カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いています。たまに、他の事も書いてます。

2014年のお気に入りの写真

どうも、は→とです。

 

この年はお出かけをする機会が多くありました。

沢山写真を撮ったというのもありますが、僕にとってカメラ人生が大きく変わった年でもあります。

それでは早速、紹介していこうと思います。

 

f:id:acht_neosee:20200813111719j:plain

この年は正月休みから早速遠出。

「モーニングが食べたい」という不純な動機で、愛知まで。

 

f:id:acht_neosee:20200813111733j:plain

犬山城明治村を日帰りという強行スケジュールです。

 

f:id:acht_neosee:20200813111753j:plain

初めての明治村でしたが、凄く良かったです。ただ、余りに無鉄砲な計画で、1日で全てを回りきれる大きさではなかった為、この日は途中で切り上げることとなりました。

 

f:id:acht_neosee:20200813111813j:plain

帝国ホテルと、この教会が気に入って、一番長くいました。

 

f:id:acht_neosee:20200813111840j:plain
f:id:acht_neosee:20200813111900j:plain

やはりD90では手持ち撮影に限界がありますね。もう覚えていませんが、レンズ側にも手振れ補正機能付いてなかったのかな。

 

f:id:acht_neosee:20200813111921j:plain

凄く良い所だったのでまた来たいなと思い、実際2019年にまた来ることが出来ました。その時の写真はまた今度。

 

 

f:id:acht_neosee:20200813111942j:plain
f:id:acht_neosee:20200813111956j:plain
f:id:acht_neosee:20200813112010j:plain

子供がくまモンが好きだったので、ゆるキャラのイベントへ。この子たちは節度ある状態だったのですが

 

 

f:id:acht_neosee:20200813112121j:plain

なぜかバリィさんだけ無法状態でした。

人気者ですね。

 

 

f:id:acht_neosee:20200813112142j:plain

大阪府民でありながら、あまり足を踏み入れたことが無かったスカイビル。多分当時はより、北側へのアクセスが不便だったからでしょう。

 

f:id:acht_neosee:20200813112158j:plain

折角なので、身バレしないような子供のショットも。

 

f:id:acht_neosee:20200813112216j:plain

伊勢神宮にも行きました。今見返すと、結構色々出かけててビックリします。

 

f:id:acht_neosee:20200813112234j:plain

この写真自体は別に何の変哲も無いものですが、僕のカメラ人生で大きな転換期となります。

それは、Xシリーズを購入したこと。

買ったのはX-T1だったのですが、この機種で、随分カメラの仕組みを学ぶこととなりました。そして、深く沼へ落ちてゆくのでした(笑)

 

f:id:acht_neosee:20200813112255j:plain

夏休みに旅行へ行くために買ったのですが、いきなりぶっつけ本番は不安だったので、いくつか試し撮り。当時は上のような仕上がりになる機能(FUJIはアドバンストフィルター)が付いているカメラを使ったことがこれまで無かったため、物珍しさから意味もなくこういった写真を量産していました。

 

f:id:acht_neosee:20200813112312j:plain
f:id:acht_neosee:20200813112328j:plain

これはジオラマモード。

 

f:id:acht_neosee:20200813112427j:plain

いざ、長崎へ旅行へ。まだこの機能引きずってますね(笑)

今はアドバンストフィルター全然使っていませんが、今見てみると、曇り空のようなシーンでは結構良いかも。

 

f:id:acht_neosee:20200813112450j:plain

当然カメラを変えたら、レンズも買うわけで。早速広角レンズも購入しております。APS-Cとはいえ、なかなかの出費です。

 

f:id:acht_neosee:20200813112510j:plain

 

f:id:acht_neosee:20200813112529j:plain

今回の蔵出しに当たりjpegを色々弄っていますが、FUJIは標準ズームレンズでも非常に優秀です。

 

f:id:acht_neosee:20200813112547j:plain

これは過去に大分弄っています。霧だらけで、肉眼ではもっと全体的に白かったです。

 

f:id:acht_neosee:20200813112625j:plain
f:id:acht_neosee:20200813112645j:plain

作られた年代的な進化も勿論有るのですが、今まで持っていたカメラと比べてFUJIの画質の良さに惚れ惚れします。ただ当時のX-Trans CMOSは鮮やかすぎて若干色飽和気味。

 

f:id:acht_neosee:20200813112710j:plain

この日は精霊流しをやっていました。勝手に灯籠流しみたいなものかなと思い込んでいたので、爆竹と終わった後の壮絶な光景が「…デモ?」みたいな状態だったので、ビックリしました。 

 

f:id:acht_neosee:20200813112728j:plain

次の日には道路が綺麗になっていて2度ビックリ。これは有名な眼鏡橋です。

 

f:id:acht_neosee:20200813112747j:plain

何屋さんだったっけな?

 

f:id:acht_neosee:20200813112805j:plain

大阪での一コマ。構図的には時計の柱を左右どちらかにもうちょい寄せて、角度を変えて空きスペースに後ろに写っている観覧車を持ってくるのが多分正解でしょう。
そうではなくこれがいいなと思ったのは、標準ズームレンズでも手持ちでそこそこ暗い場所でも撮れるという事が分かったから。夜景撮影に興味を持ち始めたのがこの辺りからです。 

 

f:id:acht_neosee:20200813112825j:plain

 比較的明るめのイルミネーションなら、何ら問題はありませんでした。

 

 

f:id:acht_neosee:20200813112843j:plain

場所は変わって有馬温泉。車で行ったのですが、駐車場が駅の近くだったので、電車を一枚。なんか旅行の雰囲気出ます。繰り返しますが車で行きましたが…。

 

f:id:acht_neosee:20200813112906j:plain

やはり色飽和気味。でも、もともとの紅葉が赤すぎたのもあるので。描写力は申し分なしです。

 

f:id:acht_neosee:20200813112923j:plain

ご飯食べたところ。おしゃれなところでした。

 

f:id:acht_neosee:20200813112940j:plain

なんか色んなところでポスト撮っている気がします。

 

f:id:acht_neosee:20200813113001j:plain

予定にはありませんでしたが、 発見したので。子供がいるので丁度いいと思いふらっと立ち寄ってみたのですが

 

f:id:acht_neosee:20200813113021j:plain

大人にとっても非常にテンションの上がるものになっておりました。

 

f:id:acht_neosee:20200813113042j:plain

ノイシュバンシュタイン城。いつかは行ってみたいな。

 

f:id:acht_neosee:20200813113106j:plain

 本物の景色のように、構図を考えながら色々撮っていました。

 

f:id:acht_neosee:20200813113138j:plain

 同じ兵庫なはずですが、ちょっと違うところだったような。大分画像弄っていますが、細かな描写も中々なものです。

 

f:id:acht_neosee:20200813113216j:plain

毎年のように行っている地元の施設。今まで沢山の写真がありますが、やはりこの年になってから、絵になったかなと思う写真が多くなった気がします。X-T1のおかげですね。 

 

f:id:acht_neosee:20200813113237j:plain
f:id:acht_neosee:20200813113257j:plain

大分3分割法に慣れてきたのかなって思う写真が増えてきました。 

 

f:id:acht_neosee:20200813113319j:plain

 これも写真としては特に面白みのないものですが、APS-Cとはいえ、初めてF1.4のレンズを手に外出した日のものです。順調に沼へハマっていっております。当時のX-T1は電子シャッターのバージョンアップ前で、シャッタースピードの最大は1/4000まで。ISOも常用200からの為、中々絞りを最大に開けず、色々試行錯誤していたような記憶があります。

 

f:id:acht_neosee:20200813113340j:plain

当時の結論

「曇りを狙え」(笑)

 

f:id:acht_neosee:20200813113405j:plain

これは当時カメラの事を調べている時にネットでピンホールカメラを知り、「やってみたい」と思って試してみたもの。レンズキャップに小さな穴が開いているだけの、レンズが無い状態で撮影した写真です。今のミラーレスはISOを大きく上げれる上、モニターで状態を確認しながら撮影が出来るため、ピンホールカメラとして非常に相性のいいものになりました。

 

f:id:acht_neosee:20200813113423j:plain

光の屈折が凄い。

各社、こんなものと戦っているんだと、改めて現代の光学技術に関心します。

 

f:id:acht_neosee:20200813113445j:plainレンズが無くても思ったより像を結んでいて、カメラって面白いです。

 

f:id:acht_neosee:20200813113502j:plain

御堂筋での一コマ。編集で色を濃くしすぎました。

 

f:id:acht_neosee:20200813113521j:plain

APS-Cの35mmは個人的には非常に使いやすい。今でも一番使っているレンズです。

 

f:id:acht_neosee:20200813113538j:plain

多分、人間の視覚より狭いから色んな要素を削れて、まとまりが良い写真になるからなんでしょうね 。

 

f:id:acht_neosee:20200813113556j:plain

この年一番お気に入りの夜景。これは手持ちですが、三脚に興味を持ったのがこの辺りでした。

 

2014年の写真はこれ位で。

ではまた。