カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

RX100M6 購入しました

ぐもにあふたいぶにーん は→とです。

 

 

 

 

 

 

 

 

買っちゃった(笑)

 

 

 

 

 

 


ついでに色々、他にも買っちゃいました。


前回普段持ち歩き用として、コンデジ欲しいなって話したんですけど、結局これにしました。

 

 

 

キヤノンのG1 X Mark IIIもとても魅力的だったのですが、今の僕の使い方では、ちょっとどっちつかずになりそうだったので、今回はパスしました。
普段からの持ち歩きにはちょっと大きいし、本格的に持ち出すならX-Pro2の方が明るいレンズ使えるのでそっちの方がいい。
フルサイズユーザーのサブカメラや、標準域ばかりでレンズ交換をあまりせず、これをメインで使う人の方が向いているのかもしれませんね。

RX100M6はセンサーサイズも個人基準の1インチ以上をクリアしていて、倍率は文句なしの全部乗せカメラ。値段も乗せすぎな所は痛かったですが、RX100M3と操作性も同じで使い勝手も良く非常に満足しています。

ネットとかで見ると、今こそM3を買うべきだ、という記事を見たりもしましたが、僕は乗り換えです。乗り換えたこと自体、勿論後悔も一切ありません。
M3とM6の細かい性能差は他で一杯比較している記事を見るので、ここではちょっとだけ書くと、

・サイズ、重量はM6の方が大きく、重い(わずかね。持っていてそれほど違いは分かりません)
・ズーム域がめちゃくちゃ上がった分、レンズが暗くなった
・ちょっと高感度耐性上がった
・AFとか連射とか、なんか色々性能が向上している
・撮らないけど、ビデオの性能もいっぱい上がっている
・タッチパネルとかワンアクションで使えるEVFなど、その他色々良くなっている

まぁ、悪くなった部分より良くなった部分が多いです。
正常進化で言えばM5なのですが、下記に紹介する色々な理由で、M6にしました。

 

  

 

買ったもの紹介します


まずは先にアクセサリー類を一応。色々と買ったものを紹介

 

f:id:acht_neosee:20181205194617j:plain

画面の保護は、フィルムではなくガラス派。値段はしますが、耐久性があるのでこまめに張り替えなくて済むことを考えたら、結果的にコスパは良いと個人的には思っています。

 

f:id:acht_neosee:20181205194657j:plain

M3は自作のネックストラップを使っていたのですが、今回はフィンガーストラップにしてみようと思い、購入。もし使い勝手が悪ければネックストラップに戻すつもりですが、出来るだけコンパクトにしたかったので。

 

f:id:acht_neosee:20181205194732j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194746j:plain

持ち出す頻度が上がると思い、バッテリーもサードパーティー製を購入しました。
元々RX100シリーズは本体にUSB差し込んでバッテリー充電出来るので、そもそも充電器が付属していません。
この商品は純正オプションの充電器より小さくて、しかもバッテリーが2個も付属しています。恐るべきコスパ

f:id:acht_neosee:20181205194804j:plain

表裏で、同時に2個充電出来ます。


それではいよいよM6を紹介
箱、開封状態。

f:id:acht_neosee:20181205194833j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194850j:plain

今更なので、みんな他のHPで知ってるよね。

M3との比較

f:id:acht_neosee:20181205194910j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194925j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194944j:plain

f:id:acht_neosee:20181205195012j:plain

f:id:acht_neosee:20181205195029j:plain

さらっとね。ほんのちょっとM6の方が分厚くなったけど、ほとんど変わらない。
はい紹介終了


さてそれでは本題。買った理由をいくつか上げていこうと思います。

買った理由

サブカメラとして使える

これも前回書いたのですが、僕のメインカメラはX-Pro2で、そこに小型単焦点レンズを付けています。持っている単焦点レンズの最望遠域は56mm(換算85mm)までで、大きい望遠レンズは多分今後も付けませんしズームも持っていきません。かっこ悪いもん。
なので普段持ちだけでなく、X-Pro2の構成の時も、サブカメラとして持って行けば望遠域はこれでカバーできる。望遠レンズより小さいしね。M6はRX100シリーズで唯一換算200mmの望遠域を獲得しているのが最大の特徴、これが今持っているM3でも正常進化のM5でもなくM6を選んだ大きな理由です。


M3と比べて、ネガティブな部分(=暗いこと)は気にならない

レンズが暗くなったっていうネガティブな記事も見ますが、個人的にはあまり気にならないです。それは

  • 明るいって言っても、所詮は1インチ。夜景とかではどっちにせよ三脚必要
  • 風景写真を撮る時、結局絞る

f:id:acht_neosee:20181205195219j:plain

例えばこんな写真ね

自分の中ではM3の開放は、寄ったときは結構良い感じでボケますが、やはりボケメインで撮るには1インチは役不足。それよりも、耐高感度や望遠域が魅力に思いました。

  • 別にボケないわけじゃない

f:id:acht_neosee:20181205195247j:plain

誤解の無いよう言っておきますと、M6でも条件を整えればこれ位のボケはわけないです。

ちなみにネットで寄れないみたいな記事もみますが、実は、最大撮影倍率もM6の方が上みたいです。途中の望遠域を使う形で最広角側ではないので、ちょっとコツがいるみたいですけど。

 

とまぁ、暗いレンズだから使えないと思うことが僕にはあまりないので、一切気にならないです。


タッチパネルAFが最高に使える

RX100シリーズは小型のコンデジながら、細かい設定も出来て、その汎用性自体は一眼レフやミラーレス一眼とそれほど変わり有りません。ただボタンの数が限られるので、瞬間的な設定等の変更は少し苦手。そんな中、僕が一番不満に思っていたのがフォーカス位置の変更でした。
それがM6で導入されたタッチパネルにより、瞬時にフォーカス位置を変更出来るようになりました。EVF使用時でも、使えます。
一度これに慣れてしまうと、もう他のRXシリーズに戻れない…。それくらい、便利で大活躍します。

 

今度、撮った写真もアップするよ

乗り換えって書いたけど、実はまだちょっとの間だけM3も持っている予定です。
撮り比べしたら、正式に手放そうと思います(売却しないとお金が…)

また撮り比べした際に感じたことを、書けたらなと思います。