カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

シン・エヴァンゲリオン劇場版見に行きましたが、Twitterでは感想書ききれないのでここで書きます。

どーも、は→とです。

 

この度会社の異動があり、でも田舎とはいえコロナ禍の影響で送別会は自粛ムード。

それでも「有志の食事会」という事で、ありがたいことに少人数で会を開いていただいています。

 

昨日4回目の食事会で、流石に連日のアルコールに体調を崩し、今日は夕方前までは死んでました。

 

体調も戻ってもう今日は大した事できないなぁ、何しようかなぁって思いまして…

 

「そうだ、エヴァ見よう」

 

ということで、シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖ 見に行ってきました。

 

 

 

※以下、あくまで感想なので極力ネタバレはしないよう気を付けますが、それでも真っ白な状態で映画を楽しみたい人は、そっとブラウザを閉じて下さい。

 

 

 

 

 

一応、エヴァはアニメ見て、旧劇だけグロ表現がどうしても無理で見てなくて(昔あったフィルムブックだけは読んだので流れは全て把握)、漫画も全部持っていて序破Qも見てます。

 

Qを映画館で見た時の衝撃は今でも忘れません。

まず最初の感想は、「あれ、破とQの間に上映あったっけ?」

新劇場版は、アニメで完結を失敗して作り直した旧劇場版が失敗したから新しくエヴァンゲリオンを作り直すという名目だったような気がしたのですが、余りの衝撃の展開に1mmも付いていけなかったです。完全な説明不足。

庵野さんらしいといえばらしいですが、とりあえず思ったのは、初めから序破急で終わらす気がなかっただろうというのと、Qはきっと映画見た人の感想="?(Question )"のQだったんだろうなということでした。

その後何回か見直したのと、ネットで色んな考察を見て、まぁちょっとは理解できたのかな。でも正解は庵野さんの心の中にしかないからなぁ。

 

この後の展開が全く読めない状態だったのと、アニメ、旧劇の前科二犯庵野さん。

果たして、綺麗にまとまって物語が完結するのかな。またやっちゃうのかな。

 

 

 

映画を見た感想として、色々思うところはありますが、

・あ、本当に旧劇の作り直しだったんだ

エヴァにしては珍しく(初めて?)、解説っぽい努力してる

でも庵野さん

 

です。まぁ、良い意味で予想を裏切られる部分はあったし、ネタバレになるので書かないですが、「あ、これは…」ってシーンが一杯ありました。

間違いなく今回は作り直しのエヴァンゲリオンです。全く別の作品ではないです。Qで全く予想外の方向に脱線しましたが、特大ブーメランで帰ってきました。ビックリ。

 

もう一つビックリしたのは、大筋は一回見ただけで理解できたところ。ほんと意外。

きっと、庵野さんも反省したんでしょう。予習をしていれば、僕レベルの知識が浅い人間であれば、多分今回の出来は好印象。ちゃんと伏線を回収する努力が見えました。

 

でもね、勿論全てスッキリ解決とはいきません。そこはやっぱり庵野さんです。新たなよく分からない設定も一杯出てきましたし、謎理論も大渋滞です。

ただそこが分からないから物語が理解出来ないというような致命的なものは無かったし、なによりアニメを含めて今までの作品を見ていれば、そもそもこれまでのエヴァの大筋が理解出来ているのですんなり入れます。時代なのかな。初心者に優しいエヴァです。その分マニアには辛口評価されそう。「理解出来ないのがエヴァだ、こんなのエヴァじゃ無い」って。

 

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版を見ようかどうか、迷っている人。見た人間としては、

・Qを見てもやもやしている人→間違いなく見た方がいいです。個人差はありますが、それでも多少もやもやは晴れます。

・全ての伏線を回収して綺麗な完結を期待している人→いやいや、庵野さんやで?

といったところでしょうか。

 

あと、出来ればアニメ、旧劇、漫画、序破Q、全て見てから映画見た方が絶対楽しめます。

公式HPのキャッチコピーが「さらば、全てのエヴァンゲリオン」ってなってますが、これは漫画版も含めてですね。

 

 

最後に、エンドロールの声優一覧でちょっとビックリしました。気づかなかった。

是非、最後まで見てね。

AUKEYのOmnia PA-B2が速攻壊れたのですが、保証もしてくれていいメーカーでした

どうも、は→とです。

 

いやー、まいったね。

まさか、レビュー前に壊れるなんてね。

 

今日、いい商品だと紹介したかったのは、これです。

 

 

すごくいい商品だと思ったんだけどなぁ…

非常に残念です。

(追記:この後、保証してくれました)

 

        

 

開封

f:id:acht_neosee:20210218233821j:plain

とりあえず、当時の開封状況から紹介します。

非常に小さな箱です。

f:id:acht_neosee:20210218235501j:plain

開けたところ。簡単な説明書とカード、本体です。

f:id:acht_neosee:20210218235530j:plain

この小ささで、60W給電というのが驚きです。

f:id:acht_neosee:20210218235550j:plain

デザインも非常にシンプルでかっこいいですね。

f:id:acht_neosee:20210218235553j:plain

この商品は、ポートはUSB-Cが1ポートのみです。

f:id:acht_neosee:20210218235556j:plain

コンセントに差し込んだところ。ランプが付いて、給電可能状態になります。

 

 

 

大事なことなので、もう一度言います。

「ランプが付いて、給電可能状態になります。」

 

 

他社製品と参考比較

f:id:acht_neosee:20210218235602j:plain

僕はこの商品を買うまで、ANKERのPowerPortAtom PD1という商品を使っていました。

これはこれで凄く気に入っていたのですが、この商品は30W給電でした。

f:id:acht_neosee:20210218235609j:plain

ほんの一回り大きくなっただけで、倍の60Wになったんだから、すごい技術の進歩です。

f:id:acht_neosee:20210218235613j:plain

厚みはPA-B2の方が薄いです。

f:id:acht_neosee:20210218235617j:plain

そして最大の違いはこれ。PA-B2はコンセントのプラグ部が折り畳めます。実質、60WのPA-B2の方が小さいです。

f:id:acht_neosee:20210218235620j:plain

ポートはどちらもUSB-Cが1ポート。

 

この性能でこれだけの小型化。持ち運びにも非常に優れていて、最高の商品だと思っていました。

買った直後は。

 

 

動かなくなった

ほんとまさかです。今この記事書いているのが2021年の2月18日なので、買って4ヶ月も経っていません。

でも、今日使おうと思ってコンセントに差し込んだところ、こういう状態でした。

f:id:acht_neosee:20210218235623j:plain

 

 

ランプが付かない。

 

 

初めは気付かず、中々充電が始まらないなぁって思っていたのですが、よく見るとランプが付かない。コンセントを抜き差ししてみたり、別のコンセントに差したり、意味ないとは思いつつUSBコードも色々差してみたり…

何をやっても、ダメでした。

大事なことだったので上の方で2回言いましたが、ランプが付かないということは、給電状態になっていないということです。

完全に壊れています。

 

 

返品できない

Amazonって、保証期間恐ろしく短いんですね。返品期限は僅か1ヶ月だそうです。

f:id:acht_neosee:20210218234920p:plain

こいつを買ったのは、2020年の10月27日、つまり去年の11月27日までしか返品出来なかったという。

f:id:acht_neosee:20210218234943p:plain

買ってまだ4ヶ月もしてないのに壊れる商品も商品ですが、そのへん非常に残念です。かなり高価な商品なのにな。

年末に同じAUKEYのPA-B3買ったので、それ以降はあまり使っていませんでした。それ以前もそこまで頻繁には使っていなかったので、実際は多分20回も充電してないんじゃないでしょうか。

1回使う時も、60Wもの給電のお陰ですぐに充電できるので、長時間使うようなことはせず。これといって酷使するようなタイミングすらありませんでした。

 

それにも関わらず、こんなに早く壊れることなんてあるんですね。

 

保証が出来ました!

追記:

コメントに、製品保証について教えていただいた親切な方がいらっしゃったので、試してみました。

HPアドレスを教えて頂いたのですが、そこから入っていくのが少し難しかったので、商品に付属していたカードを使いました。

f:id:acht_neosee:20210220123448j:plain

この鍵穴のマークがデザインされたカードです。

f:id:acht_neosee:20210220123501j:plain

裏面に、案内が買いてありました。

f:id:acht_neosee:20210220123505j:plain

英語が出来ないので、翻訳アプリにて。

「接続して、ステッカーを見せてください」辺りはよく分からなかったですが、とにかく問い合わせ先があるので、そこにメールしてみました。

 

メール内容

f:id:acht_neosee:20210220123802p:plain

とりあえず日本語通じるか分からなかったのですが、日本語で送ってみました。

添付ファイルに、上で紹介している画像を付けて送っています。

 

f:id:acht_neosee:20210220123805p:plain

その日のうちに返事来ました。日本人のお名前の方でした。注文番号が必要みたいですので、Amazonの注文履歴ページをスクショして、再度メールです。

 

f:id:acht_neosee:20210220123809p:plain

新しい商品を送ってくれる事になりました。

返品不要って大丈夫なのかな…。怖いからしばらくは壊れている方も持っておこう。

めちゃくちゃ早くて親切な対応でした。

 

届いた

新しいのが届きました

f:id:acht_neosee:20210227233459j:plain

コンセントに差し込んでみたところ。

下の方が新しいやつです。

f:id:acht_neosee:20210227233659j:plain

ちゃんとランプ付きます。今度こそ、長く使えたらいいな。

 

まとめ

商品の個体差でたまたま不良品に当たっちゃったのか、それともよくある事なのか、まだ分かりません。

ただ、Amazonと違ってカスタマーサービスが非常にしっかりしている事は間違い無いです。そういうところって、安心出来ますよね。

また壊れたら記事更新しますが、逆に言えば書いていなければ、新しいのは正常に動いていると思っていただければ。

 

ではまた

 

Mac初心者の僕の設定一覧

どうも、は→です。

 

せっかくMacを買っても試験勉強のため中々使えていないのですが、少しずついじっていて、なんとなくMacのことが分かってきました。

 

使っていくうちにWindowsMacの違いを理解していき、よりMacを使いやすくするために自分好みの設定に色々と変更しています。

慣れも勿論あるかと思いますが、 ネットを見てみるとやはり長年のMacユーザーの方々も、色々と初期設定はいじっている様子。

僕も備忘録として変更した設定・そのままにしている設定を紹介していきたいと思います。

 

f:id:acht_neosee:20210131133730p:plain

Macの全体的な設定は、システム環境設定のアプリから変更していくことができます。

iPhoneを使っている人ならよく見るアイコンですね。

その他、いくつかのアプリの設定も少し変更しています。

それではひとつずつ見ていきましょう。

 

    

 

環境設定 

「システム環境設定」アプリかメニューバーの左上から、システム環境設定を開きます。

f:id:acht_neosee:20210131104050p:plain
f:id:acht_neosee:20210131104055p:plain

するとまずこのような画面が出てきます。ここから各種設定を変更します。

f:id:acht_neosee:20210131104438p:plain

 

アイコン

まず最初に、(全くする必要は無いのですが)自身のアイコンを変更しています。

アイコンにカーソルを合わせると、下側に編集と言う文字が出てきますのでそれをクリックします。

f:id:acht_neosee:20210131104516p:plain

デフォルトの中から選ぶのも良いですし、「写真」のアプリに画像を読み込んでおけばそれを選ぶこともできます。

 

Apple ID

f:id:acht_neosee:20210131110645p:plain

アイコンの右の方にある「Apple ID」。ここで、自分のアップルの登録情報やら色々見れます。同じIDを使用している他のApple製品もここで確認出来ます。

右側では、iCloudを使うアプリを選べます。

f:id:acht_neosee:20210131120324p:plain

僕は「メール」、「キーチェーン」、「株価」、「ホーム」、「Siri」のチェックボックスを外しました。「キーチェーン」は今後どうするか思案中。

また、下側でiCoudのストレージ量と使用量を確認出来ます。

右側の「管理」をクリックすると、更に使用している各アプリの使用量を確認出来ます。いらないなと思うやつや、身に覚えのない分は消して容量を節約するといいと思います。

 

ファミリー共有

f:id:acht_neosee:20210131110725p:plain

続いて、アイコンの「ファミリー共有」です。

複数人でiCloudを利用する人は設定する必要があります。僕はしないので、何も設定していません。

f:id:acht_neosee:20210210211228p:plain

 

一般

f:id:acht_neosee:20210131111029p:plain

それでは下に並んでいるのを紹介します。

まずは、「一般」です。

f:id:acht_neosee:20210202235033p:plain

「外観モード」を「ダーク」に。完全に好みの問題です。今までの画面のスクリーンショットは全てダークにしてから撮ってました。

アクセントカラーは、最初からそうだったかもしれませんが、僕はブルーにしています。同じく、完全に好みです。

下側の、「書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認」にはチェックを入れておいた方が良いと思います。少なくとも、Windowsユーザーは特に、癖が抜けるまではその方が良いです。

Macはデフォルトでは、書類は自動保存です。例えばこんな文章を一旦Pagesかなんかのアプリで書いていたとします。で、例えば「あー、なんか違うな」 ってなった時、僕だったらウィンドウを閉じて、それまでの書類は破棄します。でも、同じことをMacでやってしまうと、閉じた時の状態で自動的に上書き保存です。リセットされません。

Macではやり直したい場合は、メニューバーの「ファイル」が開いている状態で「option」を押して、「別名で保存」が近い感じなのかな。別のファイル出来ちゃうけど。

とにかく大事なデータを守るためにも、面倒でも確認画面はあった方がいいです。

あ、でも同じ方法でも、「メモ」アプリなんかは自動保存のままなので、アプリによって編集には注意が必要みたいです。

 

デスクトップとスクリーンセーバ

f:id:acht_neosee:20210131111056p:plain

次は、「デスクトップとスクリーンセーバ」です。

デスクトップの方で、壁紙を変えています。ここで変えなくても、変えたい写真を直接選択して右クリックして「デスクトップピクチャを設定」でも出来ます。好きな画像を選びましょう。

f:id:acht_neosee:20210210151443p:plain

スクリーンセーバの方では、アプリをダウンロードして「Fliqlo」というのを使っています。初期設定は「メッセージ」になっているのですが、そのまま使う場合は自分の名前がスクリーンセーバに出てきちゃうので、もしメッセージのまま使う場合はせめて「スクリーンセーバのオプション」から名前だけは消しておきましょう。

f:id:acht_neosee:20210210151548p:plain
f:id:acht_neosee:20210210151559p:plain

あと、僕はここでホットコーナーというのを設定しています。これは、カーソルを画面の四隅に合わせたときに、特定の機能を呼び出せるというものです。右上は時計、左上はリンゴマークがあるので間違って起動してほしくなく、左下は何もありませんがファインダーを選ぼうとしたときに勢い余って左下までカーソル持っていくこと多かったので、一番カーソルを合わせることの少ない右下のみ、「スクリーンセーバを開始する」という機能を割り当てています。ホットコーナーはこのあとの「Mission Control」からでも設定できます。

f:id:acht_neosee:20210210152123p:plain
f:id:acht_neosee:20210210152139p:plain

 

Dockとメニューバー

f:id:acht_neosee:20210131111314p:plain

次は、「Dockとメニューバー」です。ここは、結構沢山の設定を変えることが出来ます。

f:id:acht_neosee:20210210203017p:plain

まずはDockのサイズをちょっと小さくしました。そして、「Dockを自動的に表示/非表示」にチェックを入れています。そうすると普段はDockが隠れていて、カーソルを画面の下端に持ってくるとDockが出てくるようになり、普段は画面を目一杯使えるようになります。

あとは「最近使ったアプリケーションをDockに表示」のチェックを僕は外しています。

これで画面がスッキリするかと思います。

初期設定がどうなっていたか忘れてしまったのですが、下の方の「メニューバーを自動的に表示/非表示」はチェックを外していた方が使いやすいと思います。メニューバーは結構頻繁に触ったり確認したりする上、小さいのでずっとあってもそんなに邪魔になりませんので。

f:id:acht_neosee:20210210203240p:plain

f:id:acht_neosee:20210210203555p:plain

f:id:acht_neosee:20210210203823p:plain

「コントロールセンター」の中の項目は特にいじっていません。気になる場合は変えましょう。

「その他のモジュール」の「バッテリー」は、「割合(%)を表示」にチェックを入れています。すみません画面小さすぎて見えないかもしれませんが。

f:id:acht_neosee:20210210204001p:plain
「メニューバーのみ」は初期設定がどうなっていたか忘れてしまったのですが、「時計」は曜日、日付共に表示されるようにチェックを入れ、24時間表示にしています。

「Spotlight」は、「Alfred」を使うようになったので、チェックを外しました。

「Siri」も使わないのでチェックを外しています。

 

Mission Control

f:id:acht_neosee:20210131111334p:plain

次は、「Mission Control」です。

f:id:acht_neosee:20210210205107p:plain

最初の画面の部分は特にいじっていません。

「ホットコーナー」も既に設定を終えているので、次に行きましょう。

 

Siri

f:id:acht_neosee:20210131111531p:plain

次は、「Siri」ですが、僕はSiriは無効にしています。

f:id:acht_neosee:20210210205321p:plain

「”Siriに頼む”を有効にする」のチェックボックスを外せば、機能をオフにできます。

 

Spotlight

f:id:acht_neosee:20210131111553p:plain

次の「Spotlight」ですが、何もいじっていません。特別な使い方をする時を除き、全部チェック入れておいた方が便利なのではないかな。

f:id:acht_neosee:20210210205424p:plain

 その後、上でも書きましたが僕はランチャーアプリに「Alfred」を使うようになりましたので、今後もいじることはないかな。

 

言語と地域

f:id:acht_neosee:20210131111811p:plain

最初にMacを起動したときに設定しているかと思います。なので、これも特にいじる必要はないかと。

f:id:acht_neosee:20210210205522p:plain

 

通知

f:id:acht_neosee:20210131111832p:plain

次は、「通知」です。

f:id:acht_neosee:20210210205635p:plain

iPhoneと同じで、画面右上に通知を表示させる項目を選べます。今のところは何もいじっていませんが、気になると変えるかもしれません。

 

インターネットアカウント

f:id:acht_neosee:20210131112041p:plain

次は、「インターネットアカウント」です。

f:id:acht_neosee:20210210213001p:plain

iCloudを使うアプリを、容量節約のために少しチェックを外しています。

よく使っているYahoo!メールを「メール」アプリに割り当てました。

 

WalletとApple Pay

f:id:acht_neosee:20210131112112p:plain

次の「WalletとApple Pay」も、初起動時に設定できるので、その時にする人の方が多いのかな。僕はクレジットカードはVISAしか持っていなくて、Apple PayにはVISAのカードは登録できません。なので僕は残念ながら設定は出来ていません。

f:id:acht_neosee:20210210213901p:plain

 

Touch ID

f:id:acht_neosee:20210131112317p:plain

次の「Touch ID」も、初起動時に設定しているのではないでしょうか?指紋を追加したい時は、「+」を押して追加しましょう。

f:id:acht_neosee:20210210213951p:plain

Touch IDで出来る内容も、多分そのままの方が便利かと思います。

 

ユーザとグループ

f:id:acht_neosee:20210131112334p:plain

Macを複数の人間が使う場合、ここで設定します。僕は一人で使うので、そのままです。

f:id:acht_neosee:20210210214035p:plain

 

アクセシビリティ

f:id:acht_neosee:20210131112517p:plain

これもiPhoneでも見る機能ですね。今のところ特に不自由はしていないので、これも僕はそのままです。

f:id:acht_neosee:20210210214111p:plain

 

スクリーンタイム

f:id:acht_neosee:20210131112545p:plain

何もしていません。

f:id:acht_neosee:20210210214154p:plain

 

機能拡張

f:id:acht_neosee:20210131113013p:plain
上に同じ

f:id:acht_neosee:20210210214226p:plain

セキュリティとプライバシー

f:id:acht_neosee:20210131113034p:plain

上に同じ

f:id:acht_neosee:20210210214254p:plain

 

ソフトウェアアップデート

f:id:acht_neosee:20210131113259p:plain

これは初期設定でどうこうではなく、ソフトが最新かどうかを確認し、場合によってはアップデートをするためのものです。

f:id:acht_neosee:20210210232113p:plain

最新のバージョンがあると、上のような画面になるのでアップデートしましょう。下の画面になったら、特に触ることはないです。

常に最新の状態にしたい人は「Macを自動的に最新の状態に保つ」にチェックを入れればいいと思いますが、僕は人柱になる勇気はないし、何よりiPhoneテザリングしているときにアップデートされたらデータ量がえらいことになるので、何もしていません。

 

ネットワーク

f:id:acht_neosee:20210131113319p:plain

これも似たような感じで、初期設定ではなくその都度いじるものですね。

f:id:acht_neosee:20210210232240p:plain

 

Bluetooth

f:id:acht_neosee:20210131113527p:plain

上に同じ

f:id:acht_neosee:20210210232305p:plain

 

サウンド

f:id:acht_neosee:20210131113546p:plain

初期設定どうなっていたっけな。もし「メニューバーに音量を表示」にチェックが入っていなかったら、入れておいた方がぱっと操作出来るので便利かもしれません。Fキーで操作する人はどっちでも良いと思います。

f:id:acht_neosee:20210210232347p:plain

 

プリンタとスキャナ

f:id:acht_neosee:20210131113755p:plain

プリンタに繋いでないので、何もしていません。

f:id:acht_neosee:20210210232427p:plain

キーボード

f:id:acht_neosee:20210131113817p:plain

ここは、Windowsユーザーは特に、結構変更したほうが良い設定があります。

f:id:acht_neosee:20210210232712p:plain

といいつつまずはどちらでも良い方から。「ユーザー辞書」タブの中で、自分で変換したい言葉を登録しましょう。例えば友人知人(はたまた自分自身)で特殊な漢字を使う名前の人とか、僕だったらこのブログのアドレスを「ぶろぐあどれす」って入力したら変換出来るようにしています。
f:id:acht_neosee:20210131132327p:plain

で、こっちが本命。「入力ソース」タブ内に、大事な項目があります。Macはライブ変換機能というのがデフォルトになっています。文字を打っていったらスペースキーを押さなくても勝手に漢字変換されていくという機能です。誤変換も多く結構余計なお世話なので、僕はオフにします。

Windowsに慣れている人は、Macの標準の入力方法に違和感を覚えると思います。その中の筆頭が、「エンターキー2回押さないと変換が確定されない」です。これは結構面倒な機能です。Macもそう思っている人が多いと分かっているのか、ちゃんとエンター1回で変換が確定出来るようになっています。

タブの中で少しスクロールして画面を下へ下げていくと、「ライブ変換」というチェックボックスがあるので、ここを外します。その2つ下には「Windows風のキー操作」という項目がありますので、そこは逆にチェックを入れましょう。これで解決です。ネーミングよ(笑)

f:id:acht_neosee:20210131132717p:plain

また、もう少し下に画面をスクロールすると「数字を全角入力」にチェックが入っているため、半角で使いたい人はチェックを外しておきましょう。

あと、僕は「書類ごとに入力ソースを自動的に切り替える」にチェックを入れています。 

これをすると、漢字・英数の入力間違いの可能性が少し減ると思います。

あとのタブは特にいじっていません。

 

トラックパッド

f:id:acht_neosee:20210131114014p:plain

ここは好みの問題になりますが、 多くのYouTuberさんが設定を変更しています。

f:id:acht_neosee:20210210233805p:plain

その設定変更項目の筆頭がこちら。「軌跡の速さ」を最速にします。僕はホンマかいな、と思って一段階だけ早くしましたが、段々早くしていって1週間もしないうちに最速にしました。初めは速すぎると戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れて、最速が一番使いやすくなると思います。

f:id:acht_neosee:20210210234213p:plain

あとは人によっては「スクロールの方向」が逆の方がいいらしいです。僕は今のままのほうがiPhoneiPadと同じ方向なので、使いやすいと思っていてそのままにしています。

f:id:acht_neosee:20210210234855p:plain

「その他のジェスチャ」のタブもそのままです。僕のようなMac初心者は、変更しなくてもぜひ確認はして下さい。トラックパッドMacの動作の要なので、「こうやって操作するんだ」と、確認することが出来ます。

 

マウス

f:id:acht_neosee:20210131114044p:plain

マウス使っていないので、何もしていません。いやーMacは本当にマウス要らないですね。

f:id:acht_neosee:20210210234921p:plain

 

ディスプレイ

f:id:acht_neosee:20210131114457p:plain

なにもしていません。

f:id:acht_neosee:20210210235149p:plain

 

Sidecar

f:id:acht_neosee:20210131114523p:plain

上に同じ

f:id:acht_neosee:20210210235219p:plain

 

バッテリー

f:id:acht_neosee:20210131114715p:plain

上に同じ

f:id:acht_neosee:20210210235249p:plain

 

日付と時刻

f:id:acht_neosee:20210131114735p:plain

初起動時に設定していると思います。 

f:id:acht_neosee:20210210235347p:plain

 

共有

f:id:acht_neosee:20210131114958p:plain

はっきり覚えていないのですが、コンピューター名が、「〇〇のMacBook Air」になっていたかもしれません。その場合は、消しておいた方がいいかも。

f:id:acht_neosee:20210211005542p:plain

 

Time Machine

f:id:acht_neosee:20210131115011p:plain

MacBookのバックアップを取るときに使うのかな。よく分かっていないのですが、とりあえず何もいじっていません。

f:id:acht_neosee:20210210235639p:plain

 

起動ディスク

f:id:acht_neosee:20210131115022p:plain

いつ使うのかな。よく分かっていないのですが、同様にいじっていません。

f:id:acht_neosee:20210210235756p:plain

 

Finder

これでシステム環境設定は一通り終わりました。何もしていない方が多かったですが。

まだ、Windowsに慣れている僕はこれで終わりでは有りません。次は、全ての人が操作することになる「Finder」を設定します。ここの違いも、Windowsユーザーを惑わせるポイントです。

「Finder」は、Macの中のフォルダやファイルを管理するアプリです。これを使わないと、Macの基本操作が成り立ちません。

Finder

Finderを開いてメニューバーの左上から、「環境設定」を開きます。

f:id:acht_neosee:20210131153332p:plain

一般

まずは「一般」タブから。

f:id:acht_neosee:20210131153526p:plain

「新規Finderウィンドウで次を表示」を、

「最新の項目」から、家のアイコンが付いているフォルダ(自分の名前が入っているフォルダ)にしました。この辺は好みでいいと思います。もし設定しようとしても欲しいフォルダーが表示されない場合は、先に下の「サイドバー」の項目を設定して下さい。

タグ

次に「タグ」のタブ。

f:id:acht_neosee:20210131153653p:plain

今はいじっていませんが、いずれ触りたいと考えています。仕事に関する書類やプライベートでも項目ごとに変えるのは、とても便利だと思うからです。写真の管理なんかにも使えるかも。

サイドバー

続いてはサイドバー。

f:id:acht_neosee:20210131153916p:plain

僕のようなMac初心者は、設定をしておかないと最初にここでつまずきます。ウィンドウのサイドバーに表示させたい項目を選んでください。最初は「ムービー」や「ミュージック」や「ピクチャ」とかすらチェック入っていません。Windowsでいう「マイコンピュータ」にあたる「〇〇のMacBook Air」にもチェック入っていないので、初期設定ではとにかく「どこにファイルが保存されたんだ!?どこにフォルダがあるんだ!?」と困ってしまいます。

僕は「最近の項目」と「デスクトップ」のチェックを外し、あとは全てチェックを入れています

詳細

次は「詳細」タブです。

f:id:acht_neosee:20210131155343p:plain

YouTuberさんとかだと、「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェック入れてくださいってよく聞きますので念のため紹介します。僕は今のところそのままにしています。

表示

続いてメニューバーの表示タブから。

f:id:acht_neosee:20210131161153p:plain

赤で囲んでいる部分を全て「表示」にします。このスクリーンショットは全て既に表示にしていますので「非表示」と書かれていますが、この状態になっていたら正解です。

f:id:acht_neosee:20210131161709p:plain

するとフォルダの画面にこんな情報が追加されます。上部のタブで、フォルダの行き来が楽になるのと、パスバーでファイルが階層のどこにあるか分かるしクリックすると上層のフォルダへ瞬時に行けます。一番下のステータスバーも情報が出てくるのは何気に便利です。

次に、自分の名前が表示されているフォルダを選んだ状態から、「表示オプションを表示」から、「”ライブラリ”フォルダを表示」にチェックを入れています。こうすると自分の名前が入ったフォルダの中に、ライブラリフォルダが追加されています。

f:id:acht_neosee:20210210154953p:plain
僕はiPhoneのバックアップフォルダをたまに消したり他に移したりするのですが、ライブラリのフォルダの奥底に入っているので、これがないと触れません。一度表示させてバックアップフォルダのエイリアス(Windowsでいうショートカットです)を作成してそのフォルダをどこか別のところに置いておいても良いかもしれません。

f:id:acht_neosee:20210211002635p:plain

今度は任意のフォルダで表示の種類を「アイコン」の状態にしてから、「表示オプションを表示」をクリックしてください。

f:id:acht_neosee:20210211002703p:plain

先ほどとは別の設定画面が出てきます。

「グループ分け」を「なし」、「表示順序」を「名前」にしました。

これをしておかないと、ファイルがぐちゃぐちゃに表示され、ウィンドウズサイズを変えてもファイルやフォルダの位置がそのまま固定されてしまっており非常に使いにくいです。なんでAppleはこの状態をデフォルトにしたのか謎です。名前以外でもいいので、せめて自動的に整列する状態にはしておきましょう。

あとその画面で、下の「項目の情報を表示」もチェックを入れておきましょう。

f:id:acht_neosee:20210211003224p:plain

するとこんな感じで、フォルダだったら下の階層にいくつファイルやフォルダが入っているか、画像だったらサイズがいくつかなどが表示されるようになります。

全部のフォルダに反映されるように「デフォルトとして使用」のクリックも忘れないでください。

f:id:acht_neosee:20210211003631p:plain

ついでに「カラム」や「ギャラリー」等他の表示方法でも、好みで表示順序を「名前」にしました。

 

スクリーンショット

これはおまけですが、このブログ書くためにも、今回沢山のスクリーンショットを撮っています。これが初期設定だと、スクリーンショットの保存先がデスクトップになっているんですね。これは不便。

煩雑にならないように、僕は「ダウンロード」フォルダに「スクリーンショット」というフォルダを作り、その中に保存されるようにしています。

f:id:acht_neosee:20210131124144p:plain

まずはスクリーンショットのアプリを開きます。

f:id:acht_neosee:20210131125025p:plain

するとこんな感じで、スクリーンショット範囲の画面が出てくるのですが、下部の「オプション」から、保存したい先のフォルダを選びます。僕は既に登録しているので、上部のスクリーンショットにチェックが入っています。

f:id:acht_neosee:20210131124945p:plain

あとはショートカットキーのスクリーンショットを使って撮った場合でも、設定したフォルダにどんどん画像が入っていきます。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?めっちゃ長かったですが、これで快適にMacを操作できるようになりました。設定は個人の好みも大きいと思いますが、タイトルに書いたように、これまでWindowsユーザーでMacの初心者は、きっと僕と同じような気持ちになることが多いと思います。そんな時、「Mac使いにくい!」ではなく、違いを理解して自分にとって使いやすいように設定するヒントになればと思います。

七工匠 7Artisans 18mm F6.3 ボディキャップレンズ レビュー

ぐもにあふたいぶにーん、は→です。

 

このブログは、

主に、カメラに関することについて書いています。

たまに、他の事も書いてます。

 

というスタンスだったのに、コロナの影響で全然写真を撮りにいけず、ずっと違うジャンルの記事ばかり書いていました。

 

 

 

はい、久々のカメラ関連です。

 

 

 

今回紹介するのは、

七工匠 7Artisans 18mm F6.3 ボディキャップレンズです。

 

七工匠はいくつかレンズも持っていて、結構お気に入りのレンズがあるのでこれも期待大です。

富士フイルムにもボディキャップレンズ(Xマウントフィルターレンズ)が実は結構前からありまして、僕も発売されてすぐ買ったのですが、Amazonで辛口評価付けました。けっこう皆参考になったと評価付けてくれました。

FUJIFILM フィルターレンズ XM-FL S シルバー

FUJIFILM フィルターレンズ XM-FL S シルバー

  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: Camera
 

 

  1. ボディキャップレンズにしてはデカイ
  2. フィルター機能付いているせいで
  • 欲しいフィルターに素早く切り替えが難しい(というかほぼ使うのはプロテクトフィルターなのに、他のフィルター選択しちゃったりする)
  • クロスフィルター使うにはレンズ暗すぎ(三脚使うなんて本末転倒。何の為の手軽に撮影できるボディキャップレンズやねん)
  • ソフトフィルター使うくらいならカメラのアドバンスドフィルターでソフトを選ぶ方がよっぽど画質もいい

というとっても中途半端な商品でした。 

 

その点、今回のボディキャップレンズはかなり薄め。F値も比較すると少しだけ明るくなっています。

見た目がまぁアレですが、結構好印象です。

 

7Artisans 18mm F6.3の特徴としては、厚さ約10mmという薄型であること、35mm判換算27mm相当(APS-C)で被写界深度も深く、F値もそこそこ大きいのでパンフォーカスでのスナップ撮影に適していることですね。

最短撮影距離はまぁまぁ大きくて、2mは離れないといけません。まさにストリートスナップ用ですね。

それでは早速、紹介したいと思います。

 

  

 

開封

f:id:acht_neosee:20210207113657j:plain

箱は非常にシンプルで小さいです。

レンズが入っていてこのサイズなんですから凄いですね。

f:id:acht_neosee:20210207113718j:plain

説明書とポーチ付きです。勿論しっかり日本語です。サードパーティ製のMFレンズとか使っている人は知っていると思いますが、レンズ側に電子接点が無いので、カメラの方の「レンズなしリレーズ」の設定をオンにする必要があります。説明書にも書いていますので、必ず設定して下さい。

f:id:acht_neosee:20210207113733j:plain

ポーチからレンズを取り出したところ。レンズ自体がボディキャップみたいなもので、このレンズを保護するキャップはありません。(何を言っているか分からないと思いますが、僕も何を説明しているか、わかりにくいです、すみません) 

まぁレンズが汚れやすいので、レンズクロス等も普段から持っていた方が良いという話です。

f:id:acht_neosee:20210207113746j:plain

レンズの扱いですので、リアキャップはしっかり付いています。

f:id:acht_neosee:20210207113758j:plain

裏側はこんな感じ。シンプルですが、ちゃんとレンズを固定する為のピンロックの穴もあります(すみません正式名称知らないです)

 

夜間撮影してみて 

f:id:acht_neosee:20210207113811j:plain

開封したので、とりあえず室内で1枚。これはカメラの影響によるものも有るとは思いますが、露出が安定しないです。ISO感度にはまだ余裕があるはずなのですが、露出補正をカメラ任せにすると、±0でもこんなに暗くなってしまいました。

f:id:acht_neosee:20210207113822j:plain

露出+2で再度撮影したところ。これでちょっと暗いかな、程度になりました。今手元にXマウントのレンズ交換式カメラが一つしかないので比較は出来ないのですが、少し暗いところでの撮影は注意が必要なのかもしれません。

2mの最短撮影距離はこんな感じですね。奥の引き出し辺りにピントが合っている状態です。

 

外観

f:id:acht_neosee:20210207113859j:plain

朝になりましたので、レンズを取り付けた所を撮影しました。レンズ交換式カメラで今持っているのはX-E2。余談ですが、個人的にはこのサイズ感が一番レンズとのバランスも良いかなと思っています。X-E3はちっちゃくなっちゃったし、今度出るX-E4は更にX-Aシリーズに寄っちゃって、非常に残念です。 X-E2から進化したようなカメラ出ないかな。

f:id:acht_neosee:20210207113914j:plain

横から見たところ。UFO型となっていますので一部レンズ出っ張りますが、それでも十分すぎる薄さですね。 

f:id:acht_neosee:20210207113926j:plain

 デザインが、アレですね。赤の矢印は脱着の際のマウントの位置合わせの為に必要ですが、残りの時計みたいなのは正直要らない

塗装が剥げるまで使うか、なんなら白い部分塗っちゃおうかな。

 

撮影しました

f:id:acht_neosee:20210207113946j:plain

庭にて。結構コントラスト強めですね、しっかり写ります。解像度も、ブログで載せるレベルなら悪くないと思います。一部除き以下、なるべく初期設定のままで撮っています。

f:id:acht_neosee:20210207114028j:plain

ただやはり露出は、少し安定しない気がします。自分好みでいじった方が良いですね。 

f:id:acht_neosee:20210207114433j:plain

これはフィルムシミュレーションのベルビアで撮りました。結構コッテリした写真も取れます。パンフォーカスといっても、35mm換算の27mmでF値も6.3ですので、完全に全てにピントが合うわけでは有りません。2m以上離れていても、ピントが甘い部分は多々あります。

f:id:acht_neosee:20210207114056j:plain

湾曲とかは少ないですかね。ちょっと樽型かな。画像の周辺部は結構解像度が甘いです。まぁそれがこのレンズの味なんだと思います。 

f:id:acht_neosee:20210207114108j:plain

太陽を入れてみました。そりゃフレアもゴーストも出ます。気軽に持ち出すレンズ(キャップ)なので、そこまで気にすることはないかな。 

f:id:acht_neosee:20210207114254j:plain

太陽が画角上になくても、角度によってはゴーストは出てくるみたいです。 注意。

f:id:acht_neosee:20210207114125j:plain

露出だけでなく、ホワイトバランスもたまに狂います。富士フイルムは結構ホワイトバランスの設定が優秀なイメージなのですが、ガッツリ色が変わりました。これもカメラ側のせいなのかレンズの特性なのかは分かりません。

f:id:acht_neosee:20210207114137j:plain

 ホワイトバランスを「蛍光灯2」にして、ハイライトとシャドーをどちらもマイナスにして再現像しました。なるべくコントラストを抑えましたが、それでも周辺減光はかなりあります。

繰り返しになりますが、そりゃそうでしょうとも。 こんな小さなレンズですから。

f:id:acht_neosee:20210207114204j:plain

1.2〜1.3m位の距離で撮ったところ。拡大するとやっぱり多少ボケてますが、2m切っていても全く使えないわけではなさそうですね。

 

まとめと作例

朝のうちに15分位外出ただけなので全く使いこなせてはいませんが、そもそも僕、この画角が得意ではないみたいです(笑)

僕は広角レンズを使う場合、大体寄って撮って誤魔化すことが多です。でもこのレンズは寄れない上に画角が広角だと写り込む情報量が多くなってしまい、絵としてまとめるのが難しい。

ただそれは単純に僕の技術不足なので、もっと使いこなせるようになれたらと思います。

何より、ピント合わせ不要で手に持った瞬間にすぐ撮れるというのはかなり大きなポイント。バッグに入れている間はボディキャップ代わりに、ずっと付けっぱなしにしようと思います。

下に、説明用に紹介出来なかった写真を何枚か載せます。せっかくなのでちょっとだけカメラ内現像でいじりました。レンズの性能の参考になれば。

 

ではまた。

f:id:acht_neosee:20210207114340j:plain

f:id:acht_neosee:20210207114352j:plain 

f:id:acht_neosee:20210207114402j:plain 

f:id:acht_neosee:20210207114414j:plain

 

Mac買いました(アクセサリーも紹介)

どうも、は→とです

 

去年YouTuberさんの間でめっちゃ話題になってたM1 MacBook、理由は違いますが、僕も買うことになりました。

いやーまさか自分がMacユーザーになるなんて…

 

なんかもう少ししたらiMacとか大きいサイズのMacBookとか、今年の後半にはM2版出るとか噂有りますが、今回僕が買ったのはM1 MacBook Air

(画像の為に下にリンク貼っていますが、色とかストレージは買ったのと違います)

最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 512GB SSD) - ゴールド
 

色はスペースグレーの、メモリそのまま8GBで、ストレージだけ 512GBにしました。今使っているのはWindowsVAIOの2019年モデルで、Intel core 7のメモリ16GBです。

新規購入したPCとしてはメモリは少ないですがなんか情報見る限りM1チップのおかげでメモリ少なくても爆速とかなんとか…。使用感を比べるのが楽しみです。

それでは早速、いくつか話していきたいと思います。

 

  

 

なんで買ったの

iPhoneバージョンアップでトラブル発生

僕は15年くらい、Windowsユーザーです。正直今まであまりMacを買いたいという衝動に駆られたことも有りませんでした。

去年になりますが、iPhoneのOSをバージョンアップしようとして、PCにつないだところ、バージョンアップ途中で急にエラーが。そして、全く動かなくなるという事態に…

慌てて携帯ショップへ持っていきましたが、色々試してもらった結果ショップでは対応出来ないということで、次の日にアップル正規代理店に持っていって修理ということになりました。

結果的には強制初期化を行って、バックアップファイルを使って復元、という方法でなんとか復旧できましたが、一部アプリの内部の保存データはバックアップされていない為紛失という結果に。それほど大事なファイルじゃなかったので本当に助かりましたが、スケジュールや連絡先等、大事なデータが全て吹っ飛んでしまってたかもと思うと、ゾッとしました。

やはり普段からデータの共有やバックアップ体制は大事なんだなと思って色々調べていると、当たり前というか、iPhoneに一番親和性が高いのはやっぱりMacなんですよね。バックアップだけでなくiCloudとかAirDropとか普段使いでも。

そこへきて、M1 MacBook Airがスペックの割にすげー安い値段で発売されている。

これはタイミング的に、考えどきかなーと思って、しばらく検討してから購入に至りました。

Windowsでなければいけない理由が少なかった

今までずっとWindowsを使っていましたが、自分がよく使っているのって、iPhone関係、写真管理・編集、ブログとかネット関係位です。仕事は会社PCのセキュリティが高くて自分のPCでは一切扱えないので、実質OS乗り換えて困ることがほとんどありません。唯一ネックだったのが写真管理・編集ソフトでした。
今Luminar 4使っているのですが、なんかLuminar AIっていう最新ソフトに変わっちゃうらしいですね。Luminar 4とLuminar AIに互換性はなく、カタログの共有も出来ないそうです。しばらくは併売らしいですがそのうちサポートも終了することが決まっているソフトを使い続ける気にはならず、ちょうど写真管理ソフトを別のに乗り換えようと考えていたところだったところも、Macを買う決断の後押しになりました。

 

買った商品紹介します

f:id:acht_neosee:20210124130453j:plain

色々写っております。わかると思いますが、左上がMacです。アクセサリーも結構買いました。一つずつ、紹介します。

 

エレコム パソコンケース インナーバッグ

ますはケース。安くてその割には見た目も良く、質感も高めです。かなりコスパは良いかと。

f:id:acht_neosee:20210124131119j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131122j:plain

サイズはピッタリですね。アクセサリは別のポーチを使うという人にはオススメです。

f:id:acht_neosee:20210124143917j:plain

この後紹介するPCスタンドを取り付けても問題なく入ります。

f:id:acht_neosee:20210124143920j:plain

 

SHINEZONE【M1チップモデル】MacBook Air/Pro 13インチ用液晶保護フィルム

 保護フィルムも買いました。

f:id:acht_neosee:20210124131040j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131043j:plain

何が良いか分からなかったので、コメント数が多く、比較的星も多い商品という括りで選んで決めました。

f:id:acht_neosee:20210124143939j:plain

ノングレアではないので反射はそこそこ有りますが、必要十分かと思います。

 

 ALLFUN MacBook Air 13 用キーボードカバー 日本語JIS配列

これも同じく何が良いのか分からなかったので、コメント数と星の数で決めました。VAIOではキーボードカバーは使っていなかったのですが、指紋と手の油で汚れるのがずっと気になっていたので、これは絶対に欲しかった商品でした。

f:id:acht_neosee:20210124131048j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131051j:plain

接着するわけではないので、カバー自体が汚れたら外して水洗いが出来るのがいいです。

f:id:acht_neosee:20210124143944j:plain

多少押しやすさは犠牲になりますが、そもそもノートPCに感動するような押しやすさは期待していませんし、綺麗な状態を保てるならそちらの方が良いと思っています。

なんかコンマ数ミリ、サイズが合ってないような気もするのですが、これが正しいのかな…?

SHINEZONE MacBook Air 13 トラックパッド保護フィルム

Windowsの操作はキーボードとマウスが基本操作の要ですが、Macはキーボードとトラックパッドで操作するのが基本だそうです。という記事を見たのでトラックパッドの保護フィルムも買いました。メーカーは画面の保護フィルムと同じSHINEZONE。 

f:id:acht_neosee:20210124131055j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131058j:plain

2枚入っていました。画面の保護フィルムより小さいので、貼る難易度は下がります。

f:id:acht_neosee:20210124143923j:plain

付けた感じが全く有りません。当然トラックパッドの反応にも影響は与えないので、買ってよかったです。

 ONED Majextand スペースグレー

極薄PCスタンドです。これはVAIOでも使っていました。少しだけ値段は張りますがデザインも機能も最高で、一度これを使ってしまうと他のスタンドは使えません。

f:id:acht_neosee:20210124131101j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131104j:plain

色のラインナップにもスペースグレーが有り、完全にMacでの使用を想定した商品ですね。デザインにも親和性があります。

f:id:acht_neosee:20210124143926j:plain

高さ調整も何段階かあり、好みに合わせて調整できます。また、背面が浮くというのは、排熱の点からも有利です。

f:id:acht_neosee:20210124143935j:plain

一番低い状態でも、これくらいの角度が付きます。

 

STRENTER USB type C ハブ 6-IN-1 

最初の写真に写っていませんが、買い足しています。MacBook AirはポートがUSB-Cの2ポートしかないので、USB-Aやその他接続する為にハブは必須です。僕は「SDカードリーダー」が付いていること、「出来るだけ小さいこと」の2つの条件で探して決めました。

f:id:acht_neosee:20210124131255j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131259j:plain

箱はこんな感じ。

f:id:acht_neosee:20210124131302j:plain

開けたところ。シンプルです。

f:id:acht_neosee:20210124131305j:plain
f:id:acht_neosee:20210124131309j:plain

商品の裏表です。

f:id:acht_neosee:20210124131201j:plain

Amazonの商品案内画像ではメーカー名が真ん中に大きめに印字されていましたが、届いた商品は隅にさりげなく配置されているものでした。Macと同じ名前のスペースグレーって商品を買いましたが、Macよりは色が濃いグレーでした。


MacBook Air

f:id:acht_neosee:20210124131114j:plain

やっと本体です。

f:id:acht_neosee:20210124131126j:plain

箱を開けたら即Mac。カバー外してPC開いたらいきなり起動してビックリしました。Windowsと違って電源ボタン押す必要ないんですね。

 

f:id:acht_neosee:20210124131131j:plain

全部開封したところ。今回は開封しただけです。機能の紹介は色んな記事で見かけるので、素人の僕が紹介できるものは無い(笑)とりあえずこの写真の為にデスクトップの画像を揃えて、これ書きながら、ちょっとづつ操作に慣れようと四苦八苦しています。

また色々と、Mac初心者なりにWindowsMacの違いについて買いていければと思っています。

 

今回はこれ位で。ではまた。

HEDERA購入しました

ぐもにあふたもーにん、は→とです。

 

新年あけましておめでとうございます。今年もゆっくりと、更新していきたいと思います。

 

 

結構前ですが、HEDERAの商品を買いました。

f:id:acht_neosee:20201231201740j:plain

 

定規買いに来ただけだったのが、何故か沢山握りしめていました。ちょっとだけ、紹介したいと思います。

良い所いっぱい有りますが、個人的には完璧な商品というのは多くありませんでした。

 

    

 

電卓

f:id:acht_neosee:20201231202231j:plain

パッケージの状態。このミニマルデザインが素敵

f:id:acht_neosee:20201231202247j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202258j:plain

裏面には計算例(使い方)の紹介が乗っています。

f:id:acht_neosee:20201231202356j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202410j:plain

縁が無いデザインが珍しく、そしてカッコいいです。ボタンも押しやすいのですが、個体差なのか、僕が買ったやつは若干ボディが歪んでいて、置いてもきちんと接地されず少しカタカタします
それさえ無ければ最強だったのになぁ…

 

ホッチキス

f:id:acht_neosee:20201231202538j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202553j:plain

パッケージの状態

f:id:acht_neosee:20201231202636j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202706j:plain

開けたところ。先の金物部をスライドさせて、ホッチキスを閉じた状態で固定して自立させることが出来ます。
デザイン、自立出来る機能共に良いのですが、紙を綴じる力が弱いような…。袋にも10枚と書いてあるように、あまり厚い枚数は綴じれません。

f:id:acht_neosee:20201231202747j:plain

 

はさみ チタン加工

f:id:acht_neosee:20201231202829j:plain
f:id:acht_neosee:20201231202850j:plain

袋の状態

f:id:acht_neosee:20201231202935j:plain

開けたところ。これもデザインは凄くカッコいいです。

f:id:acht_neosee:20201231203012j:plain

開けた状態で、既に傷が付いていました。電卓といい、製品の品質管理が悪いようですね。

f:id:acht_neosee:20201231203058j:plain

使い心地はというと、正直微妙です。見た目優先ですね

 

スライド消しゴム

f:id:acht_neosee:20201231203323j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203326j:plain

パッケージの状態

f:id:acht_neosee:20201231203330j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203334j:plain

袋から開けたところ

f:id:acht_neosee:20201231203338j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203345j:plain

これはデザインだけでなく、使い勝手も凄く良いです。消しゴムが四角いので、細かい部分も消しやすく、カチカチっとスライドする感触が心地よい。
個人的に唯一惜しいと思うのが、替えの消しゴムが売ってないこと。まぁこれ単体でも安いのですが、環境問題とか色々あるんだし、替え単体で販売すればいいのに。

 

15cm定規

f:id:acht_neosee:20201231203349j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203353j:plain

パッケージの状態

f:id:acht_neosee:20201231203357j:plain
f:id:acht_neosee:20201231203402j:plain

袋から開けたところ。
これは凄い良い商品だと思いました。スリットは滑り止めらしいですが、滑り止め感はあまり感じられません
僕が一番いいなと思ったのが、定規の左右に余白が無く、定規サイズがピッタリ15cmなところ。人によっては使いにくいかもしれませんが、僕の使っているペンケースが小さめで、余白の5mm~10mm位が命取りになるので、これは本当にありがたいです。

 

ゲルインクボールペン

f:id:acht_neosee:20201231203422j:plain

凄くシンプルなボールペン。筆記ブランドのKACOとのダブルネームとなっています。

f:id:acht_neosee:20201231203430j:plain

ダブルネームという表現が、微妙なところです。HEDERAは基本OEMといって、自社開発ではなく他者ブランドの製品を製造する方法をとっているのですから、そもそも完全自社ブランドではありません。そこに名前をさらに乗っけるって、どういう事なんでしょう?

f:id:acht_neosee:20201231203546j:plain

安い割にはけっこう書きやすいです。少~しだけチープですが、まぁ値段相応ということで。

 

Soft Sonic スリム多機能ペン

f:id:acht_neosee:20201231203438j:plain

かなりスリムなボールペンですが、重量感があり、2色ボールペン+シャーペンが入ってます。ちょっと値段高めです。リフィルは4C規格。なのでジェットストリーム芯とかも使えるのは強みかと。

f:id:acht_neosee:20201231203442j:plain

見た目的には、多機能ペンで一番好きです。

f:id:acht_neosee:20201231203550j:plain

スリムと名の付く通り、小型なのでメインのペンではなく手帳用の様に、どこかに忍ばせるのに向いているのでしょうか。優秀なのに、まだ使い方に迷ってしまっています。

 

スタンダードシャープペンとスタンダードボールペン

f:id:acht_neosee:20201231203520j:plain

同じデザインで、シャープペンとボールペンがあります。

f:id:acht_neosee:20201231203516j:plain

全長はちょっと大柄です。勢いで買いましたが、個人的にはそんなに好きなデザインじゃない(ごめんなさい)

f:id:acht_neosee:20201231203512j:plain

ボールペンのリフィルは、パーカー規格っぽいです。ということは、ジェットストリーム(以下略)

 

スタンダード製図用シャープペン

f:id:acht_neosee:20201231203450j:plain

見た目カッコいいですね。KOKUYOの廃盤シャーペンのOEMのようです。
某You Tuberさんもべた褒めしてました。

f:id:acht_neosee:20201231203457j:plain

ノック付近のデザインが、ロットリングに似ていますが、先日販売された製図用シャープペンⅡに至っては、まんまロットリングです。

f:id:acht_neosee:20201231203454j:plain

先のグリップが使いやすいですがちょっと埃が付きやすいかな。

f:id:acht_neosee:20201231203554j:plain

日常使いのシャーペンとしても、非常に満足のいく出来です。

 

これは人にもオススメ出来るシャープペンシルだと思います。

 

 

つい先々週カッターも買い増ししましたが、また今度製図用シャープペンIIもどうするかを思案中です。

今年も物欲は止まることを知りません(笑)

テレワーク用の環境をそろえました

どーも、は→とです。

 

今年は新型コロナウイルスによって、社会の在り方が大きく変化を求められた一年でした。僕はそれ程影響が大きくありませんでしたが、大変な思いをしている人が、今も大勢いることかと思います。
仕事場は田舎なのでまだそれ程対策は大きくありませんが、それでも勿論テレビでやっているような最低限の対策はありますし、やっぱり影響がないわけではありません。
特に皆そうだと思いますが、全体的な会議がZOOMになったり、(会社から強制的に受けさせられている)試験為の講座も自宅でだったり。今までは、そういう時はiPadやノートPCでした。


こんな風にね。

f:id:acht_neosee:20201231002625j:plain

 

 

でもやっぱり、長時間机の前にいる時にはやっぱりもう少し大きい画面の方が良いなって思うわけです。
で、これを機に、モニター買ってもうちょっと環境を良くしようと思いました。

 

  

 


今回買ったもの

 

まずは、買ったものはこちら。

 

机がそんなに広いわけではないので、やっぱりモニターアームで浮かせて、スペースは有効活用したかったので。結構直ぐ届いたので、買ったものを組み立てていこうと思います。

 

組立て

 

f:id:acht_neosee:20201231004612j:plain

モニターアームの中身はこんな感じ。どうせモニターを動かすことも無いので、シンプルな奴にしました。
値段も手ごろだったです。

 

f:id:acht_neosee:20201231004643j:plain

僕の家の机は置き式ではなく、元から据え付けられているタイプなので、クランプで挟み込みは出来ません。なので、机に穴を開けてグロメット式で固定する必要があります。穴を開けるサイズは説明書に書いていますので、指示通りのサイズで開けましょう。そうしたら、早速グロメット式で組立です。

 

f:id:acht_neosee:20201231004804j:plain

いきなりつまづきました…。
クランプ式もグロメット式もどちらも下の手回しネジのパーツは共用なのですが、挟み込みパーツを外す為の上のネジが硬くて全然取れない…
30分位格闘して、なんとか外して取付出来ました。

 

f:id:acht_neosee:20201231004957j:plain

こんな感じです。
インパクトドライバーは持っていましたが、10mmの穴を開けるドリルが無かったのでホームセンターで購入し、開けました。
位置を考えながらやった方が良いと思います。
僕の場合、なるべくポールを机の角に寄せようとしたせいで上に付いてる照明と位置がズレました。まぁ、ちっちゃいことは気にしないです。それワカチコワカチコ。

 

f:id:acht_neosee:20201231005114j:plain

ここまでくれば、モニターはVESAマウントを取り付けるだけなので簡単です。

 

f:id:acht_neosee:20201231005137j:plain

試しにPCと接続してみました。無事に問題なく動きます。
解像度はノートPCの方が高いのですが、やっぱり大きな画面は良いです。

重量制限をよく見ていないのですが、このモニターを付けると、ポールが約6mm位モニター側に傾いています。まぁ折れることはないのでしょうが、結構ギリギリなのかもしれません。

 

f:id:acht_neosee:20201231005300j:plain

アクセサリも少々。
HDMIやUSB-Cを挿しているだけでもゴチャゴチャするのにそれから外付けメモリ関係を付けたら机が狭くなってしまうので、一か所にまとめます。

 

f:id:acht_neosee:20201231005352j:plain

それがこの状態。まだ問題が有りますね。
シンプルに、コードが長すぎる。
これは付属のコードを使っているので、仕方が有りません。

そこで、追加でもう少し購入しました。

 

アイネックス AC電源ケーブル 0.5m ACP-05A

アイネックス AC電源ケーブル 0.5m ACP-05A

  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: Personal Computers
 

HDMIのアダプタはもう一種類購入したのですが、そっちの商品は挿しても画面が映りませんでした。相性悪かったのか、不良品のどちらかですね。僕だけの可能性もありますので、動かなかった商品の案内はここでは止めておきます。とりあえず上のL型のアダプタだけでも動いてコードの向きが変えれたので良かったです。

AUKEYの充電器は、60Wの一口タイプを使っていたのですが、モニターの電源用にコンセント一口使ってしまったので充電ケーブルの差し込み口が足りなくなってしまったから。携帯とか充電しながら作業したかったので、USB-Aの口もあるタイプを追加購入しました。
なのに、モニターに映像を映しながら下のUSB-Aの方へコードを差し込むと、何故かモニターが映らなくなるという結果に。
2口挿し込んでも、USB-C側は45Wの出力だから電力は足りてるはずなんだけどなぁ…。理由が分かりません。

因みに、60Wの1ポートタイプと、65Wの2ポートタイプは、これ位のサイズ差です。僕は上手くいきませんでしたが、非常に優秀な充電器ですね。

f:id:acht_neosee:20201231010802j:plain
f:id:acht_neosee:20201231010905j:plain
箱のサイズは全く同じ
f:id:acht_neosee:20201231011005j:plain
f:id:acht_neosee:20201231011024j:plain
縦横厚み、全てちょっとだけ65Wの方が大きい
f:id:acht_neosee:20201231011137j:plain
f:id:acht_neosee:20201231011149j:plain
前後の比較はこんな感じです

f:id:acht_neosee:20201231011226j:plain

どちらおオススメ出来る、非常に優秀な充電器です

少し話がそれましたが、同時には使えないにせよ挿し込み口周りはかなりすっきりさせることが出来ました。

f:id:acht_neosee:20201231011408j:plain

 

 

まとめ

 

f:id:acht_neosee:20201231011444j:plain

マウスは以前から使っていた分をそのまま。キーボードも以前にクラファンで購入した分を使っています。
今の状態でも結構満足していますが、より快適にするために、もう少し手を加える予定です。
それはまたの機会に。

 

ではまた。というかよいお年を。