カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

iPad mini 6購入しました。アクセサリーが欲しい

どうも、は→とです。

 

iPad mini 6、届きました!

5はスルーしたので、何年ぶりだろう、久しぶりのminiの購入です。

 

f:id:acht_neosee:20210924221704j:plain

もうすでに色んな所でレビュー有りますが、mini 4との比較はこんな感じです。あまり4と比較する意味は有りませんが…

 

f:id:acht_neosee:20210924221723j:plain

横はほとんど変わりませんが、エッジが違うので、mini 6の方が大きく見えます。

 

f:id:acht_neosee:20210924221726j:plain

縦の差はこれ位。

 

f:id:acht_neosee:20210924221729j:plain

mini 4からそのままMOFTを張り替えましたが、問題発生です。こんな感じで、随分右下に寄せて貼っています。

 

f:id:acht_neosee:20210924221732j:plain

こんな感じで、寄せて貼らないとライトとマイクが被っちゃうんですよね…

まぁ、展開時に被らなければOKということなら、ギリギリまで下に寄せれば中央に貼ることも可能です。

 

新しいMOFTが出ることを願うのみです。

 

f:id:acht_neosee:20210924221736j:plain

今まで使っていたスリーブケースですが、Apple Pencil2をつけた状態でもギリギリ収まりました。

 

f:id:acht_neosee:20210924221739j:plain

ただ縦が短くなったため、こんな感じで、上部にだいぶ隙間が出来てしまいます。

 

 

まだmini 6は本日皆さんの手に届いたばかりなので、アクセサリーが充実していません。

早く対応商品が沢山出てくれればと思います。

 

 

今日は開けたばっかりなので、これ位で。

少しだけ触りましたが、4からは劇的に進化しているので、これから使っていくのが楽しみです!

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50x レビュー

どうも、は→とです。

 

最近ヘッドホン購入しましたので、久々のレビュー記事です。

 

 

買った商品と、買った理由

 

今回紹介するのは、これ

オーディオテクニカのヘッドホンです。

 

以前、同じオーディオテクニカでノイキャン付きワイヤレスイヤホンの紹介しました。

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

イヤホン持ってるのに、何でヘッドホン?

確かに絶対に必要なものかと言えばそんなことはなく、贅沢品ではあるんですけど、色々検討した結果、今回の購入に至りました。

 

複数のBluetooth接続が面倒

僕の使い方のせいかもしれないのですが、ATH-CKR70TWのBluetooth接続、iPhoneMacそれぞれ登録していると、接続したい方にうまく繋がってくれなくなることがありまして…。

反対の機器に繋がると、わざわざそっち解除してBluetoothの画面にて設定して…とかなり面倒なので、基本Mac専用で使う機器が欲しいなと思いました。

あとついでにオーディオテクニカの対応アプリ、購入当時は使えていたのですが、アプリのバージョンアップしたら、全く使えなくなってしまいました。再インストールしてもイヤホンの初期化しても、iPhoneの再起動しても、オーディオテクニカに問い合わせしても何しても上手くいかないので、設定とかも変更できなくて、イヤホンはiPhone専用で使うことにしました(イコライザが弄れないのが少し残念ですが、それ以外は全く問題なし)。

f:id:acht_neosee:20210915093229j:plain

上の画面のように、接続と機器認識はするのですが、「開始する」というボタンがグレーアウトしてそこから先に進めない。

 

せっかくなので少しでもいい音質で音楽聴きたい

イヤホンも気に入っているのですが、やはりドライバサイズの関係等、ヘッドホンの方が音質は有利です。家で使うことを想定して購入したのでノイキャンも要りませんし、使い勝手の良さそうなの、星評価の高そうなの、見た目カッコ良さそうなの、でいくつか候補絞って決めました。

 

有線も確保したかった

Bluetooth接続も便利なのですが、上記のように接続先が複数あると切り替えが面倒だったりします。基本Mac専用機のつもりなのでワイヤレスヘッドホンも考えたのですが、Mac以外の機器に接続するケースも無くはないかなという事と、DACやポタアンという、未知の沼への対応も考えると、有線が有利と考えました(笑)

 

開封

それでは早速、開封していきます。

f:id:acht_neosee:20210915014452j:plain

箱。結構大きくてビックリしました。そういや本格的なヘッドホン購入したの初めてです。

f:id:acht_neosee:20210915014501j:plain

説明書等と本体。コードは箱の下に入っていました。

f:id:acht_neosee:20210915014510j:plain

コードは3種類。1.2mのストレートとカールコード、3mストレートコードです。カールコードと3mのコードは、φ6.3のプラグアダプタ対応です。

写真には写っていませんが、ポーチも付いています。

 

使用感について

f:id:acht_neosee:20210915014521j:plain

暫くは、慣らしが必要なんでしょうか。初めて聞いた印象は、「ちょっと音がシャリシャリするなぁ」でした。イヤホンより、特別音がいいなぁとは感じませんでした。

が、何日か使っていると、それほどシャリシャリ感が目立たなくなってきた。耳が慣れたわけではなくて、本当に目立たなくなってきたと思います。

f:id:acht_neosee:20210915014533j:plain

分類では、密閉ダイナミック型というそうですが、(室内で使っているので余計にですが)周囲の音も気にならないです。

もっと長く使って、音質の変化も確かめたいと思います。

 

残念なとこ

f:id:acht_neosee:20210915014543j:plain

HPの写真ではあまり気付いていなかったのですが、思ったよりメーカー名がデカデカと(笑)

無しにするか、もっとさりげない方が良かったです。

f:id:acht_neosee:20210915014557j:plain

僕は頭が大きいので、完全に縮んだ状態では装着できず、ヘッドバンドを伸ばさなければいけないのですが、伸ばしたステンレス部がちょっと味気ないかな…

あと、密閉がしっかりしているので、この時期長時間使用していると結構蒸れます。イヤーパッドの質が良いという裏返しなのかもしれませんが。

 

まとめ

f:id:acht_neosee:20210915014606j:plain

デザインが良く、買って正解だと思ってます。家の中でのMacの作業が、更に快適になりました。これからどんどん沼にハマっていかないように、気をつけねば(笑)

MacBook Airを愛でよう

どうも、は→とです。

 

昨年末にMacが届いてから、楽しくいじり倒しています。Windowsも手放していないので現在2台持ち体制なのですが、すっかりMacメインですね。

 

使っていて楽しいというのも勿論ですが、MacBookが好きになった理由がもう一つ。

 

 

美しい。

 

 

シンプルに、これに限ります。Macの製品は美しいんです。自分は信者では無いと思っていたのですが、多分、側から見たら入信しているレベルなんでしょう。

 

なんせ、仕事でiPhoneiPad与えられていて、プライベートでiPhoneiPad miniApple WatchMacBook Air持っていますからね。Apple製品6台持ちです。

f:id:acht_neosee:20210819152841j:plain

 

iPadとかは古いタイプなんで、同時充電しようとするとLightningケーブル4本要ります。

いい加減、全部USB-Cにしましょうよ。

 

 

 

話が逸れました。MacBook Airが美しいという話です。

よくあるスタイリッシュなノートPCが出てきたら「MacBookのパクリだ」と言われるくらいには、デザインが先駆けで、完成されていているんでしょう。

 

そうなってくると、思いますよね。

 

僕、写真も趣味なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MacBook、いいモデルさんだなぁ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、そんな話です。

 

 

      

 

 

 

箸休め

 

ただただ、MacBook Airを撮ります

 

またコロナがひどくなってきたので、暫く写真を撮りに出かけられていません。

今年に入ってから遊びに行ったストックも尽きたので、家でできる事ないかなぁって思いまして…。

 

完全に自己満足です。

その行為に「うわっ、気持ち悪い」と思われる方、そういう人は、このままそっとページを閉じてください

別にグロとかは一切ありませんが、画面をスクロールしてもただひたすらMacBook Airの写真が出てくるだけです。

 

 

 

 

 忠告はしましたので、それではいきます。




 

閉じた状態

 

f:id:acht_neosee:20210819153249j:plain

f:id:acht_neosee:20210819153319j:plain

まずはシンプルに、閉じた状態で。

 

ただのりんごマーク付いた板なのに、なんでこんなに美しいんでしょう。

 

f:id:acht_neosee:20210819153346j:plain

f:id:acht_neosee:20210819153350j:plain

上から。この極限のシンプルさが、美しさの理由なんでしょうね。

なんか次期モデルはiPadのように直線的なデザインになるって噂もありますが、個人的にはこの絶妙なカーブが付いた感じが好きです。

 

f:id:acht_neosee:20210819153419j:plain

ロゴのアップ

 

f:id:acht_neosee:20210819153438j:plain

f:id:acht_neosee:20210819153441j:plain

コネクト部。こんなところまで、めちゃくちゃシンプルです。

初めはポートが少ないなぁって思ってましたが、今はSDカードの読み取り時に困るだけで、気にならなくなりました。iPhoneもバックアップとかはケーブル繋ぐけど、ただ写真とかを送るだけならAirDropで十分ですしね。

しいて言えば、USB-Cポートが右側にも欲しかったな。

 

f:id:acht_neosee:20210819153624j:plain

撮影していた時に気づいたのですが、MacBook Airの大体短辺がiPad miniの長辺で、iPad miniの大体短辺がiPhone Xs Maxの長辺サイズでした。

 

余談です。

 

 

 

普段使っている風

 

f:id:acht_neosee:20210819153721j:plain

単身赴任先では、ここが定位置になっています。

 

f:id:acht_neosee:20210819153745j:plain

こんな感じで、使っていますね。

 

f:id:acht_neosee:20210819153811j:plain

実家での定位置はこんな感じです。

 

f:id:acht_neosee:20210819153836j:plain

単体だけで使う時は、こんな感じですが

 

f:id:acht_neosee:20210819153854j:plain

家では、モニタ使ってますのでMac見えないです(笑)

 

 

 

外で撮影

 

f:id:acht_neosee:20210819153926j:plain

これは、何をしているところでしょうか?

 

僕は、Windowsユーザーだった頃から一つ大きな偏見があり、それが、

「スタバでPC使っている人は、大体Macです。

 

日本でMacユーザーはたしか全体の1割位(それ以下?)のはずです。なのに、スタバではやたらとMacを見かける気がしていました。

 

はい、完全な偏見です。

 

f:id:acht_neosee:20210819154046j:plain

ですが、僕はそう思っているので、実行してみる事にしました(結構前ですが)。

特に、「窓側に座って、外の人からはりんごマークが見える」というやつを行いました。

 

ちなみに朝10時位の田舎のスタバなので、それほど人は多くなく。

全ての席をまじまじと見るわけにはいかないのでパッと見ですが、僕が席に座る前にPC使っていた人は二人でした。

一人はDELL(画面下の文字が見えた)、もう一人はMacBook。僕も含めると、Mac率67%です。因みに帰る頃には、DELLの人が居なくなって、新しくMacBookの人が増えてました。

はい、100%です。母数は少ないですが圧倒的にMacですね。

 

 

流石に恥ずかしいのと、画面が反射して自分が映るので、そっと数枚撮っただけ。

それでも気づいた人がいたとしたら、「あいつ何してるんだろう…」と相当不審がったでしょう。

 

 

まとめ

 

f:id:acht_neosee:20210819154218j:plain

こんなしょーもない記事を最後まで見てくれた方、ありがとうございます。

早く撮影に出かけられたらいいなと思うのですが、無理せず焦らず。

 

また、溜まってるペンの紹介でもしようかな。

 

今回はこれくらいで。

ではまた。

X100Vを自分の使いやすいようにカスタマイズしよう!③カスタム登録の紹介

どうも、は→とです。

 

昨晩のX-T30IIの発表、やはりマイナーアップデートでしたね。気になるファインダーは今回も変わらず…

やはり今回もパスです。

 

今日の本題はこっちです。

以前のX100Vのカスタマイズ紹介から、ずいぶん期間が開いてしまいました。

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

今でも手軽に持ち出せるということでX100Vは大体バッグに入ってます。スナップに最適で、非常におしゃれなカメラですね。 カメラがカッコいいと、自然と写真を撮るようになります。

 

さて、①の時に「またカスタム登録の記事を別で書きたい」と書いていましたが、ようやく書くことが出来ました。

やっとまとめる事が出来たよ。 

 

f:id:acht_neosee:20210813132957j:plain

X100Vでは、自分で設定した項目を、全部で7つ登録することが出来ます。

富士フイルムは「撮って出し」を信条にしている位、普通に撮っても「絵」になるように作られています。ただ、人それぞれ好みが違いますよね。
コロナもあるので、なかなか写真を撮りに出かけられていませんでしたが、それでも少しずつ撮影・カメラ内現像を繰り返して、やっとある程度自分の中での設定が出来てきました。

自分の好きな設定が決まっていると、あらかじめ登録しておけば必要な時に素早く呼び出せるので、写真の仕上がりに統一感も出せます。まだまだこれからも設定を変える可能性はありますが、ひとまず、今現在の設定を紹介したいと思います。

 

                            

 

各設定一覧

細かく見ていく前に、まずは設定の一覧を紹介したいと思います。一つ一つの紹介の時にもまた表を出しますので、飛ばしてもらっても構いません。

各項目の略称は以下の通りです。

FS:フィルムシミュレーション

GE:グレイン・エフェクト

CCR:カラークローム・エフェクト

CCB:カラークローム ブルー

WB:ホワイトバランス

WBS:ホワイトバランスシフト

DR:ダイナミックレンジ

NR:ノイズリダクション

 

Reset  

PalePortrait

Morning  

Daylight

Twilight 

NegaFilm

MonochromeFilm

FM

PROVIA

PRO Neg.Std

PRO Neg.Hi

ETERNA

ASTIA

クラシックネガ

ACROS

GE

OFF

OFF

OFF

OFF

OFF

OFF

STORONG SMOLL

CCR

OFF

CCB

WB

AUTO

AUTO

AUTO

AUTO

AUTO

AUTO

AUTO

WBS

R:0 B:0

R:1 B:0

R:0 B:3

R:-4 B:5

R:2 B:1

R:1 B:1

R:0 B:0

DR

AUTO

AUTO

400

AUTO

400

400

AUTO

トーンカーブ

H:0 S:0

H:+2 S:-1

H:+3 S:-1

H:-1 S:-1

H:-2 S:0

H:-2 S:-1

H:+1 S:+1

カラー

0

+1

-3

-2

+2

-2

-

シャープネス

0

-1

+2

-1

0

+1

+2

NR

0

+3

0

0

+1

-1

-4

明瞭度

0

-3

-2

-1

+2

-1

+3

他にもカスタム登録では

モノクローム カラー(モノクロ、アクロス設定時)
Dレンジ優先

が設定を弄れますが、今回は弄らなかったので省略しています。ホワイトバランスも全てオートにしていますので省略しようか迷ったのですが、富士フイルムのカメラはホワイトバランスを選んで、そこからホワイトバランスシフトの設定にいけるので、一応全て乗せています。

ホワイトバランスは、カスタム設定を元に、ケースに応じて変更したりする感じです。

一番上は、カスタム登録名です。どういうイメージの設定か、名前を付けておけばカスタム選択する時に分かりやすいので、是非付けた方が良いと思います。

 

ちなみに、各設定で撮影した写真は、以下になります。

カスタム2(PalePortrait)とカスタム4(Daylight)のみ、露出を2/3段あげています。

 

f:id:acht_neosee:20210804175118j:plain
f:id:acht_neosee:20210804175122j:plain
左:完全初期設定 右:カスタム1(Reset)
f:id:acht_neosee:20210804175126j:plain
f:id:acht_neosee:20210804175129j:plain
左:カスタム2(PalePortrait) 右:カスタム3(Morning)
f:id:acht_neosee:20210804175132j:plain
f:id:acht_neosee:20210804175136j:plain
左:カスタム4(Daylight) 右:カスタム5(Twilight)
f:id:acht_neosee:20210804175140j:plain
f:id:acht_neosee:20210804175144j:plain
左:カスタム6(NegaFilm) 右:カスタム7(MonochromeFilm)

画像小さいのでいくつか違いが分からない設定もあると思いますが、結構違う設定も、分かってもらえるかな…。

それではこれから、一つ一つ紹介していきたいと思います。

カスタム1:Reset

一つ目は、Resetと名付けました。

カスタム設定はとても便利なのですが、一杯弄っちゃうと、設定を元に戻すのが大変です。そこで一つ、ニュートラルな状態の設定を一つ割り当てておくと素早く元に戻せますので、オススメです。

とはいえ僕は、初期設定でもカラークローム・エフェクトとカラークローム ブルーは常に弱で設定しています。再度載せると、以下がその設定です。

フィルムシミュレーション

PROVIA

グレイン・エフェクト

OFF

カラークローム・エフェクト

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

R:0 B:0

ダイナミックレンジ

AUTO

トーンカーブ

H:0 S:0

カラー

0

シャープネス

0

ノイズリダクション

0

明瞭度

0

最初の写真でいくと、完全な初期設定と比べると青が少し濃くなって、木々のシャドーが少し上がります。場合いよってはカラークロームブルーはオフにしても良いと思いますが、ほぼ初期設定ゆえに、なんでも撮れる設定です。

一応こんな感じの写真になります。

f:id:acht_neosee:20210813122849j:plain

f:id:acht_neosee:20210813122907j:plain

PROVIAなので、どうやって撮ろうかなと迷った時は、これで撮ります。

f:id:acht_neosee:20210813122909j:plain

色を変に弄らないので、たくさんの色がある被写体の時は、この設定が一番ですね。

 

カスタム2:PalePortrait

二つ目は、PalePortraitと名付けました。名前通り、ポートレートで淡い感じを出して撮影したい時に設定しています。

設定内容はこんな感じ。 

フィルムシミュレーション

PRO Neg.Std

グレイン・エフェクト

OFF

カラークローム・エフェクト

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

R:1 B:0

ダイナミックレンジ

AUTO

トーンカーブ

H:+2 S:-1

カラー

+1

シャープネス

-1

ノイズリダクション

+3

明瞭度

-3

実際の写真で拡大するとよく分かるのですが、明瞭度-3が結構効いてます。あとは、少しオーバー表現の為にシフトでR+1とし赤味を足しています。また、少し露出補正を上げて撮ることを前提に設定をしています。

実際にこの設定で撮ったのがこんな感じです。

f:id:acht_neosee:20210804180808j:plain

本当は子供とかを撮る用の設定なんですが、ちょっとプライベート過ぎるので代わりに花の写真でも。

 

f:id:acht_neosee:20210804180812j:plain

ふんわりした感じはいいのですが色は抑えめなので、食べ物とかはこの設定のままフィルムシミュレーションのみPROVIAとかASTIAの方が良いかもしれません。

 

f:id:acht_neosee:20210804180815j:plain

 

カスタム3:Morning

朝に撮る、というわけではありませんが、朝の爽やかさやシャキッとした感じを出しつつ、明瞭度を少し下げて柔らかな感じも少し加えたイメージで設定しています。クセがない無難な設定なので、案外、色んなシーンで使えます。

フィルムシミュレーション

PRO Neg.Hi

グレイン・エフェクト

OFF

カラークローム・エフェクト

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

R:0 B:3

ダイナミックレンジ

400

トーンカーブ

H:+3 S:-1

カラー

-3

シャープネス

+2

ノイズリダクション

0

明瞭度

-2

白飛びギリギリを攻めるため、ダイナミックレンジは400%にしつつでもハイライトは+3に。ホワイトバランスシフトの青みの+3が被写体によっては邪魔しますが、もともと青味や紫味がある写真が好きなので、個人的にはそれほど気にならないことが多いです。

作例はこんな感じです。

f:id:acht_neosee:20210804181411j:plain

空の色合いが、個人的に好きです。

f:id:acht_neosee:20210804181414j:plain

f:id:acht_neosee:20210804181421j:plain

PRO Neg.Hiの影響か、シャドーを-1にしてもまぁまぁシャドーが締まります。

 

カスタム4:Daylight

僕は色が薄めな写真が好きなのですが、これは特にそれに特化したカスタムです。光が沢山入ってくるイメージと、フィルム写真の時代知らないのですが、昔の写真をイメージしています。まだ、思った通りの写真にならないことも多く、完全な設定ではないかな…

一応現在は、こんな感じになっています。

フィルムシミュレーション

ETERNA

グレイン・エフェクト

OFF

カラークローム・エフェクト

OFF

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

R:-4 B:5

ダイナミックレンジ

AUTO

トーンカーブ

H:-1 S:-1

カラー

-2

シャープネス

-1

ノイズリダクション

0

明瞭度

-1

ポイントは、これもカスタム2と同じように露出を少しオーバー気味に撮ることを想定していることと、結構青緑色に寄るようにしています。グレイン・エフェクトとも相性良さそうなんですが、普段はOFFにしています。

f:id:acht_neosee:20210804182123j:plain

f:id:acht_neosee:20210804182126j:plain

晴れの日の撮影に向いているかな。

f:id:acht_neosee:20210804182129j:plain

この写真は特に設定が上手くいったなと思っています。

f:id:acht_neosee:20210804182133j:plain

f:id:acht_neosee:20210804182137j:plain

 

 

カスタム5:Twilight

カスタム3、4に合わせこのカスタム5も時間帯の名前を付けました。(Daylightは昼間より日光の意味の方が強いですが…)

テーマ的には時間の変化の設定で統一感があるので、選ぶ時も自然な感じで選択しやすいです。

Twilightの設定はこんな感じで、名前通り、夕暮れの時間帯をイメージしています。

フィルムシミュレーション

ASTIA

グレイン・エフェクト

OFF

カラークローム・エフェクト

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

R:2 B:1

ダイナミックレンジ

400

トーンカーブ

H:-2 S:0

カラー

+2

シャープネス

0

ノイズリダクション

+1

明瞭度

+2

夕日を強調させるように赤紫を少し足し、色飛びを抑えるためにダイナミックレンジ400%固定にしています。あとは、雰囲気でホワイトバランスを変化させる感じです。

f:id:acht_neosee:20210804182732j:plain

完全に夕日にならないと、結構オーバー表現な感じになります。使い所が難しい設定です。

f:id:acht_neosee:20210812223031j:plain

 

ちなみにX-T3で、似たようなカスタム設定で撮った写真比較ですが、DaylightとTwilightでこれ位違います。(X-T3は明瞭度やカラークローム ブルーが使えないので、厳密には表現がちょっと違います)

f:id:acht_neosee:20210812223221j:plain
f:id:acht_neosee:20210812223218j:plain

 

カスタム6:NegaFilm

比較的最近出来たフィルムシミュレーションであるクラシックネガですが、これを選ぶだけでもかなり写真のイメージがガラリと変わります。ただ、かなり癖の強いフィルムシミュレーションなので、まだ上手く使いこなせていません。そこで、自分の中で、もう少し使いやすくすることを目的に作りました。

設定は以下になります。

フィルムシミュレーション

クラシックネガ

グレイン・エフェクト

OFF

カラークローム・エフェクト

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

R:1 B:1

ダイナミックレンジ

400

トーンカーブ

H:-2 S:-1

カラー

-2

シャープネス

+1

ノイズリダクション

-1

明瞭度

-1

通常の露出補正だと、やたらと空が白飛び寸前までハイライトになるイメージだったので、ダイナミックレンジ400%とハイライト-2の合わせ技で、情報を残すようにしています。緑色が少し苦手な色になるので、気休め程度にカラーを-2にして、その分ホワイトバランスシフトの方で、(好みの色が紫なので)RとBをそれぞれ1だけ色を足しました。

あと、これは露出を少し下げて撮ることも多いです。

癖の強さはまだまだ強いので、被写体は選ぶ感じですかね。初めはクラシッククロームで一つカスタム設定を作ろうか迷ったのですが、今はこれで落ち着いてます。

f:id:acht_neosee:20210804183029j:plain

f:id:acht_neosee:20210804183033j:plain

やっぱりオーバー目な表現になりますね。

f:id:acht_neosee:20210804183036j:plain

室内では、屋外ほどのクセの強さが無くなるみたいで、少し使いやすくなります。

 

カスタム7:MonochromeFilm

最後の設定です。一つくらいはモノクロで設定作りたいなと思って作ったカスタムです。

テーマとしては、ちょっと大袈裟なモノクロ写真。設定は以下になります。

フィルムシミュレーション

ACROS

グレイン・エフェクト

STORONG SMOLL

カラークローム・エフェクト

カラークローム ブルー

ホワイトバランス

AUTO

ホワイトバランスシフト

-

ダイナミックレンジ

AUTO

トーンカーブ

H:+1 S:+1

カラー

-

シャープネス

+2

ノイズリダクション

-4

明瞭度

+3

階調が豊かなアクロスをベースに、よりコントラストを強め、よりザラっとした感じを出したくて設定しました。

たまにモノクロで撮りたくなる時に、使います。 

f:id:acht_neosee:20210804183227j:plain

f:id:acht_neosee:20210804183231j:plain

白黒は難しいです。もっと上手くなりたい。

f:id:acht_neosee:20210804183234j:plain

f:id:acht_neosee:20210804183238j:plain

ブログ用に写真を縮小すると、グレイン・エフェクトがあんまり分からないですね。

 

まとめ

色合いの好みも変わるので、これからも設定が変わっていくこともあるかとは思いますが、現在はこれで落ち着いています。

皆さんの設定の参考になれば幸いです。

 

今回はこれ位で。

ではまた。


 

新型コロナウイルスについて、データをもとに検証してみる

どうも、は→とです。

 

新型コロナウイルス、増えていますね。

緊急事態宣言地域も多くなっていますが、どうなるんだろう。

 

 

今やネットで検索しても、真偽の程が分からない情報が沢山出てきます。

本当に、何が正解かわかりません。

 

 

報道を鵜呑みにせず、正しく理解するにはどうすればいいかなと思って、

とりあえずデータのみを信じて、コロナの状況を自分なりに整理できればいいかなと考え、今回記事にする事にしました。

 

なので皆様も、「あくまで一つの情報」として、見ていただければと思います。

 

    

 

世界と日本の感染者についての比較

 

日本もどんどん感染者数が増えているという事で報道は政府を批判していますが、

データとしてはどんな感じなのでしょうか?

 

感染者

2021年8月29日12時現在、日本の総感染者数は1,439,651人(Smart News参照)。

総務省の資料によると2021年4月1日の段階で日本の人口は125,410,000人なので、人口の約1.15%が感染した計算になります。今月になって、1%を超えましたね。

 

世界は総感染者数は215,926,290人です(Smart News参照)。

国際連合人口基金が2021年4月14日に発表した世界人口白書2021年の資料によると、世界人口は約7,875,000,000人らしいので、割合でいうと2.74%。これだけで言えば、日本は人口に対する感染率はいかに少ないかが分かりますね。

 

国としての人口密度は、ネット情報なのと2013年のデータなので少し変わっているとは思いますが、209カ国中、日本は28位。

都市で言えば東京は2019年のデータで世界4位ですから、人口密度の比較的高い国であるというのは間違いありません。ちなみに、1〜3位は全部中国の都市みたいです。

 

この数字だけで判断すれば、現在急激に感染者数が増えているとは言え、世界的には感染者数がまだ少ない国であると言えます。

まだ、という注釈付きですが。

 

政府の対応はマスク配ったりGo Toしたりオリンピックしたりポンコツ対応が目立ちますが、

自治体レベルではちゃんと仕事しているところも一杯あるし、日本医師会や医療従事者の方々がめちゃくちゃ頑張ってくれてますし、国民の意識が高い人も一定数はいて、マスコミも必要以上に不安を煽る行為は、ある意味抑止力としては効果があると個人的には思います。

 

死亡者

さて、死亡者数はどうでしょう

 

死亡者数は同じく2021年8月29日12時現在日本では15,908人、世界は4,493,941人だそうです。

感染者に対する比率では日本は約1.10%世界では2.08%になるので、世界と比べて感染してから死亡してしまう比率は、感染者数と同じく日本は少ないことが分かりますね。

ちなみに、世界全体で亡くなられた449万人というのは神奈川県民の半分弱、大阪府民の半分強、もしくは福岡県民の9割近くと同じ数字になります。四国4県の人口足しても、400万人に届かないです。

身近なものに置き換えると、ゾッとします。

 

 

同じ数字を、別の見方で考えてみる

 

次に、「世界に対する日本」という形で見たら、どうでしょうか?

人類の 約1.59% は日本人です。

世界の感染者数の 約0.67% は日本人です。

世界の死亡者数の 約0.35% は日本人です。

こっちの方が分かりやすいかな。

 

対策や国民の意識で感染者比率は世界よりぐっと少なくなり、医療体制により、死亡者数はさらに下がってます。

 

ワクチン接種が進んでいてマスクなしで日常生活に戻りつつあると報道されているアメリカの方が、感染者率も死亡者率もはるかに上です。

 

 

まとめ

 

もっとコロナ対策に優秀な国もありますので現状で甘んじるわけにはいきませんが、数字だけ見ると、(ある程度検査数が追いついてなくて隠れ陽性者がいるという事実があったとしても)日本のコロナ対策は、そこまで非難されるほど悪いのではないかなと思います。

政府はポンコツだけどね。

鍾乳洞に行ってきました

どうも、は→とです。

 

都会はコロナが怖いので、遊びに行けてた時も、相変わらず郊外へのお出かけ止まりです。

暑いので、涼しい所に行きたいなぁという事で、奈良県天川村にある鍾乳洞に行ってきました。



天川村には、鍾乳洞が2つあります。

www.vill.tenkawa.nara.jp

今回僕が行ったのは面不動鍾乳洞。

思い立ったのが昼前だったので、帰りの時間を考えると、五代松鍾乳洞までは時間が取れませんでした。

 

      

 

天川村

今回の目的は鍾乳洞でしたが、世界遺産大峰山脈や、HPでも「天のくに 木のくに 川のくに」とアピールするほど、自然に溢れています。

山以外にも寺社仏閣、渓谷・滝、温泉街など色々見所は沢山ありますし、キャンプ、宿泊も出来て十分楽しめるのではないかと思います。

 

本当はその辺りの写真も紹介したかったのですが、今回はパスで。

「天気が良かったから」という理由で鍾乳洞に行ったのですが、近づくにつれとんでもないゲリラ豪雨 に見舞われ、写真を撮る余裕が無かったです。

 

「山の天気は変わりやすい」ということを、身を持って経験しました。

 

モノレール乗り場

あくまでゲリラ豪雨なので、20〜30分ほど車の中で待っていると、小雨になってきました。

f:id:acht_neosee:20210812145720j:plain

雨が弱まってきたということで、いよいよ鍾乳洞です。

 

f:id:acht_neosee:20210812145724j:plain

面不動鍾乳洞は山の上にあり、手前にあるモノレールを使い上に登れます。一応徒歩で上り降り出来るルートもありますが、まだ小雨だったので大人しくモノレールを待ちました。

f:id:acht_neosee:20210812145727j:plain

距離自体は短いのですが、モノレールがめちゃくちゃ急勾配ゆえ超スロースピードな上に単線で1台の為、場合によっては行列待ちが出来てしまいます。僕は2台待って、乗ることが出来ました。

 

f:id:acht_neosee:20210812145731j:plain

モノレールで上がったところ。中々の景色です。

f:id:acht_neosee:20210812145734j:plain

上がったところでモノレールの乗車料金と鍾乳洞の入場料金を支払い、いざ鍾乳洞へ。モノレールは片道・往復料金を選べます。

そこから鍾乳洞入り口へは、こんな感じでまだ少し登ります。

 

面不動鍾乳洞

f:id:acht_neosee:20210812145738j:plain

入り口です。入った瞬間ヒンヤリとします。夏でも長袖は持って行った方がいいですね。

 

f:id:acht_neosee:20210812145742j:plain

中は結構アップダウンがありますし、天井が低いところもあります。

見所は沢山ありますが、比較的コンパクトですね。

 

f:id:acht_neosee:20210812145745j:plain

 

f:id:acht_neosee:20210812145749j:plain

f:id:acht_neosee:20210812145752j:plain

f:id:acht_neosee:20210812145756j:plain

色んな色のライトアップで彩られており、綺麗です。

 

f:id:acht_neosee:20210812145800j:plain

f:id:acht_neosee:20210812145803j:plain

中に入っていたのは、10分〜15分位だったかな。所要時間はそれほど掛かりません。

 

帰ります

f:id:acht_neosee:20210812145807j:plain

f:id:acht_neosee:20210812145810j:plain

モノレールで上がったあたりから完全に雨が止んだ為、ほんの少しだけ周囲を散策。

雨が降っていたので、ちょっと水量増えてます。

家からここまで大体2時間位掛かるのですが、もう夕方だったので五代松鍾乳洞には行かず帰ることにしました。

いつになるかは分からないけど今度は朝から行って、もう少し周囲も満喫したいと思います。

 

今回はこれ位で。

ではまた。

香川県に行ってきました

どうも、は→とです。

 

以前紹介した瀬戸大橋ですが、折角近いんですから、渡りたいなということで、渡ってきました。

 

ただ渡るだけでは勿体ないです。四国に遊びに行きましょう。目的地は、香川県にある栗林公園。以前の記事に書いた、似たようなのです。

日本三名園ではありませんが、それに負けるとも劣らない名園です。

 

今回も軽装で行きたかった為、カメラはSONYのRX100M6にて。

それでは早速、紹介したいと思います。

 

        

 

与島 

f:id:acht_neosee:20210801020014j:plain

瀬戸大橋の途中には、サービスエリアがあります。寄り道して、写真を撮りました。

 

f:id:acht_neosee:20210802013431j:plain

こんな感じで、橋から島へ下りてきます。

 

f:id:acht_neosee:20210801020017j:plain

奥に見えるのが香川県です。前回の記事もそうでしたが、カメラ1台で広角〜望遠までカバーできるのは、本当に良いところ。最新機種ではありませんが、おすすめのカメラです。

 

f:id:acht_neosee:20210802013536j:plain

長居するわけにもいきませんので、早々に再出発です。

 

栗林公園

f:id:acht_neosee:20210801020021j:plain

香川に入ってボチボチ走ると、到着です。思ったより街中に有ります。

 

f:id:acht_neosee:20210801020026j:plain

特別名勝ってのに指定されています。さっきの写真の案内図で何となく分かるかもしれませんが、結構デカイです。

 

f:id:acht_neosee:20210801020029j:plain

入ってすぐの商工奨励館。

あ、因みにコロナ対策で、散策ルートが指定されていました。とはいえきちんと全部回れるルートなので、コロナ関係なく従った方が効率良く歩きやすいと思いました。人が少なく庭園の面積も大きかったので、そもそも人とすれ違わなかったけど(笑)

 

f:id:acht_neosee:20210801020033j:plain

蓮の葉が尋常じゃ無く埋め尽くされていました。水面見えないし。葉のデカさも半端じゃ無い。

 

f:id:acht_neosee:20210801020036j:plain

ちゃんと綺麗な場所も有りました。

 

f:id:acht_neosee:20210801020039j:plain

f:id:acht_neosee:20210802013643j:plain

 

f:id:acht_neosee:20210801020043j:plain

ちっちゃいですけど滝も有ります。

栗林公園は大きいので非常にバリエーションに富んだ庭園になっていて、様々な景色を楽しむことができます。

 

f:id:acht_neosee:20210801020046j:plain

桶樋滝という名前だそうです。

 

f:id:acht_neosee:20210801020050j:plain

 

f:id:acht_neosee:20210801020053j:plain

こういうS字カーブは被写体として撮りやすい。

 

f:id:acht_neosee:20210801020056j:plain

掬月亭(きくげつてい)。大茶屋と呼ばれていたそうです。

四方正面と言われる位、どのアングルからでも映える建物です。

 

f:id:acht_neosee:20210801020100j:plain

こういうS字(以下略)

 

f:id:acht_neosee:20210801020103j:plain

f:id:acht_neosee:20210801020106j:plain

 

f:id:acht_neosee:20210801020110j:plain

f:id:acht_neosee:20210801020113j:plain

ここが栗林公園で一番の絶景(撮影スポット)かな。飛来峰からの景色です。プライバシーあるので写真撮ってませんが、和装した新婚さんがカメラマンさんに指示されて色んなポーズしていました(笑)

 

f:id:acht_neosee:20210801020117j:plain

船頭さんもいました。

 

f:id:acht_neosee:20210801020121j:plain

掬月亭の手前に写ってる松は「根上り五葉松」といって、江戸時代の盆栽がここまで成長したものらしいです。

 

f:id:acht_neosee:20210801020124j:plain

他にも一杯綺麗な所有りましたが、栗林公園の写真はこれ位で。

栗林公園関係ないですが、僕は個人的にSONYの緑色が少し苦手で、前回の後楽園や、今回もLightroomで結構弄ってます。RXシリーズは凄くいいカメラなのは間違い無いんですけどね。見返してみると編集技術がまだまだなので、もっと上手くなりたいな。

 

高松駅周辺

f:id:acht_neosee:20210801020128j:plain

かなり歩いたのですがまだ時間は有りますし折角なので、車でちょっと行った先にある高松駅周辺も散歩しました。

 

f:id:acht_neosee:20210801020132j:plain

JRや琴電、高速バスやフェリーターミナルなど、交通系が固まってました。

 

f:id:acht_neosee:20210801020135j:plain

高松シンボルタワーというそうです。30階建て。上りませんでしたが、無料の展望台もあるそうです。

 

f:id:acht_neosee:20210801020140j:plain

立派な建物なんですが、ショッピングモールとかでは無いので、人はあまりおらず。ちょっと寂しい感じでした。

 

f:id:acht_neosee:20210801020143j:plain

f:id:acht_neosee:20210801020146j:plain

 

 

f:id:acht_neosee:20210801020150j:plain

奥の方に観覧車が。良く見ると「本」って書いてあって、帰ってから調べてみたら宮脇書店の総本店でした。高松が発祥なんですね。和歌山ではよくお世話になりました。

 

f:id:acht_neosee:20210801020153j:plain

高松港のフェリーターミナルまでの連絡通路です。

 

f:id:acht_neosee:20210801020156j:plain

 

f:id:acht_neosee:20210801020159j:plain

高松港周辺を、海側から。当時はまだそれほど暑く無かったとはいえ流石に歩き疲れたので、この辺りで帰ることを決めました。

 

f:id:acht_neosee:20210801020204j:plain

 

本当に急な思い付きだったのですが、来れて良かったです。

コロナが落ち着いたら、また四国の他の場所にも遊びに行きたいと思います。


今回はこれくらいで。

ではまた。