カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKR70TWレビュー

どうも、は→とです。

 

今回は、前置きが長いです。
興味ない人は飛ばしてください。

 

 

 

前置き


皆さんは、イヤホン何使ってますか?

僕は、ウォークマンiPod時代はあまり高価なイヤホンは使っておらず、記憶に間違いが無ければ、確かiPhone4辺りから、少しイヤホンに興味を持ち始めました。多分iPhoneの付属イヤホンが満足出来なかったんでしょうね。

実はその時のイヤホンもまだ持っていて、今手元に有るのはこれら。

f:id:acht_neosee:20201118223749j:plain

別売りのケースもまだ持っていました

最初に買ったのは、もう廃盤で名前は分からないのですが、audio-technica(オーディオテクニカ)のイヤホンです。そこまで高くはなかったかもしれません。あ、関係無いですが今回写真は全部iPhoneで撮っています。編集でごかましていますが、いつもよりちょっと画質は荒いと思います。

まだイヤホンはどこが良いかとは分かっていなくて、この会社なら何選んでもハズレは無いかなという軽い気持ちで買いました。

当時使っていたイヤホンとは確かに音質が違うということで、それなりに長く使っていた記憶が有ります。

f:id:acht_neosee:20201118223858j:plain

 

次に買い替えたのは、BOSE(ボーズ)のSoundSport wireless headphones。どう見てもイヤホンですが、商品名はヘッドホンなんですね。

Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック

Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン ブラック

  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: エレクトロニクス
 

f:id:acht_neosee:20201118224029j:plain

ケースは別のもの

ワイヤレスイヤホンに憧れて、買いました。

音も勿論良かったのですが、この、iPhoneのジャックに差し込む必要が無いというのが非常に便利。

買った当時は両耳のイヤホンが繋がっているタイプの方が主流で、完全ワイヤレスイヤホンはまだあまりなかったんじゃ無いかなと思います。

f:id:acht_neosee:20201118224108j:plain

けっこう長く使っていたので、コードの根元が外れています

これも音質が良かったので今も手元に有るのですが、一つプライベートで使っていると気になる点が。

僕はカメラも趣味なのですが、首から下げて持ち歩きます。イヤホンの、首の後ろを通るコードがカメラのストラップに引っ掛かるんですよね。これが邪魔になって、完全ワイヤレスイヤホンを検討し始めたのが今年の話。

 

次に購入したのが、Mobvoi(モブボイ)のTicPods 2 Proでした。

f:id:acht_neosee:20201118224508j:plain

音質も結構クリアで、何より充電ケースまで含めてめちゃくちゃ小さい。

音声機能はあまり使わなかったけど(英語なのですが、"play music"だけ何故か全く反応しなかった。僕の発音のせいかもしれませんが)、スライドタッチでボリュームコントロールをしたりと、便利な機能も有り非常に満足していました。

 

流れ的には、ちょっと高価なイヤホン→ワイヤレスイヤホン→完全ワイヤレスイヤホンと来たので、次はノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホンという感じではあります。

が、どうしてもノイズキャンセリング機能が欲しいから新しく買い替えた訳では有りません。TicPods 2 Pro買ってそんなに経ってないし。

 

じゃあなぜ新しいの買ったのか。

 

理由は簡単、これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:acht_neosee:20201118224721j:plain

 

 

 

 

 

 

 

片方失くしちゃった…

 

 

 

商品紹介


はい、やっと本題です。
今回紹介するのはaudio-technicaのATH-CKR70TW。ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンです。またaudio-technicaに戻ってきました。

新しく買うことになったとはいえ想定外の出費の為、あまり高いものは買えません。とはいえ前のTicPods 2 Proもそんなに安くはなかったので、安物を買うともしかしたら音質に不満が出るかもしれない。

しかも、次こそ無くさない限り長く使う予定なので、ノイズキャンセリング機能も出来たら欲しい。最近は大分ラインナップも増えてますしね。
さて、どうしたものか…

 

と悩んでたら、丁度最近良いのが出たので買いました。

これ、凄く良いです。満点では無いのかもしれませんが、個人的に全部が合格点。

あまりイヤホンの性能に詳しく無いので専門的なことはさっぱり分かりませんが、素人目線で、買って良かったと思える所を紹介しようと思います。

 

細かい紹介は、絶対HPで見た方が良いです。
決して楽したいから書かないわけではありません。

www.audio-technica.co.jp

 


まずは箱から。

f:id:acht_neosee:20201118225350j:plain

正面が商品画像、側面が簡単な性能紹介(セールスポイント)と付属品、裏面がもうちょい詳しく紹介、といったところです。無料アプリで画像まとめたので、ロゴマーク残っていてすみません。

 

f:id:acht_neosee:20201118225416j:plain
上面は対応アプリの案内が。最近はどこもスマホありきになっていますね。

 

f:id:acht_neosee:20201118225527j:plain

中身の構成は大体どこも同じような感じでしょうか。商品と付属品(コードとイヤーピース)と紙が何種類か。

 

f:id:acht_neosee:20201118225552j:plain

保護袋を剥がして、30分ほど充電しました。
充電ケースは前に使っていたTicPods 2 Proと比べると流石に大きいですが、それでも大きすぎる程では無いです。前が小さすぎただけ。その分バッテリーはイヤホン単体で7時間、ケース併用で最大20時間なので、単体の性能アップです。

 

f:id:acht_neosee:20201118225641j:plain

f:id:acht_neosee:20201118225653j:plain

f:id:acht_neosee:20201118225708j:plain

ケースを色々な角度から。シンプルに表現すると蓋が山型のケースなのですが、色んな部分が微妙にただの直線ではありません。前面部は微妙に手前に傾いていますし、蓋も前傾です。天板はなんとも表現し難いカーブを描いています。

前面はケースのバッテリー状態が分かるように、ランプが4つ付いています(30分しか充電していないので3つしか光っていなくて分かりにくいですが)。

 

f:id:acht_neosee:20201118225830j:plain

蓋を開けた状態。けっこうコンパクトにまとまっている印象。

 

f:id:acht_neosee:20201118225851j:plain

f:id:acht_neosee:20201118225903j:plain

内部のヘアラインがかっこいいです。イヤホン自体も充電中だったので、ランプが光っています。

 

f:id:acht_neosee:20201118225928j:plain

イヤホンには、タッチセンサーだけでなく、物理ボタンが付いています。
左右、タッチセンサー(もしくはボタン)を押す回数、長押し等で、かなり多くの操作が出来ます。初めは戸惑うかもしれませんが、既に慣れました。

 

f:id:acht_neosee:20201118225950j:plain

イヤホンの形状は、ちょっと変わっているのかな。まぁ、最近変わった形状のイヤホンも多いイメージなので、変態的な変わりようではありませんが。イヤーピースが本体からちょっと離れている印象です。つまり、耳の中にグッと押し込む感じ。

僕は現在もともと付いていたサイズをそのまま使っていますが、3時間位使っていると少し耳が痛くなったので、今度もう1サイズ小さいのも試して自分に合っているサイズを見極めようと思います。

 

 

使用感

 

使い心地としては、まずノイズキャンセリングの性能は結構高いと思います。初めてのノイキャンであとは家電量販店位でしか試したこと無いので、あくまで個人的な感想程度に思っていただければと思いますが、少なくとも不満は一切感じていません。

音量は、初めて使った時は結構ボリューム上げないとちょっと小さいかなぁと思ったのですが、3日位使っていたら、そんな感じしなくなりました。気のせいだったのかな。耳が慣れた?

音質は、一番感想に個人的な差がある部分だと思いますのであまり細かいことは言えませんが、印象としては「変なクセが無い」といった所でしょうか。良い意味ですよ。ここらへんはアプリを使えば好きに調整できますので、むしろ初めはプレーンな方が後で自分好みに弄りやすいと思います。

 

f:id:acht_neosee:20201118230233j:plain

自分で調整が面倒な人も、プリセットが入っています。これだけでも、それぞれ結構印象変わります。

 

f:id:acht_neosee:20201118230327j:plain

カスタム設定も、2つ保存出来るようになっています。曲に合わせて変更出来るのが良いですよね。

 

f:id:acht_neosee:20201118230407j:plain

他にも、色々な設定をカスタマイズ出来ます。

 

ビームフォーミング技術とかいうやたらカッコいい名前の技術とかでマイクの性能もかなり良いそうですが、あいにくまだそこら辺は使い切れていません。
専用のオーディオ機器だけでなくスマホで使う人もかなり増えたでしょうし、最近はZOOM会議とかで、イヤホンにはマイクの性能も要求される時代になったんですね。
いやーイヤホンも随分進化したなぁ。

 

 

まとめ

 

f:id:acht_neosee:20201118230455j:plain

既にお気に入りのイヤホンです。デザイン的にも性能的にも、そして価格的にも、全てが高い次元でまとまっています。

次は紛失に注意して、末永く、付き合いたいと思っています。次失くしたら多分泣くと思います。ちっちゃく左右独立になったというのも、考えようですね。

え、なにこの感想。