カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いていこうと思います

7artisans 50mmF1.8 実写レビュー(後編2)

やっと出来ました。その分ちょっと枚数多めでお届けします。

 


どうも、は→です。

 


前々回の外観レビュー、前回の35mmF1.2のレビューと続いて、今回はartisans 50mmF1.8の撮影した感想を紹介します。



外観レビューで書いた通り、形状はHengyijia(ヘンイージア) 25mm F1.8と同じようなスタイルで、非常に小型軽量。望遠でこの大きさ、この明るさは素晴らしいです。

今回はHengyijiaとよりスタイルを合わせるためフードを追加購入して、撮影に出かけました。

f:id:acht_neosee:20180422235812j:plain

最初に出かけてから3週間位経っています。例のごとく、説明の為の順番で掲載するため、季節感がメチャクチャですがご了承ください。


目次


ボケが綺麗

f:id:acht_neosee:20180422120058j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120116j:plain

開放状態での写真はこんな感じ。純正は開放でも解像感が抜群なので、ここは若干ふわっとしている分負けますが、ボケが綺麗で、更にこのレンズはF値が純正よりも明いのが特徴です。

 

f:id:acht_neosee:20180422120147j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120204j:plain

うるさくなりそうな背景でも、自然と溶けるように輪郭が消えてくれます。2線ボケみたいなのとは無縁。


解像感も高い

f:id:acht_neosee:20180422120225j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120242j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120257j:plain

絞ればこんな感じ。元々純正のXF50mmF2も小型軽量で写りも抜群、余り話題になっていませんが僕の中ではXシリーズのレンズの中でトップクラスの性能を持っていると思っているのですが、このレンズもかなり頑張っています。
解像感は、素人目には違いが余り分かりません。

f:id:acht_neosee:20180422120316j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120332j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120348j:plain

歪みも無いですね。
建築物の撮影にも使いやすい。


空の感じ

f:id:acht_neosee:20180422120409j:plain

マウントアダプターを介して、換算60mmのヘリアーを使った時もそうだったのですが、何故か青が若干くすむ時があります。
フジはどちらかというと標準のプロビアでも綺麗な青が出るのですが、まるでクラシッククロームで撮ったような青。センサーとの相性でしょうか?

f:id:acht_neosee:20180422120425j:plain

これでちょっとましかなって程度で、

f:id:acht_neosee:20180422120444j:plain

ベルビアにしてやっとプロビア位になります(赤みはベルビア)
そこそこ絞っていたはずですが、周辺減光はやっぱり有りますね。


夜の感じ

f:id:acht_neosee:20180422120507j:plain

夜景もレンズが明るいので、結構いけます。
ただ望遠なのでそこそこシャッタースピードが必要なのと、当然手振れ補正なんかは付いていないので、さすがに暗すぎる所ではぶれちゃいます。
もっと腕を上げねば…

f:id:acht_neosee:20180422120534j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120549j:plain

 

 

f:id:acht_neosee:20180422120606j:plain

これは台に乗せただけですが、三脚等で固定すれば、絞った夜景はこんな感じです。
絞り羽根が多いので、光芒も綺麗ですね。


光の耐性について

前回のレンズと比べると全然優秀ですが、やっぱり安物中華製レンズだと、コーティング技術はまだまだのようです
各社の技術が凄いことが間接的に分かりますね。

f:id:acht_neosee:20180422120631j:plain

これくらいなら色乗りもよく綺麗ですが、

f:id:acht_neosee:20180422120647j:plain

流石に太陽に向けて撮影すれば、ゴーストも出ます。

f:id:acht_neosee:20180422120703j:plain

意地悪な撮り方すればフレアも出ますが、一日撮影していて、ここまでフレアが出ることはほぼ無かったので、今回はそこまで気にする必要はないかもしれません。


まとめ

感想としては、非常に優等生。

MFであること(僕はそれが良いから買ったんだけど)、防塵防滴がないこと、開放がちょっと甘いこと、純正より逆光耐性が弱いこと位が弱点かな。
小型なXF50mmF2よりも更に全長が短いこと、開放がF1.8もあること、ボケが非常に綺麗なことが長所です。とくにこのボケはポートレートに使えそう。娘が動くから大人限定だろうけど(笑)

運用で考えていた、Hengyijia 25mm F1.8との2本持ち出しの相性が凄く良いです。
どちらもレンズにクセが無く、レンズ交換をしても同じスタイル・操作性でストレスなく使えます。

MFレンズを使ってみたい人には、オススメです。
腕を磨くためにも、これからもこのレンズを使っていこうと思います。

最後に撮ったけど紹介しきれなかった写真を何点か。
レンズの性能を知る参考になればと思います。

 

ではまた

 

f:id:acht_neosee:20180422120733j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120750j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120810j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120831j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120846j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120904j:plain