カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

ROMEOの金属軸!伊東屋 ROMEO No.3 ボールペン 細軸 (ファインブラッシュ)購入しました

どうも、は→とです。

 

今回はまた文房具回です。

結構色んな文房具買ったのですが、全然紹介する時間無いので、今日は1本だけ。

 

伊東屋から出ている、これです。

www.ito-ya.co.jp

 遂にROMEOに手を出しました!それも金属軸に!

 

他の買ったのはとりあえず過去のまとめに、そのうち更新させておこうとは思っています。

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

ha-arrow-to.hatenablog.com

 

ROMEO No.3自体は知っている人多いとは思いますが、皆んなが良いって言っている意味がよく分かりました。本当にオススメです(値段さえ許せばね)。

 

 

商品概要

まずはいつもの概要から。

f:id:acht_neosee:20220316124030j:plain

商品名:ROMEO No.3 ボールペン 細軸 (ファインブラッシュ)
品番:R2BJ04
インク:ゲルインク
色:ガンメタル、ヴィンテージローズ(僕が購入したのはガンメタル)
材質:真鍮+メッキ、アクリル
方式:回転繰り出し式
リフィル:ロメオ ボールペンリフィール GEL芯 ブラック (G2規格)

すごくシンプルに言うと、ROMEO No.3(細軸)の金属モデルです。

アクリル製のボディも綺麗だとは思うのですが、あのキラキラした感じが仕事で使うにはどうかなと思っていたのと、ペン先と胴中央のメッキ部分のシルバーが結構目立つ感じがしたので、これまで購入をずっと躊躇しました。

今回の金属モデルは単色で色合いも落ち着いた感じのモデルだったので、一目惚れして購入に至りました。ホームページを見てみると、天冠の作り等もちょっと変わっているらしいです(アクリル軸の方持ってないので、比較はできません)

 

ちなみにROMEO自体をちょっとだけ説明すると、伊東屋オリジナルブランドとして大正時代に出した万年筆がROMEO、2004年に復刻じゃないですけど当時のデザインを強襲して作られたのがROMEO No.2、そして2009年にボールペンとして作られたのがROMEO No.3です。100年以上の歴史があるんですね。2022年現在多機能ペンのROMEO No.4まであります。No.3は細軸・太軸に加えて色んなバリエーションがあり、廃盤ですけどシャープペンシルも有ったみたいです。

手元に届いてウキウキです。早速紹介していきたいと思います。

 

開封

f:id:acht_neosee:20220316124007j:plain

伊東屋の袋に入って届きました。当然プチプチで厳重に梱包されていました。

f:id:acht_neosee:20220316124009j:plain

外箱。同色の黒なので目立ちにくいですが、ROMEOの印字があります。

f:id:acht_neosee:20220316124012j:plain

内箱。しっかりした作りで、ホームページを見てみると、リサイクルレザーとMDF素材で作られているとのこと。小物入れとしての使用も想定しているそうですが、とりあえず保管しておこうと思います。

f:id:acht_neosee:20220316124015j:plain

中の箱を開けた状態です。内部にも緩衝用の内蓋がありました。他には保証書や説明書関係。

f:id:acht_neosee:20220316124017j:plain

金属製の軸部ですが、ヘアライン加工がされています。アクリル製と同じ部位(ペン先、胴体中央、クリップ、天冠)はメッキでこれまで通りの光沢でした。ただ今回はシルバーメッキではないので、すこし落ち着いた色でそこまで主張は激しくないです。

f:id:acht_neosee:20220316124038j:plain

はい、ペンの全景です。美しいですね。どこかレトロな感じもするこのデザインだけで、所有欲を満たしてくれます。ちなみにこの金属軸は、細軸しか有りません。

じっくりと眺めていたいですが、さっさと進めていきましょう。

 

詳細

次は各部を少しだけ。

f:id:acht_neosee:20220316124022j:plain

天冠部分。時計の竜頭をイメージしているそうです。ここを回すと、ペン先が出てきます。このモデルは天冠の丸い部分だけ、アクリル製になっています。本体に合わせて、黒に近い濃いグレーでした。

メッキ部分がかなり鏡面で、反射でカメラとか映っているのはご愛嬌。

f:id:acht_neosee:20220316124041j:plain

クリップの先は丸くなっています。板を折り曲げて丸くしているのではなく、完全な球状なので、挟んだものを傷つける心配は有りません。流石高級ペン。

f:id:acht_neosee:20220316124027j:plain

中央のメッキ部分にはROMEOのマークとNo.3の刻印。基本的デザインはアクリル製となんら変わりません。

f:id:acht_neosee:20220316124033j:plain

金属製になり総重量は重くなりましたが(公称でアクリル製が25g、金属製が44gなのでなんと19gもアップです)、重心バランスはリングの部分に来ておりここも従来と変わっていません。44gというとペンとしてはかなりヘビーだとおもうのですが、ROMEOの特徴である、親指と人差し指の間に乗るというこの重心のおかげで、不思議と書いていて疲れません。

ちなみに僕の撮影技術の関係上、ペンの色が写真によって結構変わって見えるのですが、一番実物に近いのは、上の写真かと思います。

 

書き味

これはもうね、文句なしです。もともとROMEO No.3は書きやすい事で有名ですが、このファインブラッシュも間違いなく書きやすい。まだ購入して全然経っていませんが、持っているペンの中で間違いなくトップクラスだと思います。

リフィルに関しては、通称パーカータイプと呼ばれるG2規格。

最初に入っていたのはやや太字のゲルインクだったので、気になる人は伊東屋自慢のROMEO用のeasy FLOWでも良いですし、人気のジェットストリームだって使えます(他リフィルのペン先のガタ付き等は確認していません。ジェットストリームの0.5mmだけ持っていたので入れ替えてみましたが、純正と変わらずほんの少しカチャカチャと音がなるくらいのガタ付きが有りました)。

細かい字を書くには向いていませんが非常に滑らかで今のインクも気に入ったので、とりあえずインクを使い切るまでは、今のままでいこうと思っています。

 

まとめ

f:id:acht_neosee:20220316124043j:plain

ROMEO No.3はアクリル製も最近値上がりしたのですが、このファインブラッシュは金属だけあって、値段が2022年3月現在で税込¥18,700もします。完全に、高級ボールペンの類です。海外製でもっと高いペンも一杯有りますが、この金額を安いと言っちゃう人は、沼に完全に浸かってますね。

ただ個人的には、この値段でも大満足な逸品です。

アクリル製含めROMEO No.3はネットではなかなか在庫が不安定ですが、近くに置いてある店がある時は、是非手に取ってみてください。僕ももっと早く出会っていればなと思いました。

 

 

また更新が空いてしまうかもしれませんが、ゆっくりのんびりとやっていきたいと思います。

最近ペンケースに合わせてスタメンを練っている所(ほぼ確定)なので、またいつか紹介したいな。

 

取り敢えず今回はこれ位で。

 

ではまた。