カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

ROMEO No.3 ボールペン 細軸 レビュー

どうも、は→とです。

 

また無駄遣いしました。

www.ito-ya.co.jp

 

伊東屋のROMEO No.3は金属軸であるファインブラッシュを持っているのですが、あまりに気に入ったので通常のイタリアンレジンのタイプも買ってしまいました。

 

2種類のロメオを手に入れたので、今回は少しだけ比較もしてみようと思います。

 

その他のペンの紹介はこちらから。

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

商品概要

まずはいつもの商品概要から

品番:R2G4
インク:ゲルインク
色:グレー
材質:アクリル・真鍮
方式:回転繰り出し式
リフィル:ロメオ ボールペンリフィール GEL芯 ブラック (G2規格)

イタリアンレジンのROMEO No.3は細軸・太軸の2種類があります。ファインブラッシュが細軸だったので今回は太軸にしようかどうか迷ったのですが、細軸を使っていて手に馴染んでいたので、今回も細軸にしました。

 

軸のマーブル模様は一つとして同じものがないので、可能なら店舗で買うのがいいと思います。僕はオンラインストア東京ミッドタウン店限定の色を選んだので、買いに行かずネットで購入しましたが…。

 

開封

それでは開封していきます。

今回もプチプチで厳重に梱包されていました。

伊東屋オリジナルの袋です。

ファインブラッシュと同じ外箱・内箱でした。

 

 やはりファインブラッシュと同じ構成ですね。

アクリル軸のお目見えです。

定番色も良いとは思うのですが、手持ちのものが文房具に限らず黒系が多いので(ラインナップに黒もあるらしいです。とはいえ黒は本当に真っ黒みたい。折角のマーブル模様を楽しみたかったので)、今回はグレーを選びました。

ファインブラッシュを紹介した時と同じになってしまいますが改めて説明すると、伊東屋オリジナルブランドとして大正時代に出した万年筆がROMEO、2004年に復刻じゃないですけど当時のデザインを強襲して作られたのがROMEO No.2、そして2009年にボールペンとして作られたのがROMEO No.3です。100年以上の歴史があるんですね。2022年現在多機能ペンのROMEO No.4まであります。No.3は細軸・太軸に加えて色んなバリエーションがあり、廃盤ですけどシャープペンシルも有ったみたいです。

重量バランスを最適にするために、金属リングが中央に配置されています。このリング部分に重心があり、非常に書きやすい。

デザインはファインブラッシュと同じなので、書くことが無いなぁ…

マーブル模様が一番出ている面です。

ちょっと角度を変えただけでこれだけ感じが違います。届いたやつは、全体的に模様が出ているのではなく、結構一部に寄っている感じでした。

 

ファインブラッシュ(金属軸)との比較

せっかく2本手元にあるので、簡単な比較をしたいと思います。

書き味に関しては素晴らしいのが既に分かっていて書く事無いんだもん。

全長・太さは同じ。伊東屋のHPではファインブラッシュ(以下金属軸)は全長143mmとなっていましたが、リフィルを出していない状態でアクリルレジン(以下アクリル軸)の方のHPで載っている140mmが正解です(芯を出したら144mmです)。重さはそれぞれアクリル軸の方が25g、金属軸の方が44gなので、かなり差があります。

どちらも非常に書きやすいですが、さすがに長時間筆記ならアクリル軸の方に軍配が上がるかとは思います。とはいえ、疲れるほど金属軸で長時間書いたことないので、ここら辺は個人差があるかな。

 

見た目として、アクリル軸の方はマーブル模様、金属軸の方はヘアライン加工が施されています。マーブル模様は一つとして同じ物がないので、最初に書いたように店舗で買うなら気に入った模様が選べますが、ネットではどんな物がくるか分からないので、失敗が少ないのは金属軸の方ですね。

メッキが金属軸の方が渋い色です。個人的にはこっちの方が好み。アクリル軸の方もこっちの色だったら良かったのに。

因みにアクリル軸の方が金属軸に比べると手に張り付く感じがするので、グリップ力は高いかな。

 

金属軸にも天冠部分にはアクリル樹脂が埋め込まれています。これは色も同じもののようですね。金属軸の紹介のHPで、天冠部の作りもちょっと変わったと書いていたのですが、どう変わったのでしょうか?

 

上の写真よりこちらから見るとなんとなく分かりやすいかな。竜頭をイメージしたギザギザが、金属軸の方が細かいですね。あとはROMEOの文字の大きさも違うみたいです。

これは個体差なのかもしれませんが、アクリル軸の方は竜頭とクリップの間から、真鍮の金色がわずかに覗いていますが、金属軸は隙間がほぼ無く見えません。これも改良点なのかな?

 

とまぁ、今回は簡単な紹介でした。

 

またこれからも、文房具の紹介もしたいと思います。

 

それでは今回はこれ位で。

 

ではまた。

 

明石海峡大橋ってけっこう遠くからでも見えるという件

どうも、は→とです。

 

 

みなさん、明石海峡大橋って知ってますか

 

 

関西人なら今更ですね。世界最大級の吊り橋です(トルコに抜かれて世界最長ではなくなりました)。関西人じゃなくても、聞いたことある人ほとんどだと思います。

あれってね、結構でかいんです。

 

しかも海にあります。当たり前ですね。世界最大級の橋なんだから。

 

 

何が言いたいかっていうと、周囲がひらけているから、けっこう遠くからでも、橋を見る事ができるんです。

東京から富士山見えますがあれは自然物だし規模が違いすぎます。

明石海峡大橋は人工物ですが、かなり遠くても「あれ、橋じゃね?」となるわけです。

 

はい、取り止めのない導入ですが、今日はそんな話をしようと思ってます。

 

 

まずは近くから

 

自分の写真を見返してみて思いました。

僕、きちんと明石海峡大橋を撮ってないです。

渡ったことは何度もあるんですが、通り過ぎてるだけですね。

またきちんと撮りたいと思います。

 

いきなり天気の悪い写真ですみません。確か道の駅あわじからの写真だったと思います。

ここか、本州側の舞子公園からの写真が、橋の真下から撮れたりと、もっとも寄って撮ることの出来る場所かと思います。

 

この2枚は淡路SAからの写真です。ここは高さがある程度ある所からの撮影となるので、いい眺めで写真が撮れますね。僕はまともな写真が無かったですけど

 

すごい画質悪いですが、これは本州側の橋の根本付近にあるJR舞子駅付近の写真です。

 

 

これは山陽電鉄霞ヶ丘駅付近からの写真です。

線が違いますが、JR舞子駅垂水駅の間位に有ります。ほとんど見えていませんが、デカさは分かるかな。

 

霞ヶ丘駅の近くに五色塚古墳があり、そこからの景色です。

高い所にあるので、よく見えますね、めっちゃ霞んでますが

 

 

海を挟んで

さて、ここはどこからの写真でしょうか?

 

 

そう、大阪の関西国際空港からです。

間が海なので、ほぼ全景が見えます。望遠レンズ使って、空気も澄んでいれば、もっと綺麗に撮れるんじゃないかな。

 

地図でいくと、これ位は離れています。

湾岸線っていう高速道路が有るのですが、空気が澄んでいればそこからも余裕で見れます。

 

 

もっと遠くから

リサイズしているので見えにくいですが、奥に橋が写っているのが分かりますでしょうか?

そう、明石海峡大橋です。その左の丘のような山のようなのは、淡路島ですね。

大阪府堺市にある、荒山公園というところの近くからの写真です。

随分と内陸側に入っても、高低差があるところなら、橋は見えます。

市内でもあべのハルカスからなら楽勝ですし、どうも調べてみたら、奈良県の東の方の山からも、場所によっては見えるそうです。

一番遠くから見えるのってどこだろう。

 

 

もう少し更新頑張ります

ずっとLightroomでこれまでの写真の整理していたのですが、ひとまずは、なんとか終わりました。

今回は色々見返しているうちに、ちょっと思いついて記事にしたというだけなので大した内容無くてスミマセン。

整理の時間を記事を書く時間に当てれるので、もう少し更新頻度を上げたいなと思います。

 

今回はこれ位で。

ではまた。

studio Lx all black(ステュディオルクスオールブラック)ローラーボール レビュー

どうも、は→とです。

 

今日は、ローラーボールの紹介です。

 

またまた、ラミーです。

 

 

ラミーは油性インクの文句をずっと言い続けているのですが、けっこう本数が増えてきました。

やっぱりデザインは最高にカッコいいものが多いですね。

 

今回買ったのはステュディオの真っ黒モデル。ボールペンも以前購入してレビューも書いたのですが、やっぱり油性インクが使いにくいので、スカラと同様に国産リフィルを使おうと思って、購入しました。インク使い切るまでは、そのままの予定ですけどね。

あくまで自己責任ですが、キャップ式でラミーのLM63を使っているタイプのペンで、C300系のリフィルに交換する方法を紹介していますので、興味がある方はこちらを参考にして下さい。

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

それでは、紹介していきたいと思います。

その他のペンの紹介はこちらから。

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

 

商品概要

今回もまずは概要から。

品番:L366AB
インク:水性
色:オールブラック
材質:ラッカー仕上げステンレス(ボディ)、PVD仕上げステンレス(クリップ)
方式:キャップ式
リフィル:LM16

 

ステュディオの中でも、シルバーになっている部分までPVDコーティングで黒色にしたモデルです。Lx(ルクス)はLuxury(ラグジュアリー)の略です。上品な感じがあります。

ややこしいのですがLAMYにはLx(ルクス)という商品も有りますが、そちらは明るさを表す単位のlux(ルクス)から来ているそうです。

 

なんといっても一番の特徴はプロペラのような形状のクリップ。シルエットは同じLAMYの2000に似ていますが、このクリップでステュディオのアイデンティティが形作られています。ちなみにデザイナーはスイスのデザイナー、ハンネス・ヴェットシュタインさんという人だそうです。同氏は他にもスクリブルのデザインも手がけています。

英語の方が分かりやすいかな。studioはまんまスタジオ(=仕事場)というのがネーミングとのこと。スカラ座からとったスカラより身近に感じますね。

 

では開封して、中を見ていきましょう。

 

開封

今回のローラーボール、ボールペンと箱の種類が違いました。

値段もボールペンよりローラーボールの方が結構高かった(購入時期が違うので、一概に比較は出来ませんが)のですが、こっちの方が箱はチープです。

とはいえ一般的なチープというほどでは無い。どうせ箱はその後使わないので、小さい方がいい派です。

ステュディオのお目見えです。おぉ、ボールペンも凄く良かったけどこっちもかっこいい。特にステュディオは、キャップを閉じた状態で段差なく流線形のデザインになるのがいいですね。この状態の時はラミー2000より綺麗です。

次は詳細も見ていきたいと思います。

 

詳細

キャップを外して、尻軸にはめたところ。キャップ式と一口に行ってもネジ式、嵌合式とありますが、これは嵌合式です。

せっかくのプロペラ形状のクリップですが今回はキャップ式のペンの為、ここを回す機会はありません。このデザインを最大限活かすのは、やはりボールペンですね。

マジでどこか、LM16の形状の国産リフィル作ってくれないかな(特許か登録的な何かがあるんだろうな)。

ペン尻側もPVDコーティングされた真鍮がデザインされています。こちらも嵌合式でカチッとはめ合わせるための形状になっています。

ペン先の形状。キャップが薄いため、軸の段差は少ないですね。

個人的に、手に持つ部分もマットブラックの塗装がされており指紋を気にしなくていいのが嬉しいところ。

天冠部に、丸い窪みが有ります。スカラの時もそうだったのですが、おそらく万年筆と区別するための意匠だと思います。

長さ的にはキャップをつけた状態、外した状態、どちらでも使える丁度いいサイズです。

 

スカラとの比較

同じローラーボールならサファリとスカラを持っているのですが、今回は同じ高級ラインであるスカラと少し比較をしてみたいと思います。

ちなみにステュディオは2005年発売、スカラは2012年発売らしいので、古いのはステュディオの方ですね。

長さはちょっとだけスカラの方が長いですが、それほど差はありません。太さもスカラの方が太いですね。特にキャップ部の軸径の差は大きいです。

ラミーの文字はスカラの方が彫り込み式でカッコいい。というかボールペンもだったけど、せっかくのオールブラックモデルなんだからステュディオは印字も黒にしてくれたら良かったのに。

あと、クリップの位置を見てもらえれば分かるように、文字がクリップに対してどちら側かというのが逆ですね。

スカラのコンセプトは一才の無駄を削ぎ落とし、洗練されたシンプルなフォルムということなのですが、ステュディオも十分シンプルですね。シンプルゆえ、プロペラ形状のクリップが引き立つという事でしょうか。

キャップを尻側にはめて筆記状態にすると、全長がかなり変わります。スカラは個人的には長すぎてキャップを外した方が書きやすいです。

ちなみに先ほども書きましたが、ステュディオのキャップは尻軸側もカチっと音がしてはまりますが、スカラは外れはしませんがカチっとははまりません。

 

書き味について

一応、書き味も

スカラの時は青色のインクが入っていましたが、今回の水性インクは黒でした。

ペンの重心はキャップと軸の境目部分辺りになるので、結構高重心です。僕はこの辺りにある方が、丁度指の付け根に来るという事で好きです。Romeo No.3を使ってからは、ずっとこの重心位置がお気に入りですね。

油性インクよりマシですが、やっぱりインクフローが安定しません。水性なのにたまに擦れます。紙質によっては裏写りが大きいですね。

ゲルインクではなく水性ということで、スポイトで水を垂らしてみましたがめっちゃ滲みました。早いうちにインク使い切って、国産リフィルを入れたいと思います。

 

まとめ

現在、お気に入りのペンケースが増えてしまい、それぞれのペンケースに入れるボールペンを選んでいます。これもその中の一本に選ぶ予定で購入しました。インクさえクリアすれば非常に良いペンです。

ペンケースの中身を以前紹介しましたが、そろそろ最新の状態も紹介したいと思います。

 

それでは今回はこれ位で。

ではまた。

志摩スペイン村の写真を、6年前と合わせて紹介

どうも、は→とです。

 

志摩地中海村おかげ横丁付近を紹介しましたが、三重旅行の初日は、パルケエスパーニャでした。

 

志摩スペイン村は、テーマパークであるパルケエスパーニャ、ホテル志摩スペイン村、ひまわりの湯の3施設で構成された複合リゾート施設です。

今年はパルケエスパーニャに遊びに行ったのですが、台風が近づいているという事で、何度か土砂降りに遭い、あまり写真を撮る余裕がありませんでした。

パルケエスパーニャは6年前の2016年にも来ていて、しかもその時はホテル志摩スペイン村にも宿泊したので、せっかくなので今回はその時の写真と合わせて紹介したいと思います。

 

 

パルケエスパーニャ

パルケエスパーニャの「パルケ」は公園、「エスパーニャ」はスペインなので、意味はスペイン公園ですね。志摩スペイン村の大部分を占めています。

「いつも空いている」という自虐で有名ですが、遊びに来る人からするとゆったりしていて良い事ですね。

 

シウダード:都市のスペイン

パーク内は4つのエリアで構成されています。ここはエントランスエリアです。バルセロナマドリードがモチーフとされているそうです。

エントランスとエスパーニャ通り。

いきなりの雨のバタバタで、写真は子供しか撮らず。これは2016年の写真です。

シベレス広場。これも2016年の時の写真なのですが、当時の方が水の勢いが強かったです。ライオンが頭から水被ってます(笑)

 

マヨール広場。晴れ間が見えますが、下の水溜まりで状況察してもらえるかと…

これは2016年の写真。結構広い広場で飲食店やお土産屋さん等のエリアですね。

雨も悪いことだけではありません。これはまぁまぁ良く撮れた。

 

ティエラ:大地のスペイン

テーマパークの中央部です。スペインの文化・歴史・風俗を紹介しているエリアです。

コロシアム。今年も2016年も、イベントは見ませんでした(今年はやってませんでした)。これは2016年の写真です。

 

ハビエル城博物館です。ハビエルって、あのフランシスコ・ザビエルの事です。

これは2016年の写真。

2016年は宿泊したので閉園ギリギリまで居ました。

夜はそれはそれで綺麗。

内部の様子です。民族衣装や歴史を知れるコーナー、壁画の実物大レプリカなど、大人は結構楽しかったです。

これは2016年の写真。6年も経っているのに全然変わってないですね。

こっちは今年。

これは2016年の写真。写真の腕まで変わってないですね。というか、コロナでもないのに2016年の方が人いなくね??

 

ハビエル城博物館側からコロンブス広場へ行こうとすると、急な高低差になるため、このようなエスカレーターで上り下りします。

コロンブス広場側から撮ったところ。なんとなく、高低差分かるかな。

天気で分かってもらえるかもしれませんが、2016年の写真です。

 

マール:海のスペイン

スペインのマラガをイメージして再現されたコロンブス広場を中心として、名前通り海に関した物が多く有ります。

フェリスクルーズというアトラクションからの写真。

これは2016年の写真。いやー、当時は天気良かった。

これも2016年の写真。夜も綺麗です。

コロンブス広場

これは2016年の写真。ヤシの木までほぼ変わっていません。

子供用水遊び場です。ここは間違いなく、今年の方が人が多かった(笑)

これは2016年の写真。

これも2016年の写真。中に入れます。

中はこんな感じ。バイキングの部屋のイメージです。

 

サンタクルス通り。この辺りは地中海村と雰囲気が似てますね。パーク内一番の映えスポットかと思います。

が、下の子の体力の限界が近く、今年はさっと通り過ぎるだけで、あまり写真は撮らず。これは2016年の写真。

これも夜なので2016年の写真。

先程のエスカレーター分の高低差を、サンタクルス通りは緩やかな坂で上り下りすることになります。これも2016年の写真です、えぇ。

 

フィエスタ:祝祭のスペイン

アトラクションが集中するアミューズメントエリアです。

グエル公園がモチーフとなっています。

 はい、傘さしてる人います。2016年と比べて、木の根本の植木が大きくなってる(笑)

これは2016年の写真。この柱は、オリジナルのグエル公園に似てます。上にも上がれるようになっており、グエル公園カサ・ミラを足して2で割ったような感じでした。

 

外のアトラクションは雨のせいであまり乗れず。直前にめっちゃ降り出した中で動き出したバイキングは、それはそれは怖かったです。

ピレネーもほぼ動いていなかったので、乗れませんでした。全部2016年の写真です。

乗りたかったな。

 

ホテル志摩スペイン村

2016年は宿泊したので、ちょっとだけホテル内の写真も。南スペイン・アンダルシア地方をイメージしたものだそうです。

パルケエスパーニャ直結なので、目一杯遊ぶには非常にお勧め。ホテル自体も綺麗で良かったです。

この噴水、地中海村のと似てます。まぁ南スペインということは、地中海の西の端の方ですから、モチーフ一緒になりますよね。

 

パレード

今年はキャストにコロナ陽性者が発生したらしく、パレードは中止でした。
ですのでこれも全部2016年の写真です。

テーマパークのキャラクターだけでなく、

スペインにちなんだものが多数有りました。でも葡萄人間は斬新(笑)

スペインといえば闘牛。

こっちはフラメンコですね。

ディズニーとかと同じく、パレード自体は昼間もやってます。

 

まとめ

最後に今年撮った、ハビエル城博物館をバックにルドベキア

ちょっと今年は天候の関係で慌ただしい中でしたが、子供も満足してくれて良かったです。

施設内は結構広くかなり歩きますので、小さなお子様がいる家庭はそこらへん注意して下さいください。

ディズニーやUSJのような超有名どころと違い人が少ないので、本来ゆっくり満喫するには最適です。小さな子供からピレネーの様に大きくなっても楽しめるアトラクションもあるので、大体の家族は楽しめると思います。おススメ。

 

今回はこれ位で。

ではまた。

 

伊勢にも行ってきました

どうも、は→とです。

 

地中海村からの帰りに、伊勢に寄りました。

ちょっと寄っただけなのですが、少しだけ写真を。

地中海村の様子はこちらから。

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

 

五十鈴川カフェ

人は、パルケエスパーニャより遥かに多かったです(笑)

寄った理由は、あるカフェに行きたかったから。

このおはらい町通りを進んで行った先に有ります。

ここ。五十鈴川カフェです。隣に流れている川が五十鈴川なので、五十鈴茶屋のように「五十鈴」と付いたお店いくつかありますので注意です。

この建築物がおしゃれで、ずっと行きたいなと思っていました。

渡り廊下(橋?)のある建物って、珍しい。

 店内は人がいっぱいでお客さん達の顔がはっきり見えてしまうものばかりだったので写真は控えます。

川を見ながらの席は、落ち着いた感じです。

凄くハチミツの味がしました。美味しかったです。

小物たちもオシャレです。

先程は写っていた廊下(橋?)の下を潜って、川の方に行くことが出来ます。

近くの橋から五十鈴川カフェを撮ったところ。

こんな感じの、歴史ある建物です。

 

おかげ横丁

横丁に近づくほど、人が多くなります。

お土産の購入も含めて、もう少しおかげ横丁を堪能します。

人が多かったので、伊勢神宮は行くのやめました。

屋台辺りは超満員です。

ここは上手く人がいないタイミングで撮影しました。

地中海村で朝食べてから来て、ロールケーキも食べた後なのでお腹空いていませんでしたが、誘惑のあるお店たくさんありました。

飲み物だけ。クラフトコーラが美味しかったです。

帰るのに時間が掛かるので、そこそこで帰路につきました。

 

今回の三重旅行。初日はパルケエスパーニャに行っています。

順番バラバラですが、その写真も紹介できればと思っています。

 

今回はこれ位で。

ではまた。