイルスによって、社会の在り方が大きく変化を求められた一年でした。僕はそれ程影響が大きくありませんでしたが、大変な思いをしている人が、今も大勢いることかと思います。
仕事場は田舎なのでまだそれ程対策は大きくありませんが、それでも勿論テレビでやっているような最低限の対策はありますし、やっぱり影響がないわけではありません。
特に皆そうだと思いますが、全体的な会議がZOOMになったり、(会社から強制的に受けさせられている)試験為の講座も自宅でだったり。今までは、そういう時はiPadやノートPCでした。


こんな風にね。

f:id:acht_neosee:20201231002625j:plain

 

 

でもやっぱり、長時間机の前にいる時にはやっぱりもう少し大きい画面の方が良いなって思うわけです。
で、これを機に、モニター買ってもうちょっと環境を良くしようと思いました。

 

 


今回買ったもの

 

まずは、買ったものはこちら。

 

机がそんなに広いわけではないので、やっぱりモニターアームで浮かせて、スペースは有効活用したかったので。結構直ぐ届いたので、買ったものを組み立てていこうと思います。

 

組立て

 

f:id:acht_neosee:20201231004612j:plain

モニターアームの中身はこんな感じ。どうせモニターを動かすことも無いので、シンプルな奴にしました。
値段も手ごろだったです。

 

f:id:acht_neosee:20201231004643j:plain

僕の家の机は置き式ではなく、元から据え付けられているタイプなので、クランプで挟み込みは出来ません。なので、机に穴を開けてグロメット式で固定する必要があります。穴を開けるサイズは説明書に書いていますので、指示通りのサイズで開けましょう。そうしたら、早速グロメット式で組立です。

 

f:id:acht_neosee:20201231004804j:plain

いきなりつまづきました…。
クランプ式もグロメット式もどちらも下の手回しネジのパーツは共用なのですが、挟み込みパーツを外す為の上のネジが硬くて全然取れない…
30分位格闘して、なんとか外して取付出来ました。

 

f:id:acht_neosee:20201231004957j:plain

こんな感じです。
インパクトドライバーは持っていましたが、10mmの穴を開けるドリルが無かったのでホームセンターで購入し、開けました。
位置を考えながらやった方が良いと思います。
僕の場合、なるべくポールを机の角に寄せようとしたせいで上に付いてる照明と位置がズレました。まぁ、ちっちゃいことは気にしないです。それワカチコワカチコ。

 

f:id:acht_neosee:20201231005114j:plain

ここまでくれば、モニターはVESAマウントを取り付けるだけなので簡単です。

 

f:id:acht_neosee:20201231005137j:plain

試しにPCと接続してみました。無事に問題なく動きます。
解像度はノートPCの方が高いのですが、やっぱり大きな画面は良いです。

重量制限をよく見ていないのですが、このモニターを付けると、ポールが約6mm位モニター側に傾いています。まぁ折れることはないのでしょうが、結構ギリギリなのかもしれません。

 

f:id:acht_neosee:20201231005300j:plain

アクセサリも少々。
HDMIやUSB-Cを挿しているだけでもゴチャゴチャするのにそれから外付けメモリ関係を付けたら机が狭くなってしまうので、一か所にまとめます。

 

f:id:acht_neosee:20201231005352j:plain

それがこの状態。まだ問題が有りますね。
シンプルに、コードが長すぎる。
これは付属のコードを使っているので、仕方が有りません。

そこで、追加でもう少し購入しました。

 

アイネックス AC電源ケーブル 0.5m ACP-05A

アイネックス AC電源ケーブル 0.5m ACP-05A

  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: Personal Computers
 

HDMIのアダプタはもう一種類購入したのですが、そっちの商品は挿しても画面が映りませんでした。相性悪かったのか、不良品のどちらかですね。僕だけの可能性もありますので、動かなかった商品の案内はここでは止めておきます。とりあえず上のL型のアダプタだけでも動いてコードの向きが変えれたので良かったです。

AUKEYの充電器は、60Wの一口タイプを使っていたのですが、モニターの電源用にコンセント一口使ってしまったので充電ケーブルの差し込み口が足りなくなってしまったから。携帯とか充電しながら作業したかったので、USB-Aの口もあるタイプを追加購入しました。
なのに、モニターに映像を映しながら下のUSB-Aの方へコードを差し込むと、何故かモニターが映らなくなるという結果に。
2口挿し込んでも、USB-C側は45Wの出力だから電力は足りてるはずなんだけどなぁ…。理由が分かりません。

因みに、60Wの1ポートタイプと、65Wの2ポートタイプは、これ位のサイズ差です。僕は上手くいきませんでしたが、非常に優秀な充電器ですね。

f:id:acht_neosee:20201231010802j:plain
f:id:acht_neosee:20201231010905j:plain
箱のサイズは全く同じ
f:id:acht_neosee:20201231011005j:plain
f:id:acht_neosee:20201231011024j:plain
縦横厚み、全てちょっとだけ65Wの方が大きい
f:id:acht_neosee:20201231011137j:plain
f:id:acht_neosee:20201231011149j:plain
前後の比較はこんな感じです

f:id:acht_neosee:20201231011226j:plain

どちらおオススメ出来る、非常に優秀な充電器です

少し話がそれましたが、同時には使えないにせよ挿し込み口周りはかなりすっきりさせることが出来ました。

f:id:acht_neosee:20201231011408j:plain

 

 

まとめ

 

f:id:acht_neosee:20201231011444j:plain

マウスは以前から使っていた分をそのまま。キーボードも以前にクラファンで購入した分を使っています。
今の状態でも結構満足していますが、より快適にするために、もう少し手を加える予定です。
それはまたの機会に。

 

ではまた。というかよいお年を。

audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKR70TWレビュー

どうも、は→とです。

 

今回は、前置きが長いです。
興味ない人は飛ばしてください。

 

 

 

前置き


皆さんは、イヤホン何使ってますか?

僕は、ウォークマンiPod時代はあまり高価なイヤホンは使っておらず、記憶に間違いが無ければ、確かiPhone4辺りから、少しイヤホンに興味を持ち始めました。多分iPhoneの付属イヤホンが満足出来なかったんでしょうね。

実はその時のイヤホンもまだ持っていて、今手元に有るのはこれら。

f:id:acht_neosee:20201118223749j:plain

別売りのケースもまだ持っていました

最初に買ったのは、もう廃盤で名前は分からないのですが、audio-technica(オーディオテクニカ)のイヤホンです。そこまで高くはなかったかもしれません。あ、関係無いですが今回写真は全部iPhoneで撮っています。編集でごかましていますが、いつもよりちょっと画質は荒いと思います。

まだイヤホンはどこが良いかとは分かっていなくて、この会社なら何選んでもハズレは無いかなという軽い気持ちで買いました。

当時使っていたイヤホンとは確かに音質が違うということで、それなりに長く使っていた記憶が有ります。

f:id:acht_neosee:20201118223858j:plain

 

次に買い替えたのは、BOSE(ボーズ)のSoundSport wireless headphones。どう見てもイヤホンですが、商品名はヘッドホンなんですね。

Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック

Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック

  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: エレクトロニクス
 

f:id:acht_neosee:20201118224029j:plain

ケースは別のもの

ワイヤレスイヤホンに憧れて、買いました。

音も勿論良かったのですが、この、iPhoneのジャックに差し込む必要が無いというのが非常に便利。

買った当時は両耳のイヤホンが繋がっているタイプの方が主流で、完全ワイヤレスイヤホンはまだあまりなかったんじゃ無いかなと思います。

f:id:acht_neosee:20201118224108j:plain

けっこう長く使っていたので、コードの根元が外れています

これも音質が良かったので今も手元に有るのですが、一つプライベートで使っていると気になる点が。

僕はカメラも趣味なのですが、首から下げて持ち歩きます。イヤホンの、首の後ろを通るコードがカメラのストラップに引っ掛かるんですよね。これが邪魔になって、完全ワイヤレスイヤホンを検討し始めたのが今年の話。

 

次に購入したのが、Mobvoi(モブボイ)のTicPods 2 Proでした。

f:id:acht_neosee:20201118224508j:plain

音質も結構クリアで、何より充電ケースまで含めてめちゃくちゃ小さい。

音声機能はあまり使わなかったけど(英語なのですが、"play music"だけ何故か全く反応しなかった。僕の発音のせいかもしれませんが)、スライドタッチでボリュームコントロールをしたりと、便利な機能も有り非常に満足していました。

 

流れ的には、ちょっと高価なイヤホン→ワイヤレスイヤホン→完全ワイヤレスイヤホンと来たので、次はノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホンという感じではあります。

が、どうしてもノイズキャンセリング機能が欲しいから新しく買い替えた訳では有りません。TicPods 2 Pro買ってそんなに経ってないし。

 

じゃあなぜ新しいの買ったのか。

 

理由は簡単、これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:acht_neosee:20201118224721j:plain

 

 

 

 

 

 

 

片方失くしちゃった…

 

 

 

商品紹介


はい、やっと本題です。
今回紹介するのはaudio-technicaのATH-CKR70TW。ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンです。またaudio-technicaに戻ってきました。

新しく買うことになったとはいえ想定外の出費の為、あまり高いものは買えません。とはいえ前のTicPods 2 Proもそんなに安くはなかったので、安物を買うともしかしたら音質に不満が出るかもしれない。

しかも、次こそ無くさない限り長く使う予定なので、ノイズキャンセリング機能も出来たら欲しい。最近は大分ラインナップも増えてますしね。
さて、どうしたものか…

 

と悩んでたら、丁度最近良いのが出たので買いました。

これ、凄く良いです。満点では無いのかもしれませんが、個人的に全部が合格点。

あまりイヤホンの性能に詳しく無いので専門的なことはさっぱり分かりませんが、素人目線で、買って良かったと思える所を紹介しようと思います。

 

細かい紹介は、絶対HPで見た方が良いです。
決して楽したいから書かないわけではありません。

www.audio-technica.co.jp

 


まずは箱から。

f:id:acht_neosee:20201118225350j:plain

正面が商品画像、側面が簡単な性能紹介(セールスポイント)と付属品、裏面がもうちょい詳しく紹介、といったところです。無料アプリで画像まとめたので、ロゴマーク残っていてすみません。

 

f:id:acht_neosee:20201118225416j:plain
上面は対応アプリの案内が。最近はどこもスマホありきになっていますね。

 

f:id:acht_neosee:20201118225527j:plain

中身の構成は大体どこも同じような感じでしょうか。商品と付属品(コードとイヤーピース)と紙が何種類か。

 

f:id:acht_neosee:20201118225552j:plain

保護袋を剥がして、30分ほど充電しました。
充電ケースは前に使っていたTicPods 2 Proと比べると流石に大きいですが、それでも大きすぎる程では無いです。前が小さすぎただけ。その分バッテリーはイヤホン単体で7時間、ケース併用で最大20時間なので、単体の性能アップです。

 

f:id:acht_neosee:20201118225641j:plain

f:id:acht_neosee:20201118225653j:plain

f:id:acht_neosee:20201118225708j:plain

ケースを色々な角度から。シンプルに表現すると蓋が山型のケースなのですが、色んな部分が微妙にただの直線ではありません。前面部は微妙に手前に傾いていますし、蓋も前傾です。天板はなんとも表現し難いカーブを描いています。

前面はケースのバッテリー状態が分かるように、ランプが4つ付いています(30分しか充電していないので3つしか光っていなくて分かりにくいですが)。

 

f:id:acht_neosee:20201118225830j:plain

蓋を開けた状態。けっこうコンパクトにまとまっている印象。

 

f:id:acht_neosee:20201118225851j:plain

f:id:acht_neosee:20201118225903j:plain

内部のヘアラインがかっこいいです。イヤホン自体も充電中だったので、ランプが光っています。

 

f:id:acht_neosee:20201118225928j:plain

イヤホンには、タッチセンサーだけでなく、物理ボタンが付いています。
左右、タッチセンサー(もしくはボタン)を押す回数、長押し等で、かなり多くの操作が出来ます。初めは戸惑うかもしれませんが、既に慣れました。

 

f:id:acht_neosee:20201118225950j:plain

イヤホンの形状は、ちょっと変わっているのかな。まぁ、最近変わった形状のイヤホンも多いイメージなので、変態的な変わりようではありませんが。イヤーピースが本体からちょっと離れている印象です。つまり、耳の中にグッと押し込む感じ。

僕は現在もともと付いていたサイズをそのまま使っていますが、3時間位使っていると少し耳が痛くなったので、今度もう1サイズ小さいのも試して自分に合っているサイズを見極めようと思います。

 

 

使用感

 

使い心地としては、まずノイズキャンセリングの性能は結構高いと思います。初めてのノイキャンであとは家電量販店位でしか試したこと無いので、あくまで個人的な感想程度に思っていただければと思いますが、少なくとも不満は一切感じていません。

音量は、初めて使った時は結構ボリューム上げないとちょっと小さいかなぁと思ったのですが、3日位使っていたら、そんな感じしなくなりました。気のせいだったのかな。耳が慣れた?

音質は、一番感想に個人的な差がある部分だと思いますのであまり細かいことは言えませんが、印象としては「変なクセが無い」といった所でしょうか。良い意味ですよ。ここらへんはアプリを使えば好きに調整できますので、むしろ初めはプレーンな方が後で自分好みに弄りやすいと思います。

 

f:id:acht_neosee:20201118230233j:plain

自分で調整が面倒な人も、プリセットが入っています。これだけでも、それぞれ結構印象変わります。

 

f:id:acht_neosee:20201118230327j:plain

カスタム設定も、2つ保存出来るようになっています。曲に合わせて変更出来るのが良いですよね。

 

f:id:acht_neosee:20201118230407j:plain

他にも、色々な設定をカスタマイズ出来ます。

 

ビームフォーミング技術とかいうやたらカッコいい名前の技術とかでマイクの性能もかなり良いそうですが、あいにくまだそこら辺は使い切れていません。
専用のオーディオ機器だけでなくスマホで使う人もかなり増えたでしょうし、最近はZOOM会議とかで、イヤホンにはマイクの性能も要求される時代になったんですね。
いやーイヤホンも随分進化したなぁ。

 

 

まとめ

 

f:id:acht_neosee:20201118230455j:plain

既にお気に入りのイヤホンです。デザイン的にも性能的にも、そして価格的にも、全てが高い次元でまとまっています。

次は紛失に注意して、末永く、付き合いたいと思っています。次失くしたら多分泣くと思います。ちっちゃく左右独立になったというのも、考えようですね。

え、なにこの感想。

ペンケースの中身が確定しました。

どうも、は→とです。

 

色々ペンの紹介をしていましたが、普段使うものが決まりました。

 

厳選するにあたり、テーマを決めて、統一感のあるものを目指しました。

中身のテーマは、「木と真鍮」

それでは一つずつ、紹介をしたいと思います。

 

その他のペンの紹介は、こちらから

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

ペンケース

まずはペンケースから。

ペンケースはPILOTのPensemble(ペンサンブル)ファスナー付き ロールタイプペンケースを愛用しています。

ロールペンだけでなく、ポケットがあり小物も入れることが出来ます。

ペンサンブル自体色々なラインナップが有り、希望の物を選びやすいです。

f:id:acht_neosee:20200816183449j:plain

外は牛革、内側はピッグスエードというそうですが、どちらも凄く柔らかい。柔らかすぎてここは好みが分かれるかも。個人的には手触りも良く、凄く気に入っています。

 

ポケット

ペンサンブルのこのタイプは、ファスナーポケットと、その前後にも蓋無しのポケットが一つずつ付いています。僕はそれぞれのポケットに、下の写真の物を入れています。

f:id:acht_neosee:20200816183503j:plain

 

奥のポケット

奥のポケットには、A4用紙を折りたたんで入れています。

f:id:acht_neosee:20200816183514j:plain

上の写真のように横に折れ目が出来るように1回、その後縦に折れ目が出来るように2回折ると、ピッタリのサイズになります。

 

f:id:acht_neosee:20200816183529j:plain

入れるとこんな感じ。緊急用のメモ帳として活躍します。

 

ファスナーポケット

ここには小物を。下記の3つを入れています。

f:id:acht_neosee:20200816183542j:plain

野原工芸のボールペンの替えリフィルとしてPILOTOのアクロインキ、あとは消しゴムとシャープペンシルの替え芯です。

やっぱりメインボールペンなので、万が一インク切れになっても書けるようにという事で、これだけは予備を入れています。

 

事務用・製図用消しゴム PE-01A
 

www.tfa-onlineshop.com

消しゴムは、トンボのモノタフ(EF-THS)に(もしくはモノ消しゴム(PE-01A))、TRAVELER`S FACTORYの ブラス イレイサーケースをはめています。

もともと消しゴムはHEDERAのスライドイレイサーが気に入っていたのですが、使い切った時中々新しいのが手に入りにくいのと、替え消しゴムが単体で売っていません。その点これだとどこでも売ってるMONOを使える事と、ケースを真鍮製にすると統一感が出るので、今はこれで落ち着いています。

 

シャー芯ケースも真鍮製に。芯自体はパイロットのネオックスを入れています。お気に入りはB。

 

f:id:acht_neosee:20200816183553j:plain

これらをまとめてファスナーケースへ。内容物的にはまだ入りますが、今の所これで十分。

 

手前のポケット

このポケットには、一つだけ。

f:id:acht_neosee:20200816183605j:plain

item.rakuten.co.jp

BRASS STOREの真鍮定規を入れています。TRAVELER`S FACTORYのブラスシリーズにも定規があって、見た目的にはそっちの方が好きなのですが、一つだけ難点が。それはこのペンサンブルの全長が短くて、16cmの定規があまりにギリギリになる事。全長15cmの定規だと大丈夫なのですが、両端ないし15の側に余白がある定規の方が多く、このペンケースに入る定規は限られています。今回は真鍮縛りで選んだので、これにしました。

 

f:id:acht_neosee:20200816183618j:plain

こんな感じで、入れています。

 

ペン差し部

さて、ペン差しの部分はこうなっています。テーマ通り、木と真鍮で統一しています。

f:id:acht_neosee:20200816183633j:plain

 

ペン差し(大)

ペンサンブルのペン差し部は大きいペン差しが2つ、小さいのが3つの5本差しとなっています。

f:id:acht_neosee:20200816183648j:plain

一番左のペン差しには、+LUMBER(プラスランバー)のLEAD PENCIL 2mm(大人の鉛筆、高級木材の芯ホルダーと、Craft Rinkul(クラフト鈴来)のColumn(カラム)シャープペンシル ウォールナットを。ペン差し自身が大きいので、木軸シャーペン系を2本まとめて入れています。

 

f:id:acht_neosee:20200816183701j:plain

もう一つの大きいペン差し部には、中国製のボールペンを入れています。 

商品案内は、上のようなきれいな真鍮製のペンの画像でしたが、実際に届いたときは大きく違い、前軸の金属部分は黄色の塗装がされていました。さすがメイドインチャイナ。全然違ったので、ヤスリで削って塗装を剥がし、真鍮部分を出しています。作業が粗かったからか酸化が早いので、今度コンパウンドをもっときちんと使って磨いてから、クリア塗装を吹いて塗膜を作ろうと思っています。これはリフィルがパーカーのG2規格にほぼ似ている奴だったので、互換性があるかなと思って変えてみたら2本だけ上手く交換出来ました(残り3本は、G2規格のリフィルを入れて回してもリフィルが引っ込まなかった)。パーカーのクインクフローの赤と青のリフィルを入れています。

5本で2千5百円弱と安かったのですがかなり手を入れたので、結果的にちょこっと割高感。しかし色々自分で改造した分、愛着が有ります。

 

ペン差し(小)

小といっても比較の話で、それなりの太さのペンも全然問題なく入ります。

f:id:acht_neosee:20200816183715j:plain

 まずは左側にPILOTのS20を。シャーペンで一番使っているのはこれなのですが、どうも僕の手には細軸より太軸の方があっているようで、細軸を長時間使っていると手が疲れてくるので、その時はカラムシャープペンシルに持ち替えています。

 

f:id:acht_neosee:20200816183728j:plain

文具ファンなら、木のボールペンと言えばこれ。真ん中のペン差しには野原工芸の木のボールペン スタンダードを入れています。

このボールペンの金色の部分はメッキなのですが、結果的に真鍮との色のバランスも良く、たまたま統一感が出ました。

 

f:id:acht_neosee:20200816183740j:plain

最後に、Trystrams(トライストラムス)のBRASS 蛍光マーカーをいれています。僕の知る限りマーカーで真鍮を使っているのは、このケースだけでした。

 

まとめ 

f:id:acht_neosee:20200816183754j:plain

 こうやって何かテーマを決めて文房具を選ぶと非常に統一感が出て、文房具に対する愛着がさらに湧くと思います。紆余曲折して色々変えていた文房具ですが、ようやくメインを決定できたので、暫くはこれでいこうと思います。

HERBIN(エルバン) ローラーボールペン コンバーター付き レビュー

ぐもにあふたいぶにーん、は→とです。

 

今日のペンは、ボールペンですがちょっとボールペンっぽくないペンです。
万年筆のインクが使えるペン、エルバンのローラーボールペンです。

f:id:acht_neosee:20200724012203j:plain

 

その他のペンの紹介は、こちらから

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

商品概要

今回も、概要から。

エルバン ボールペン コンバーター付き スケルトン hb-pen08

エルバン ボールペン コンバーター付き スケルトン hb-pen08

  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: オフィス用品
 

商品名:ローラーボールペン コンバーター付き
品番:hb-pen08
インク:万年筆インク
色:ケルト
材質:プラスチック(本体)、ステンレス(ペン先)
方式:キャップ式
カートリッジ:欧州規格万年筆インクカートリッジ
ボール径:0.5mm

ペン先はボールペンなのですが、仕組みは万年筆のハイブリットペンです。メーカーはエルバン。インクで有名な会社なので、このような商品が生まれるんでしょうね。
カートリッジ専用のペンもあるのですが、僕が持ってるのはコンバーター・カートリッジ両用式です。

昔ラミー2000の万年筆を持っていて使っていたのですが落としてしまいペン先が壊れてしまうという悲しい事故が有りまして、ラミーの万年筆インクが使われずにずっと手元に残ってしまっていました。
またコンバーター式の万年筆を買っても良かったのですが、やはり万年筆は高級嗜好品。慣れていない人間にとっては普段使いとするにはハードルが高く、安い奴はボールペンと比べて性能の低さが気になります(個人的見解)

そんな中見つけたのがこのペン、早速紹介したいと思います。

 

開封

f:id:acht_neosee:20200724012347j:plain
f:id:acht_neosee:20200724012405j:plain

箱はいたってシンプルです。まぁ、かなり安価なペンなので、十分ですね。

f:id:acht_neosee:20200724012501j:plain

箱から出した状態。今回コンバーター付きを買いましたが、ナイトブルーのカートリッジインクも入っていました。ヨーロッパ規格のカートリッジです。

カートリッジ専用タイプとコンバーター付きのボールペンの違いは、ペンの全長。コンバーターが入るように、ペンが若干長いです。といっても、他のペンと比べて特別長いわけではありません。ペンとしては、いたって標準的な長さです。

 

f:id:acht_neosee:20200724012749j:plain

インクの補充方法が書かれています。万年筆と違うのは、ペン先からインクを補充するのではなく、コンバーターを一度ペンから外してインクを補充するということ。別に慣れてしまえばどうってことはありませんが、毎回外すので、コンバーターの口の劣化だけ少し気になります。

ボディがスケルトンなので、インクの残量が分かるのも魅力的です。

 

f:id:acht_neosee:20200724092248j:plain

HERBINの文字だけ赤色です。スケルトンボディのせいか、赤でもそれ程主張が大きくありません。

 

f:id:acht_neosee:20200724092400j:plain

コンバーターからインクが漏れると内部にインクが残ってしまいます。こうなると万年筆と一緒で洗浄しないと取れません。

 

f:id:acht_neosee:20200724092558j:plain

何回かインク補充しているのですが、どこかのタイミングで、ネジを強く締めすぎたせいかプラスチックのパーツにひびが入ってしまいました。

 まぁ1,500円もしないペンですし、なによりプラスチックなので、仕方ないのでしょう。取り扱いは、丁寧にしないといけません。

 

書いた感想

f:id:acht_neosee:20200724012806j:plain

結構インクが出てくるので、0.5mmでも線は太めになります。まぁ、ローマ字を書く為のペンですよね。

注意点は万年筆と同じで、毎日書かないといけません。
一日空けただけでも線が細くなって、「あれ、こんな細字だっけ?」って思ってたら急にインクがドバっと出てきて暫くインクフローが安定しなくなります。

余分な紙があるなら、日が空いた場合グルグルとインクがちゃんと出てくるまで線を書いてから書き始めるといいと思います。

 

まとめ

f:id:acht_neosee:20200724093154j:plain

僕はインクの消費の為に当時の黒インク使っていますが、やはりこういうペンの最大の魅力は、色んなインク色が使えるということ。使い切ったら、是非新しいインクを試したいと思っています。

万年筆インクを使えるペンとしては、お手軽というのも魅力です。同じコンセプトのペンとしてはカキモリローラーボールが有名ですが、こっちの方が安くて簡単に手に入ります。万年筆のインクに興味があるけど、万年筆はちょっとハードルが高いなぁって思う方には、安い万年筆よりこっちの方がお勧めです。

 

というわけで今回はこれ位で。ではまた。

LAMY studio Lx all black(ストゥディオルクスオールブラック) レビュー

ぐもにあふたいぶにーん、は→とです。

 

今日はラミーです。
何本か持っていますが、ラミーのデザイン的には一番好きかな。

 Studio(ストゥディオ)の中でも真っ黒モデル、オールブラックです。


その他のペンの紹介はこちらから。

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

商品概要

今回もまずは概要から。

f:id:acht_neosee:20200724003230j:plain

商品名:LAMY studio Lx all black(ストゥディオルクスオールブラック)
品番:L266AB
インク:油性
色:オールブラック
材質:金属
方式:回転繰り出し式
リフィル:LM16

ストゥディオの中でも、普段シルバー部分になっているクリップ、天冠、ペン先もPVDコーティングで黒にしたモデルです。
Lx(ルクス)はLuxury(ラグジュアリー)の略です。高級な感じが良いですね。
LAMY Lx(ラミールクス)という商品も有りますが、そっちは明るさを表す単位のlux(ルクス)から来ているそうです。

 

開封

f:id:acht_neosee:20200724003327j:plain

箱はいつものラミーです。全部調べたわけではありませんが、ラミーはカテゴリーごとに箱の種類がいくつかあって、ある意味統一感があって良いと思います。

 

f:id:acht_neosee:20200724003456j:plain

ささっといっちゃいましょう。箱の中から真っ黒ペンがお目見えです。

 

f:id:acht_neosee:20200724003604j:plain

いやー、カッコいいです。他にもいくつか真っ黒ペンは持っていますが、僕の所持している中では個人的に1,2を争うカッコよさだと思っています。

 

f:id:acht_neosee:20200724003638j:plain

緩やかな流線形で、LAMY 2000とはまた違った美しさがありますね。黒もマットな質感なのと、PVDコーティング部の黒は上品な艶があります。

 

f:id:acht_neosee:20200724003755j:plain

唯一ロゴだけが白色で印字されています。正直、ここも黒にして欲しかった…。
studio最大の特徴がこのプロペラのようなクリップ部。根本と先で、90度ひねるようなデザインになっています。この形状のおかげで、ツイスト自身は凄くしやすいです。ローラーボールのデザインもカッコいいと思ったのですが、ボールペンを買った理由はまさにこれ。せっかくこのクリップ形状なので、回転繰り出し式じゃないとこのクリップの良さが最大限活かせません。

 

f:id:acht_neosee:20200724003813j:plain

余計な凹凸もなく、握りやすいペン先。色も黒一色なので、ペン先の視野も良好な気がします。

 

書いた感想

f:id:acht_neosee:20200724003829j:plain

他の記事では、ペン先を出すときのツイストも滑らかで音がしないって書いてあるのを見たことがあるのですが、僕のは僅かですが金属が擦れるような音がします。個体差かな。

サイズ・重さ的には丁度いい。ただ、どうしてもラミーのインクは最初の擦れがなぁ…
ラミーはリフィルが独自規格なので、パーカーのG2規格のように他社のリフィルを入れることが出来ません。リフィルアダプターなるものが存在しますが、例えば今回のLM16のアダプターで使えるリフィルは所謂4C規格。通常使いではインク量が心許ないです。

ほんと、ラミーはデザインがいいので、リフィルをなんとかしてほしいと思います。


まとめ

f:id:acht_neosee:20200724003852j:plain

インクさえ許容できれば、どこで使っても恥じることのない(というか自慢できる)デザインに非常に満足できます。インクさえ許容できれば。

胸ポケットに入れておけば、このクリップが主張され気分が上がると思いますが、僕は傷が怖くて家でしか使っていません(笑)

 

ということで、今回はラミーのステゥディオでした。次は、どのペン紹介しようかな。

野原工芸と工房 楔のボールペン比較

どうも、は→とです。

 

皆さん木のペンって好きですか?僕は大好きで、色々持っています。
でも木軸のボールペンで(中国製を除き)簡単に買えるものはそれ程世に多くは無くて、突き詰めていくと、大体みんな行きつくところは一緒のようです。

その中で個人的に似たようなジャンルになるのは、以下の2本ではないかと思います。

 

野原工芸 の 木のボールペン・スタンダード

www.store.nohara.jp

と、工房 楔 の ルーチェペン  です。

www.setu.jp

 

どちらも日本の木工品を作っている会社で、文具の会社という訳ではありませんが人気のペンを販売しています。沢山の樹種が有り、性能も一長一短。間違いなく素晴らしいペンです。

どっち買おうかな?って考えている人もいるかもしれません。僕は思いました。そして、どちらも買っちゃいました(笑)

せっかく手元に2種類あるので、各部見比べたいと思います。購入の参考になればということで。

 

 

まずは商品紹介

■野原工芸

www.nohara.jp

f:id:acht_neosee:20200722231631j:plain

人気過ぎて現在シャープペンシルが予約しても手に入るのは半年以上です(2020年7月現在)。某人気YouTuberさんの影響かな。木のボールペンはスリム、スタンダード、ロータリーの3種類。僕は一般的なスタンダードの胡桃(クルミ)を持っています。ヨーロッパ家具四台銘木の一つなのですが、ラインナップの中では安価に手に入ります。

 

■工房 楔

www.setu.jp

f:id:acht_neosee:20200705152907j:plain

木と契りを交わすなんて、素敵な名前です。ボールペンはルーチェペン、パトリオットペン、パナッシュペンがあります。パトリオットペンの方が有名なのかな?僕のはルーチェペンのブラックウッド(グラナディア)。マメ科の木で、ローズウッドの仲間だそうです。木管楽器でよく使われる木材だとか。

 

各部比較

それでは一つ一つの項目を、比較していきます。
それぞれに名前を書いていくと長くなるので、一部

野 … 野原工芸
楔 … 工房 楔  で表記します。

f:id:acht_neosee:20200724101810j:plain

野 … 箱にまで拘りが感じられます

f:id:acht_neosee:20200724101903j:plain

楔 … 非常に高級感があります

ペンとは関係無いですが、まずは箱から。野原工芸は人工革のような表面に金色の文字。中にはウッドキューブやメンテナンス用オイルも入っています。地味に箱下側の黒い方も模様が入っていて、拘りが凄いです。

工房 楔の方は箱は紙製ですが表面に凹凸があり、何より内部のペン保護の布が、非常に高級感があります。どちらにも商品案内や取扱説明書が一杯入っていました。

 

全長

f:id:acht_neosee:20200722232811j:plain
f:id:acht_neosee:20200722232825j:plain
野 … 約13.5cm
f:id:acht_neosee:20200722233001j:plain
f:id:acht_neosee:20200722233015j:plain
楔 … 約13.6cm

ちょっとだけ工房 楔の方が長いですが、約1mmの差です。違いはほとんどありません。両者比較すると違うところの方が多いのですが、コンセプトは良く似ているのだと思います。

f:id:acht_neosee:20200722233104j:plain

並べてみたところ

 

重さ

f:id:acht_neosee:20200722233251j:plain

野 … 37g

f:id:acht_neosee:20200722233317j:plain

楔 … 28.5g

樹種によって重さも違うと思いますが、どれであっても、野原工芸の方が重いです。多分使っている金属パーツが野原工芸の方が多いのでしょう。外観的にも、木材の面積が多いのは工房 楔の方です。
どちらも重心はほぼ真ん中あたりですね。

f:id:acht_neosee:20200724101531j:plain
f:id:acht_neosee:20200724101541j:plain
重心位置

 

最大径

f:id:acht_neosee:20200722233715j:plain

野 … 約12.7mm

f:id:acht_neosee:20200722233757j:plain

楔 … 約13.7mm

工房 楔の方が太いですね。両者見た目で違うのが、一番膨らんでる部分が野原工芸はペンの中腹の部分、工房 楔はペン先寄りであることです。

 

持ち手付近の径

f:id:acht_neosee:20200722234043j:plain

野 … 約12.3mm

f:id:acht_neosee:20200722234109j:plain

楔 … 約12.8mm

変わらず工房 楔の方が太いです。ただ最大径と比べると、差は少なくなります。あと僕の持ち方だと、野原工芸は木だけでなく真鍮部分も手に掛かります。

f:id:acht_neosee:20200723002458j:plain
f:id:acht_neosee:20200723002507j:plain
野原工芸は、木と真鍮部分両方に指が掛かる

 

使用リフィル

野 … PILOT(パイロット) アクロインキ BRFN-30F

 

楔 … SCHMIDT(シュミット) easyFLOW(イージーフロー)9000 M

 

アクロインキはuniのジェットストリームインクと並んで、非常に日本語に適したインクだと思います。シュミットのイージーフローはG2規格のリフィルなので、対応商品が無数にあり、それこそジェットストリームインクに交換も出来ます。イージーフローも個人的には海外製リフィルでは一番の低粘度インクだと思っています。非常に書きやすい。
値段は野原工芸のアクロインクの方が安いことが多いです。汎用性という点では、G2規格を使っている工房 楔の方がリフィルを選べる幅が広いかな。

 

ノック音

f:id:acht_neosee:20200722235615j:plain

野 … しっかりとした音がする(カチャカチャという感じ)

f:id:acht_neosee:20200722235641j:plain

楔 … 結構大きな音がする(ガチャガチャに近い)

ノックの固さは、野原工芸の方が柔らかいです。ノック部の形状的には、工房 楔の方が頭が大きいのでノックしやすいかもしれないです。
ノックの感触は野原工芸の方が好き。

 

ペン先のブレ

野 … 全然ブレない。凄い
楔 … 角度によっては結構ブレる(書いているとカチャカチャと金属が当たる音がする)

ここは野原工芸の精度の高さに驚かされます。流石人気ペンです。工房 楔はリフィルと口金の間にわずかに隙間があります。

ただ、別に工房 楔が悪いわけではないです。隙間は本当にわずかで、セロハンテープを半周巻いただけで、気にならなくなります。1周巻くと、もう太くなりすぎてペン先が出てこない。それぐらい僅かです。

 

値段

野 … 4,950円(樹種によって、4,950~13,200円)
楔 … 6,000円(樹種によって、6,000~20,000円)

公式HPで買える範囲です。ちょっとだけ野原工芸の方が値段が安いです。

 

見た目

f:id:acht_neosee:20200722235822j:plain

野 … 木材の他、金(もしくは銀)の口金・クリップ・ノック部、真鍮(黒)のパーツが木材の両端にある

f:id:acht_neosee:20200722235853j:plain

楔 … 木材の他、シルバーの口金・クリップ・ノック部

シンプルなのは工房 楔の方です。野原工芸は金属パーツで2色使うので、木材を黒以外選ぶと、どうしてもちょっとゴチャゴチャします。口金とかの部分も黒メッキだったらいいのに。形状の好みは人それぞれですね。

 

(凄く個人的な主観が入った)書き味

野 … アクロインキと相まって、かなり滑らか
楔 … リフィルによって違うと思うが、セロハンテープで調整しないとやはりペン先のブレが気になる。調整すると、どちらも書きやすいかな。もう好みの差だと思います。

ペン先って大事ですね。これだけで、書いてて随分集中力が違います。どちらも太軸の部類に入ると思いますが、総じて持ちやすいです。

 

木の手触り

f:id:acht_neosee:20200722235242j:plain

野 … 始めから光沢がある。すでにオイルが塗ってあるのかな

f:id:acht_neosee:20200722235315j:plain

楔 … 凄く滑らか。目が細かく、マットな光沢がある

野原工芸の方は、ウッドキューブとも表面の感じが違うので、オイルによる膜がある感じです。自然な感じが好きな人は、少し気になるかな…?持っている樹種によって違うとは思いますが、工房 楔のこのブラックウッドの手触りは本当に最高ですね。ずっと触っていたくなります。サラサラというより、すべすべです。どちらも長く使っていたら、また変わってくるとは思います。

 

木の加工精度

f:id:acht_neosee:20200722234727j:plain

野 … 木と金属の隙間・段差はほぼ無し

f:id:acht_neosee:20200722234754j:plain

楔 … 木が真円ではないようで、口金と結構な段差がある箇所がある

写真で分かるかな。拡大すると、工房 楔には一部段差があることが分かります。ここら辺の技術の高さは、野原工芸の方が良いみたいですね。

 

まとめ

f:id:acht_neosee:20200723002613j:plain

どうでしょうか?勿論ペンの個体差もあるでしょうし、繰り返しになりますが樹種によっても違いが有りますので、ここで述べた以外の結果になる項目もあるかもしれません。あんまり比較をする人はいないかと思いますが、もしどっちも気になっている人がいて、参考になったら、幸いです。

本当は野原工芸で一番欲しかったのは木のボールペン・ロータリーのマーブルウッドだったのですが、今は実店舗でしか買えないみたいなので、長野に旅行に行くことが有れば是非買ってまた紹介したいと思います。

 

ではまた。