カメライフログ

主に、カメラに関する事について書いていこうと思います

ウルトレックをドレスアップ SUNWAYFOTO(サンウェイフォト) FB-28iレビューとあと色々

ぐもにあふたいぶにーん は→とです。

ベルボンから、アルカスイス互換の三脚が発売されましたね。
自社規格のクイックシューは人気無かったのでしょうか。

新しく発売されたのはトラベル三脚のUTC-53 Ⅱ ASとUT-3AR

 僕も、ウルトレックのUT-43Qをアルカスイス互換の雲台に換装して使っています。

そこで今使っているおすすめの雲台と、その他アルカスイス互換の商品を紹介したいと思います。

 

目次

 


三脚は小さいほうがいい

 

僕が現在使っているカメラは、FUJIFILMのXシリーズ。ミラーレス一眼です。

ブログでも何回か出てきていますが、今はほぼX-Pro2を使用しています。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

 

あと、コンデジでこの前買ったSONYのRX-100M6がサブという立ち位置かな。

 一眼レフはもう結構前に手放しました。

 

大きいと、持って行かなくなるからね

 

カメラは趣味程度の僕には、どうも小さいシステムの方が自分のスタイルに合っているようです。

X-Pro2は横幅とかはそこそこあるかもしれませんが、薄さは一眼レフと比較するまでもなくミラーレスの方が有利ですよね。
また、X-Pro2はグリップが小さく、ファインダーも出っ張ってないので、バッグへの納まりが良いんですよね。
同じAPS-CでもSONYとかの方が全体的には小さいんだけど、カメラが箱の形をしてないから、結局かさばるんだよなぁ…


少し話がそれましたので、戻します。


上記のようにカメラが小さいので、三脚も小さく、そして持ち運びやすいのを選びました。

愛用しているのは上に書いたようにVelbon(ベルボン)のUltrek(ウルトレック)UT-43Q。無茶苦茶伸縮率の高い、素敵三脚です。

 これのレビューは吐いて捨てるほどこの世に存在するので、気になる人はそっち参考にしてください。


ウルトレックの中で耐荷重は一番小さい三脚ですが、X-Pro2なら問題なく運用できます。
大きさ・機能性も非常に満足しているのですが一つだけ不満点。それは…


ベルボンのクイックシューであること


アイデンティティーの否定みたいな言い方でスミマセン。ダメなんじゃなくて、好みの問題なんです。

 


アルカスイス互換がいい

 

ベルボンのクイックシューは、写真ではこんな感じ。

f:id:acht_neosee:20190228005030j:plain


ワンタッチで取り外しが出来るし保持性も強いので、固定に関して問題はありません。
どちらかというと、アルカスイス互換の固定方法にメリットを感じており、それが使えないことが不満というか、それだけです。


ほんと今更ですが、アルカスイスの方式というのはクランプで

f:id:acht_neosee:20190228005053j:plain

こんな形になっていて溝に爪をひっかけるものです。機構自体はシンプルなもので、似たような商品が作りやすいんでしょうね。加えて、多少寸法が違っていても大体固定できてしまいますので、他社も類似品をいっぱい作っており、これがアルカスイス互換です。
本家は信頼性も固定力も抜群みたいですがいかんせんお値段が張りますのと、比較的大きめの商品が多い気がします(は→と調べ)。
僕が今回話すのは、類似品の互換性のある製品だということを予めご理解ください。


さてそんなアルカスイス互換ですが、メリットが一杯あります(と僕は考えます)。

まず先ほど紹介しましたように、類似品が作りやすいので、互換製品がたくさん市場に溢れています。なので、選択肢の幅が大きいです。
本家に拘らない人は、安くてもいい商品が見つかりやすいので、目的に合わせて欲しいものを揃えやすいですね。

上にも書いたように機構がシンプルなので、故障の心配も非常に少ないです。

 

そして僕が一番メリットに感じている部分が、プレートの方です。

 

皆さんはカメラの外付けグリップを付けたことがありますか?
色んな商品が出ているのですが、それにアルカスイス互換の引っ掛け用の溝が入ったものが、非常に多いのです!!
これが最も魅力的な部分。三脚固定用のプレートをわざわざ付けるのではなく、対応のハンドグリップを付けていれば、それだけで三脚に固定できますからね。
プレートがあるからカメラを置くとき不安定になる、というのもありません。

 


SUNWAYFOTO FB-28i

 

ウルトレックの雲台は専用でかなり小さめに作られており、同様のサイズの自由雲台はそれ程種類が多くありません。

そんな中で僕が気に入って使っているのが、今回紹介するSUNWAYFOTO(サンウェイフォト)のFB-28iという雲台。中国製です。

 

レンズも他社の中国製を別の記事で紹介しているし、ほんと中国製にも性能の高いカメラ関連の商品が多いですね。

さて、購入してからしばらく経っているのですが、購入当時写真撮っていたので、少し紹介します。

f:id:acht_neosee:20190228005330j:plain

f:id:acht_neosee:20190228005348j:plain

開封時。SUNWAYFOTOのラインナップの中でも小さい雲台です。

 

f:id:acht_neosee:20190228005406j:plain

両者の比較。ウルトレックの雲台の方が細く、FB-28iの方が低いです。

 

f:id:acht_neosee:20190228005439j:plain

換装の際には、ネジ経が違うのですが付属でアダプターが入っていますので、問題なくウルトレックにも付け替えれます。


収納の仕方は純正とちょっと変わります。
専用雲台の場合は、プレートの部分を折り曲げて足の間から出す形でしたが、FB-28iではさすがに再現できません。
写真のように、プレートはそのままの状態で足を折り曲げて収納します。石突からはみ出ている分ちょっとだけ縮長が長くなりますが、もともとウルトレックの縮長が30cmを切っているので、僕はそれほど気になりません。

f:id:acht_neosee:20190228012348j:plain


 

アルカスイス互換で統一

 

先に書いたように、アルカスイスの互換品はたくさんある上、システム的にプレートの方は溝だけで済みますので、手持ちのものを全部アルカスイスで統一することが結構簡単に可能になります。

なので、スマホやRX-100M6でも三脚で運用出来るように、色々買いました。

まずはulanziのST-03。折り畳み式のスマホスタンドです。

f:id:acht_neosee:20190228005525j:plain


開封状況です。

f:id:acht_neosee:20190228005631j:plain


展開すると、こんな形になります。

f:id:acht_neosee:20190228005653j:plain

f:id:acht_neosee:20190228005708j:plain

 

スマホに取り付けると、こんな感じ。

f:id:acht_neosee:20190228005729j:plain

f:id:acht_neosee:20190228005743j:plain

 

f:id:acht_neosee:20190228005826j:plain

アルカスイス互換の雲台に取り付けられるので、このスタンドを持っているだけで、三脚にスマホが取り付けられます。(あれ、別のアルカスイス互換の雲台が写っているぞ?今回は紹介するつもりないので、スルーしてください 笑)

f:id:acht_neosee:20190228005851j:plain

溝にがっちりはまっていて、固定力は抜群です。
僕はあまり動画は撮らないのですが(メモリの関係もあるしね)、タイムラプスやスローは遊びで撮ることもあります。
そんな時、このスタンドは便利です。すごく小さいので、ポケットやバッグの隅っこに忍ばせておけるのもポイントですね。

 

次は雲台と同じSUNWAYFOTOのPT-26。超小型のプレートです。

SUNWAYFOTO クイックリリースプレート PT-26 [正規日本代理店]
 

 

開封前の写真は撮り忘れましたが、通常サイズのプレートと比較してもこれ。ネジに溝が切ってあって、コインで取り付け出来ます。

f:id:acht_neosee:20190228010132j:plain

f:id:acht_neosee:20190228010100j:plain

これは、RX100M6用に購入しました。
これだけ小さければ、コンデジに付けていても邪魔になりません。

f:id:acht_neosee:20190228010152j:plain

f:id:acht_neosee:20190228010208j:plain

 


まとめ

 

f:id:acht_neosee:20190228011104j:plain

これでX-Pro2、RX100M6、スマホ、全てが三脚で運用できるようになりました。
現在三脚を持って出かけること自体、それほど多いわけではありませんが、夜景など必須の時はあります。
先日NDフィルターも購入し、長時間露光に興味があるので、沢山使っていこうと思います。

御堂筋歩きました

あけましておめでとうございます。
今年も、ゆっくりとブログ更新をしていこうと思います。


今回の内容ですが、年末に2回ほど大阪市内に行く機会がありましたので、FUJIFILMのX-Pro2とSONYのRX100M6を持って、撮影してきました。
掲載順は、一部時系列ではありませんのでご了承ください。

 

目次

 

 

出掛ける前に


前回の記事で書いたRX100M6ですが、ちょっとドレスアップしました。
興味ない人は、飛ばしてください。


買ったのは、Lim'sのメタルグリップレザーカメラハーフケースです。

f:id:acht_neosee:20190103121240j:plain

M3の時から僕の手にはちょっと小さすぎてハンドグリップが欲しいなとは思っていたのですが、純正のグリップでは小さすぎて大きな改善はしないかなと躊躇していて、他に何か良いもの無いかなと探していたところこれを見つけました。

f:id:acht_neosee:20190103121315j:plain

まず見た目が凄くカッコいい。金属部分はマットな感じで、RX100M6によくマッチしますし、程よい重量に高級感があります。
カメラが触れる部分は赤糸で同じく高級感があり、見えなくなるのが残念なくらいです。

f:id:acht_neosee:20190103121353j:plain

 

f:id:acht_neosee:20190103121413j:plain

装着はコイン要。バッテリーやSDカードを交換する際は、人によっては面倒に感じるかも。

 

f:id:acht_neosee:20190103121506j:plain

f:id:acht_neosee:20190103121522j:plain

f:id:acht_neosee:20190103121540j:plain

装着状態です。

 

f:id:acht_neosee:20190103121603j:plain

実際に持ってみると、めちゃくちゃ保持力が高くなります。グリップ部の出っ張りが結構あるのと、薬指までしっかり掛かるのが大きいです。それでも収納時のレンズよりは出っ張っていないので、コンパクトさがそこまで失われないのが良いです。

f:id:acht_neosee:20190103121621j:plain

こんな感じで、指が掛かっています。

f:id:acht_neosee:20190103121640j:plain

実際こんな持ち方はしませんが、掛かりが十分あるので、親指と中指の2本だけで充分カメラを支えられます。カメラをしっかり持てると手振れにも強くなるので、これは本当にオススメです。

 

写真紹介

 

それでは本題、撮影した写真の紹介です。
上でRX100M6のアクセサリを紹介しておきながら、今回それほどRX100M6では撮っていません。

持ち出した構成は、
FUJIFILM X-Pro2
・XF10-24mmF4 R OIS(ソフトフィルターの写真はこれ)
・XF23mmF2 R WR
・XF56mmF1.2 R
SONY RX100M6
・Velbon Ultrek UT-43
設定やどのレンズで撮ったかの解説はしませんが、比較的XF10-24の写真が多めです。

今回は主に、イルミネーションが目的で出掛けました。
ほんとはHDRとか比較明合成とか、レベルの高いことが出来ればよかったのですが、何気に御堂筋って歩くと結構掛かるんですよね。今回は難波から北上コースだったのですが、

梅田まで約4km程あるので、ただ歩くだけでも1時間位掛かります。
帰る時間もあり、時間が限られていたので今回はソフトフィルターを買ったのでそれと、長時間露光の練習の為です。
三脚が結構荷物になっていたのと、レンズを頻繁に変えるのが大変だったので、特に23mmF2に至ってはほぼ使いませんでした。


まずは昼間に何枚か。

f:id:acht_neosee:20190103121849j:plain

初めて入ったなんばスカイオ。左の建物ですね。出来てから何度も前は通っていたのですが、なんか細長いビルが出来たな程度にしか思っていなかったです。
好きなブランド店が入っていたことを知り、結構お気に入りの場所になりました。

f:id:acht_neosee:20190103121906j:plain

この辺りはX-pro2を使わず、ズームで遊んでいました。やっぱりサブでも使えるRX100M6を選んで本当に良かった。

f:id:acht_neosee:20190103121924j:plain

f:id:acht_neosee:20190103121948j:plain

 

 

f:id:acht_neosee:20190103122006j:plain

暗くなってきだしたので、いよいよ御堂筋散歩スタートです。


帰ってきてから思ったのですが、結論を先に言うと、

ちょっと失敗しました。


風景を撮る時は自然と絞るクセがありまして、今回も結構がっつり絞ってしまいました。
ソフトフィルターと絞りはあまり相性が良くないですね。光芒が汚いです。
また、フジはダイナミックレンジを大きくしようとするとISOも大きくしないといけないのですが、そのせいでシャッタースピードも稼げず、長時間露光をしようとするとF22位まで絞ったりもしていたので、余計ダメでした。


まぁ、勉強にはなったので、次に活かそうと思います。

f:id:acht_neosee:20190103122040j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122053j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122105j:plain



ソフトフィルターの有無が下の2枚。光条が大きくなりますが、やはりフィルターの影響で解像度は落ちます。星空はまだしも、建物も多く写るイルミネーションにソフトフィルターは使い方が難しいですね。

f:id:acht_neosee:20190103122129j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122143j:plain

 

f:id:acht_neosee:20190103122204j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122221j:plain

 

下の写真はXF56mmの開放写真。口径食が大きく、光がレモン型になるのが56mmの特徴です。

f:id:acht_neosee:20190103122247j:plain

 

f:id:acht_neosee:20190103122305j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122317j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122333j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122359j:plain

ここでやっと、圧縮効果を使おうとRX100M6に思い付く。もう中之島まで来てしまっています。
1インチセンサーでも、結構夜景もいけますね。

f:id:acht_neosee:20190103122418j:plain

 

 

f:id:acht_neosee:20190103122438j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122458j:plain

 

今までAdobeLightroomを使っていたのですが、月額制に変わったので使用を断念しています。パッケージ版はもう古くなってX-Pro2も、当然最新モデルのRX100M6のRAWも対応していませんので。傾き調整やファイル容量圧縮の為に使用する位です。

そこでSILKYPIXを新たに購入し、今回初めて使用しました。
結果、まだ慣れていないのと僕の腕が未熟なのもあり、FUJIのJPEG撮って出しの方が圧倒的に優秀で、編集してみたもののほぼ不採用になりました。
唯一大きく印象を変えれたのが下の画像。イルミネーションではありませんが、こういう表現があっても良いですよね。

f:id:acht_neosee:20190103122518j:plain

 

本当は梅田周辺でも、グランフロントやスカイビル辺りも歩いて写真を撮りたかったのですが、そろそろ帰る時間が近づいてきたので諦めました。駅の上の、時の広場だけ撮って地下鉄でスタート地点まで戻ります。

ここだけXF23mmの使用が多かったです。

f:id:acht_neosee:20190103122545j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122603j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122621j:plain



難波に帰ってきたので、なんばパークスで何枚かパシャリ。一番上だけ、RX100M6のHDRで撮ってみました。次回はこんな写真をFUJIで撮りたいなぁ…

f:id:acht_neosee:20190103122658j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122713j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122733j:plain

f:id:acht_neosee:20190103122804j:plain

 


まとめ

 

というわけで、今回の写真紹介は以上です。課題は見えたので、もう少し夜景撮影のレベルアップがしたいのと、せっかく買ったSILKYPIXを使いこなしてもっと色んな作品が作れるようになれたらと思います。

ではまた

RX100M3とM6の比較

ぐもにあふたいぶにーん は→とです。


本日は、RX100M3とM6の撮り比べです。

 

目次

 


初代~M6までのおさらい

 

まず始めに、今更説明するまでも無いですがRXシリーズは初代から最新のM6まで、M5Aも含めると実に7台ものラインナップがあります。

中にはM3とM6どちらにしようか、迷っている人もいるんじゃないでしょうか?
M3はRXシリーズで初めてEVFが内蔵されたカメラで、M3~M5まで続くレンズ構成の最初のモデルです。勿論まだまだ一級品。
価格が大分こなれてきまして、高級コンデジとしても手を出しやすくなったのではないでしょうか?(最近、金銭感覚がマヒしてきました)
ビデオ機能が最新のカメラと比べると少し見劣りしますが、逆に言うとスチルメインの方には最適なモデルです。

M6はRXシリーズの最新モデルで、初の換算24-200mmの高倍率ズームを搭載した全部乗せカメラです。RXシリーズは初代から最新のM6まで全て併売されており、今回のM6も機能は進化した部分が多いですが単純な進化ではなく、カメラを知らない人にはどれがどんなカメラか、ちょっと難しいかもしれませんね。

個人的には、今買うポイントは

  • 初代
SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

 

 とにかく安い。安いは正義。これと2代目は換算28-100mm(F1.8-4.9)で、ちょっと望遠域が欲しい人にもありかな。

 

  • M2

 初の裏面照射型。今買うなら唯一搭載しているホットシューが特徴。
逆に言うとホットシューが無いと困る人以外は、あまり需要がないかと。

 

  • M3
SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

 

 EVFがあって明るいレンズで一番安いモデルが欲しい人はこれ。ここから3代(今回M5Aは5代目に含みます)は換算24-70mm(F1.8-2.8)になります。
価格も下がってきているので、今が買い時という記事もよく見かけます。

 

  • M4

センサーが変わって、主に動画機能が強化されたモデル。勿論写真機能にも反映されていますが、(大分主観が入っていますが)値段を考えると今買うには他モデルに比べて特徴は少し弱いかな。

 

  • M5

 写真も動画も正常進化し、さらに像面位相差AFを搭載し、AF性能が大幅進化したモデル。明るいレンズで高性能カメラならM6よりこっち。レンズ構成がM6で大幅に変わったので、初めて後継機としてM5Aが登場しました。

 

  • M6

正常進化ではなく、換算24-200の高倍率ズームを搭載したモデル。性能はあらゆる面でトップクラス。望遠側が欲しい人は、これ一択ですね。

価格を考えなければ、M5AかM6の2択です(最近、金銭感覚がマヒしてきました)

 

撮り比べ

 

寄り道が過ぎました。M3とM6の比較の記事でしたね。

参考になるか分かりませんが、M3を手放す前に、それぞれの写りがどう違うのか、撮り比べに出かけました。
作例としては僕の腕がショボいので、単純な比較写真と思ってください。

ですのでJPEG撮って出しで、設定も特に弄っていません。
※M3にはNDフィルターが内蔵されており、今回オートを切り忘れていたので、シャッタースピードに明らかな違いがある比較写真があります。
ブログレベルでは決して分かりませんが、厳密にいうとフィルター一枚分挟んでいるので、もしかしたら画質に影響があるかもしれません。

 

f:id:acht_neosee:20181218221925j:plain

f:id:acht_neosee:20181218221944j:plain

1枚目がM3、2枚目がM6の写真です。解像感も少し違う気がしますが、細かい比較はしません。(絞りはF4で合わせました)
一番気になるのは、色味です。M3は青みが強く、M6は赤みが強いですね。どちらもホワイトバランスオートなので、センサーがプロセッサー、どちらかの影響ですかね。

 

f:id:acht_neosee:20181218222010j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222027j:plain

先程は換算24mmの広角だったので、今度は70mmで。やっぱり色味が違いますね。
M6はまだ望遠域がありますので、最望遠の200mmの写真が以下です。

f:id:acht_neosee:20181218222055j:plain

描写も悪くないですね。全然使えます。

 

f:id:acht_neosee:20181218222117j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222147j:plain

場所を変えて。やっぱり色味が違う。これはもう、カメラの差で間違いないですね。

f:id:acht_neosee:20181218222212j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222230j:plain

70mmでやっと似たような色味の写真になりましたが、今度は露出に差が出ましたね。
どちらが適正露出か分かりませんが、M3の方が暗く、M6の方が明るいです。
う~ん、ほぼ同じ外観だけど、色々違うカメラだなぁ。

f:id:acht_neosee:20181218222257j:plain

M6の最望遠。圧縮効果が出て、今までのRXシリーズになかった表現が出来るようになりましたね。

 

f:id:acht_neosee:20181218222406j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222553j:plain

夜の写真です。
今度は、M3の方が暖色系になって、M6の方が寒色系です。一体どうなっているんだー

 

ちなみに、
ISO6400で撮ったのが次の写真。耐性上がっているとはありますが、ブログアップ用に圧縮した画像では、違いは感じないですね。

f:id:acht_neosee:20181218222620j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222648j:plain

 


感想と、その他作例

 

思ったより色味が違うことにはビックリしましたが、描写力に違いはそれほど感じなかったのが正直なところ。
前回の記事で少し書いたようにボカし方は違いますがM6でもボケないわけではないですし、同じく中望遠域(70mm付近)を使えば寄った写真も撮れるので、個人的には色々なシーンに対応できるのは、M6かなと感じました。

最後にM6で撮った写真を、いくつか載せておきます。
望遠を活かした写真は、やはりM6ならではですね。

 

それではまた

f:id:acht_neosee:20181218222730j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222745j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222759j:plain

広角端

f:id:acht_neosee:20181218222823j:plain

望遠端

f:id:acht_neosee:20181218222845j:plain

広角端

f:id:acht_neosee:20181218222909j:plain

望遠端

f:id:acht_neosee:20181218222936j:plain

f:id:acht_neosee:20181218222948j:plain

f:id:acht_neosee:20181218223002j:plain

 

RX100M6 購入しました

ぐもにあふたいぶにーん は→とです。

 

 

 

 

 

 

 

 

買っちゃった(笑)

 

 

 

 

 

 


ついでに色々、他にも買っちゃいました。


前回普段持ち歩き用として、コンデジ欲しいなって話したんですけど、結局これにしました。

 

 

 

キヤノンのG1 X Mark IIIもとても魅力的だったのですが、今の僕の使い方では、ちょっとどっちつかずになりそうだったので、今回はパスしました。
普段からの持ち歩きにはちょっと大きいし、本格的に持ち出すならX-Pro2の方が明るいレンズ使えるのでそっちの方がいい。
フルサイズユーザーのサブカメラや、標準域ばかりでレンズ交換をあまりせず、これをメインで使う人の方が向いているのかもしれませんね。

RX100M6はセンサーサイズも個人基準の1インチ以上をクリアしていて、倍率は文句なしの全部乗せカメラ。値段も乗せすぎな所は痛かったですが、RX100M3と操作性も同じで使い勝手も良く非常に満足しています。

ネットとかで見ると、今こそM3を買うべきだ、という記事を見たりもしましたが、僕は乗り換えです。乗り換えたこと自体、勿論後悔も一切ありません。
M3とM6の細かい性能差は他で一杯比較している記事を見るので、ここではちょっとだけ書くと、

・サイズ、重量はM6の方が大きく、重い(わずかね。持っていてそれほど違いは分かりません)
・ズーム域がめちゃくちゃ上がった分、レンズが暗くなった
・ちょっと高感度耐性上がった
・AFとか連射とか、なんか色々性能が向上している
・撮らないけど、ビデオの性能もいっぱい上がっている
・タッチパネルとかワンアクションで使えるEVFなど、その他色々良くなっている

まぁ、悪くなった部分より良くなった部分が多いです。
正常進化で言えばM5なのですが、下記に紹介する色々な理由で、M6にしました。

 

目次

 

買ったもの紹介します


まずは先にアクセサリー類を一応。色々と買ったものを紹介

 

f:id:acht_neosee:20181205194617j:plain

画面の保護は、フィルムではなくガラス派。値段はしますが、耐久性があるのでこまめに張り替えなくて済むことを考えたら、結果的にコスパは良いと個人的には思っています。

 

f:id:acht_neosee:20181205194657j:plain

M3は自作のネックストラップを使っていたのですが、今回はフィンガーストラップにしてみようと思い、購入。もし使い勝手が悪ければネックストラップに戻すつもりですが、出来るだけコンパクトにしたかったので。

 

f:id:acht_neosee:20181205194732j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194746j:plain

持ち出す頻度が上がると思い、バッテリーもサードパーティー製を購入しました。
元々RX100シリーズは本体にUSB差し込んでバッテリー充電出来るので、そもそも充電器が付属していません。
この商品は純正オプションの充電器より小さくて、しかもバッテリーが2個も付属しています。恐るべきコスパ

f:id:acht_neosee:20181205194804j:plain

表裏で、同時に2個充電出来ます。


それではいよいよM6を紹介
箱、開封状態。

f:id:acht_neosee:20181205194833j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194850j:plain

今更なので、みんな他のHPで知ってるよね。

M3との比較

f:id:acht_neosee:20181205194910j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194925j:plain

f:id:acht_neosee:20181205194944j:plain

f:id:acht_neosee:20181205195012j:plain

f:id:acht_neosee:20181205195029j:plain

さらっとね。ほんのちょっとM6の方が分厚くなったけど、ほとんど変わらない。
はい紹介終了


さてそれでは本題。買った理由をいくつか上げていこうと思います。

買った理由

サブカメラとして使える

これも前回書いたのですが、僕のメインカメラはX-Pro2で、そこに小型単焦点レンズを付けています。持っている単焦点レンズの最望遠域は56mm(換算85mm)までで、大きい望遠レンズは多分今後も付けませんしズームも持っていきません。かっこ悪いもん。
なので普段持ちだけでなく、X-Pro2の構成の時も、サブカメラとして持って行けば望遠域はこれでカバーできる。望遠レンズより小さいしね。M6はRX100シリーズで唯一換算200mmの望遠域を獲得しているのが最大の特徴、これが今持っているM3でも正常進化のM5でもなくM6を選んだ大きな理由です。


M3と比べて、ネガティブな部分(=暗いこと)は気にならない

レンズが暗くなったっていうネガティブな記事も見ますが、個人的にはあまり気にならないです。それは

  • 明るいって言っても、所詮は1インチ。夜景とかではどっちにせよ三脚必要
  • 風景写真を撮る時、結局絞る

f:id:acht_neosee:20181205195219j:plain

例えばこんな写真ね

自分の中ではM3の開放は、寄ったときは結構良い感じでボケますが、やはりボケメインで撮るには1インチは役不足。それよりも、耐高感度や望遠域が魅力に思いました。

  • 別にボケないわけじゃない

f:id:acht_neosee:20181205195247j:plain

誤解の無いよう言っておきますと、M6でも条件を整えればこれ位のボケはわけないです。

ちなみにネットで寄れないみたいな記事もみますが、実は、最大撮影倍率もM6の方が上みたいです。途中の望遠域を使う形で最広角側ではないので、ちょっとコツがいるみたいですけど。

 

とまぁ、暗いレンズだから使えないと思うことが僕にはあまりないので、一切気にならないです。


タッチパネルAFが最高に使える

RX100シリーズは小型のコンデジながら、細かい設定も出来て、その汎用性自体は一眼レフやミラーレス一眼とそれほど変わり有りません。ただボタンの数が限られるので、瞬間的な設定等の変更は少し苦手。そんな中、僕が一番不満に思っていたのがフォーカス位置の変更でした。
それがM6で導入されたタッチパネルにより、瞬時にフォーカス位置を変更出来るようになりました。EVF使用時でも、使えます。
一度これに慣れてしまうと、もう他のRXシリーズに戻れない…。それくらい、便利で大活躍します。

 

今度、撮った写真もアップするよ

乗り換えって書いたけど、実はまだちょっとの間だけM3も持っている予定です。
撮り比べしたら、正式に手放そうと思います(売却しないとお金が…)

また撮り比べした際に感じたことを、書けたらなと思います。

単焦点レンズが好きなんだけど、今欲しいのはズームのコンデジっていう話

ぐもにあふたいぶにーん。は→とです。

なんというタイトルでしょう。頭は打っていません。
いたってまじめです。

 

今日は、自分のカメラの構成について、ちょっと考えてみたかったので、頭の整理的な意味で書きたいと思っています。

 

僕は今、富士フイルムのX-Pro2をメインで使っています。

で、それには小型単焦点レンズが似合います。美しいです。

f:id:acht_neosee:20181115185314j:plain


小型ながら、画質もいいです。
最近はズームレンズも良いですが、やはり同じサイズなら、単焦点の方が明るくて画質がいいのは揺るぎない事実でしょう。

あと、さっきと逆でX-Pro2にズームレンズが似合わない。かっこ悪い。
(ズーム用にX-T1も持っているけど最近出番なし)

f:id:acht_neosee:20181115185333j:plain


ということで、持っているレンズも単焦点の方が多く、それらを交換しながら運用しています。


でもね、皆さん思いませんか?

 

出来たらいつでもいい写真が撮れるカメラを持ち歩きたい

 

X-Pro2って一眼レフに比べたら小型なんだけど、さすがにいつでも手放さないって位小さいわけではないです。
なのでフルサイズは余計無理。もっと綺麗な写真が撮れるんだろうけど、レンズがでかすぎて自分の性格では絶対普段持ち歩かない。
X-E3位なら小さいけど、そもそもレンズ交換型って、カバンの納まり悪いんですよね。レンジファインダースタイルであっても、レンズ含めたら箱型じゃないんで。

いつもはレンズも2~3本持っていこうとするので、結果的にこれ位のバッグになります。

f:id:acht_neosee:20181115185518j:plain

でかいwww

 

なので、そうなるとコンデジか?って話になってきます。
普段は気軽にコンデジで、さぁ撮るぞ!!って目的を持っている時はミラーレス。

現に今、ソニーのRX-100M3も持っています。で、そこそこ持ち歩いています。
やっぱり、持ち歩くっていうのは凄く重要なことなんだと思います。
だからスマホのカメラがあんなに定着して、お手軽なデジカメが売れなくなったんだろうな。


両者比較してこれ位サイズ差あるし

f:id:acht_neosee:20181115185255j:plain

RX-100M3なら普段のバッグに入るし。

f:id:acht_neosee:20181115185400j:plain


いっぱい真面目に考えて、今、優先項目をどうするか、本気で迷っています。

絞って、項目は2つ。

 

①センサーサイズ

 

APS-C使いなのですが、個人的な許容範囲は1インチまで。カメラの性能はセンサーサイズじゃないぜ!って声が聞こえてきそうですが、でもやっぱりセンサーサイズは大事です。

フルサイズでポケットに入るくらい小さくて明るいのに倍率高いズームレンズ搭載したカメラなんてものが存在すれば悩む必要ありませんが、あいにくそんなものはこの世に存在しません。何かを優先したら、何かを犠牲にしなきゃ。
APS-Cを積んだコンデジは、今のところ候補が少ないです。キヤノンと富士とリコー、イカ
でも、もう一つ大事な要素があります。

 

②ズーム倍率

 

上記のようにメインで使うのではなく、普段持ち歩く、いわば突然撮りたいと思った被写体を撮る時に使うことを想定しています。

となると、多少暗かろうが、画質落ちようが、ズームのコンデジ、それも出来れば高倍率ズームの方がいいのかなとも思っています。
画質を優先するあまり、シャッターチャンスを逃すことの方が、悔しいもんね。


となると、それぞれ思い当たるのが1機種ずつあります。

 

①はこれ、キヤノンPowerShot G1 X Mark III

キヤノン PowerShot G1 X Mark III PSG1X MARKIII

キヤノン PowerShot G1 X Mark III PSG1X MARKIII

 

 

こんなにコンパクトなのにセンサーはAPS-Cサイズ。パナのDMC-LX100もマイクロフォーサーズで性能高くてレンズも明るいので結構いいんだけど、レンズの出っ張りが大きいのが気になります。バッグに入んない。
ネットでは酷評もちらほら有りますが、個人的にはかなり魅力の高いカメラだと思っています。
富士のXF10、めっちゃ期待してたんだけどなぁ…。蓋を開けてみたら、X70の廉価版みたいなものに、正直ショックでした。

 


②はやはりこれ、ソニーのRX100M6 

 

値段がメチャクチャしますが、このサイズにフルサイズ換算24-200mmというとんでも設計。多少暗いレンズにはなりましたが1インチサイズのセンサーの恩恵とカメラ自体の高感度耐性アップがあるそうなので、これも凄くいいですね。今のRX100M3も嫌いじゃないんだけど、やっぱりもうちょい望遠が欲しい。

 

 

さーて、どっちにしようかなー

お金もつかな~

何だかんだで、財布が2つになった件(safuji ミニ財布 ナッパネビアモデル、BrEAknoT Ollet レビュー)

ぐもにあふたいぶにーん。は→とです。

これでどの時間帯に見てもらっても大丈夫ですね。


今回は箸休め、カメラとは関係ありません。

財布がヘタってきたので、新しい財布を買ったら、結果2個使いになっちゃったっていう、そんな話です。
長財布で、小さめの財布を捜している方はどうぞ。

 

 

今まで使っていた財布

今まで、土屋鞄のトーンオイルヌメループロングウォレット(長い…)を使っていました。

www.tsuchiya-kaban.jp

f:id:acht_neosee:20180706190642j:plain

気に入ってたのですが

f:id:acht_neosee:20180706190717j:plain

クリーム塗っていてもそこそこ剥げてきたり

f:id:acht_neosee:20180706190748j:plain

角が擦り切れて無くなっちゃった。無いものは補修できない…

ということで、新しい財布を購入することに


2個になった経緯

同じの買いなおしてもいいんだけど、ジッパーの金具でカードが削れるのが難点だったのと、せっかくの心機一転ということで、新しい財布を探そうと思いました。

僕が財布選びでこだわったポイントは、
 ・長財布であること
 ・コンパクトであること
の二つ。結構、いるんじゃないそういう人?(は→と調べ)

実は土屋鞄のこの財布もそこそこコンパクトで、このサイズと同じ位かこれ以上小さいのは、探してもそんなに多くは見当たらない…

そんな中まず見つけたのが、この商品


safuji ミニ財布 ナッパネビアモデル

stylestore.jp

ミニ財布という名前でいくつかバージョンがあり、これはガイド納富バージョンというようです。カードが縦入れになっているのと、ナッパネビアといい、ワックスを擦りこんで霧のかかったような表情の革が特徴。経年変化で本来の黒色になってくらしいです。
デザインもすごい好みで、もうこれにしようかなーって思ったのですが、ネットで探しても売り切れ。safujiのHPを見ても別のタイプはあるけどナッパネビアのこのタイプは見当たらない。
製造終了なのかなって思って、次に見つけたのが、これ

 

BrEAknoT(ブレイクノット) Ollet(オレット)

breaknot.ruboa.com

日本最小の長財布を目指して誕生した商品、とのこと。
こちらはセミオーダーで、外革・内革・隠しポケットの組み合わせで自分だけの財布が作れるというもの。
スタイリッシュでいいなと思い、こちらをポチっとな。
納期3週間位かぁ~、そうか~って1週間位経ったある日、

 

 

 


safujiミニ財布ナッパネビアモデル入荷…

 

 

 


単純に納品数が少なく、すぐに売り切れるため、ず~っと売ってない状態になっていただけみたいです。

財布買ったばかりなのに(まだ届いてないけど)、気に入ったデザインのものがなかなか手に入らない財布だったと知った時、気付いたらこちらもポチってました。

 

 


ということで、2つになりました。

 

 

ちゃんちゃん。


BrEAknoT Ollet

まず届いたのは、先に注文したこっち

f:id:acht_neosee:20180706190821j:plain

f:id:acht_neosee:20180706190850j:plain

凄く薄い。小さい。

 

f:id:acht_neosee:20180706190932j:plain

使っていたループロングウォレットと並べたところ。
分かりにくいかもしれないけど、ループロングウォレットより縦横ともにちょっとだけ短くて、そして圧倒的に薄い。
でも、半分衝動買いだったため、いくつか僕の使いかたには難点が…

1.札ポケットが一つしかない
きちんと調べて買えって話なので、完全に僕のミスなのですが、薄くするために、札ポケットは一つしかありません。僕はお札と、レシートやチケット+緊急用の名刺を別のポケットに入れて運用していたため、それをひとまとめにするのはちょっと使い勝手が悪い

f:id:acht_neosee:20180706191019j:plain


2.カードが入りきらない
もう、阿保ですね。それもちゃんとHPには書いていて、3ポケット+隠しポケットにカードが計4~7枚入るってなっていたのですが、今まで使っていた財布のポケット数が6か所だったので入る気でいました。
1か所に2枚入れしているところがあるのに気づかずに…(計9枚分必要でした)

f:id:acht_neosee:20180706191041j:plain

 


safuji ミニ財布 ナッパネビアモデル

しばらくして、こっちも届きました

f:id:acht_neosee:20180706191059j:plain

f:id:acht_neosee:20180706191121j:plain


前の財布と比較すると、横はミニ財布の方が短く、縦はループロングウォレットの方が短い。厚みは、ほぼ同じです(ミニ財布の方がちょっとだけ薄い?)
前と感覚的に同じなのはこっちかな。

f:id:acht_neosee:20180706191143j:plain

 

 

f:id:acht_neosee:20180706191207j:plain

縦入れ重ねのカード入れが新鮮。複数のカードを良く使う人は向いてないかもしれませんが、僕は一日に何枚も使うような事は無いので、全く問題ないです。

f:id:acht_neosee:20180706191242j:plain

f:id:acht_neosee:20180706191338j:plain


ちゃんと2つとも使うよ!

結果オーライなのですが、高い買い物なんだし、ちゃんと2つとも使います。
safujiのミニ財布をメイン財布、BrEAknoTのOlletを仕事用として。

ミニ財布は元々前の財布とサイズも容量も似ていて、そっくりそのまま問題なく入れ替え出来ました。

f:id:acht_neosee:20180706191405j:plain

 

Olletの方はというと、仕事で、会社から支給されているガソリンカードや社員証などカードが計4枚位あって、尚且つセコムのカードキーがコイン入れにピッタリ収納。今までIDケースにパツパツになっていたのが、丁度Olletの収納量にピッタリ。別に首から下げる必要があまり無かったので、上手く運用できそうです。

f:id:acht_neosee:20180706191432j:plain

f:id:acht_neosee:20180706191454j:plain


せっかくなので、両方ちょっと見てみよう

f:id:acht_neosee:20180706191520j:plain

詳しい仕様等は、HPに載っていますのでそっち見てもらった方がいいと思いますが、見比べる記事は見当たらなかったので、両方を見てみましょう。
見た目も違いますが、実は、同じコンセプトで作っている部分があるんです。

それが、財布の幅とそれを実現するための革の縫い方。

日本の一万円札は、世界的にも大きなお札らしく、それが長財布のコンパクト化に影響を及ぼしています。
長財布なので、当然1万円より短い財布には出来ません。あとは、どれだけ1万円札の幅に近づけられるか、ということになるのですが、両者ともその解決方法がこれ。

f:id:acht_neosee:20180706191600j:plain

f:id:acht_neosee:20180706191624j:plain

端で縫い目を作るのではなく、折り曲げてから、縫うという方法。
これにより、縫い代分短く出来るだけでなく、ギリギリまで攻めてもお札の出し入れがしやすいという仕様。うん、良く出来てる。

 

これはコンパクトには関係ないので偶然だと思うのですが、札ポケット部にもカード入れのスペースがあるのも共通仕様。使い勝手を考えたら、似たような機能が付くのかな…

f:id:acht_neosee:20180706191650j:plain

f:id:acht_neosee:20180706191710j:plain

 

もしどちらか欲しいとなったら、もう決め手は必要収納量ですね。
横幅は一緒、縦と厚みはOlletの勝ち、その分札、小銭、カード収納量はミニ財布の勝ちです。特にカード収納枚数は倍位違いますし、小銭入れは違いすぎて比べられないですね。

f:id:acht_neosee:20180706191734j:plain


まとめ

2個も買うことになったので、人生で一番高い財布になりました(笑)
今までは2~3年で買い替えることが多かったのですが、今度はもっと長く使えるようにしたいな。
とくにミニ財布のナッパネビアは、革の経年変化の記事も書けたらと思います(1~2年後?)。

f:id:acht_neosee:20180706191759j:plain

次は、またカメラ関係のことを書く予定です。

7artisans 50mmF1.8 実写レビュー(後編2)

やっと出来ました。その分ちょっと枚数多めでお届けします。

 


どうも、は→です。

 


前々回の外観レビュー、前回の35mmF1.2のレビューと続いて、今回はartisans 50mmF1.8の撮影した感想を紹介します。



外観レビューで書いた通り、形状はHengyijia(ヘンイージア) 25mm F1.8と同じようなスタイルで、非常に小型軽量。望遠でこの大きさ、この明るさは素晴らしいです。

今回はHengyijiaとよりスタイルを合わせるためフードを追加購入して、撮影に出かけました。

f:id:acht_neosee:20180422235812j:plain

最初に出かけてから3週間位経っています。例のごとく、説明の為の順番で掲載するため、季節感がメチャクチャですがご了承ください。


目次


ボケが綺麗

f:id:acht_neosee:20180422120058j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120116j:plain

開放状態での写真はこんな感じ。純正は開放でも解像感が抜群なので、ここは若干ふわっとしている分負けますが、ボケが綺麗で、更にこのレンズはF値が純正よりも明いのが特徴です。

 

f:id:acht_neosee:20180422120147j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120204j:plain

うるさくなりそうな背景でも、自然と溶けるように輪郭が消えてくれます。2線ボケみたいなのとは無縁。


解像感も高い

f:id:acht_neosee:20180422120225j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120242j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120257j:plain

絞ればこんな感じ。元々純正のXF50mmF2も小型軽量で写りも抜群、余り話題になっていませんが僕の中ではXシリーズのレンズの中でトップクラスの性能を持っていると思っているのですが、このレンズもかなり頑張っています。
解像感は、素人目には違いが余り分かりません。

f:id:acht_neosee:20180422120316j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120332j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120348j:plain

歪みも無いですね。
建築物の撮影にも使いやすい。


空の感じ

f:id:acht_neosee:20180422120409j:plain

マウントアダプターを介して、換算60mmのヘリアーを使った時もそうだったのですが、何故か青が若干くすむ時があります。
フジはどちらかというと標準のプロビアでも綺麗な青が出るのですが、まるでクラシッククロームで撮ったような青。センサーとの相性でしょうか?

f:id:acht_neosee:20180422120425j:plain

これでちょっとましかなって程度で、

f:id:acht_neosee:20180422120444j:plain

ベルビアにしてやっとプロビア位になります(赤みはベルビア)
そこそこ絞っていたはずですが、周辺減光はやっぱり有りますね。


夜の感じ

f:id:acht_neosee:20180422120507j:plain

夜景もレンズが明るいので、結構いけます。
ただ望遠なのでそこそこシャッタースピードが必要なのと、当然手振れ補正なんかは付いていないので、さすがに暗すぎる所ではぶれちゃいます。
もっと腕を上げねば…

f:id:acht_neosee:20180422120534j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120549j:plain

 

 

f:id:acht_neosee:20180422120606j:plain

これは台に乗せただけですが、三脚等で固定すれば、絞った夜景はこんな感じです。
絞り羽根が多いので、光芒も綺麗ですね。


光の耐性について

前回のレンズと比べると全然優秀ですが、やっぱり安物中華製レンズだと、コーティング技術はまだまだのようです
各社の技術が凄いことが間接的に分かりますね。

f:id:acht_neosee:20180422120631j:plain

これくらいなら色乗りもよく綺麗ですが、

f:id:acht_neosee:20180422120647j:plain

流石に太陽に向けて撮影すれば、ゴーストも出ます。

f:id:acht_neosee:20180422120703j:plain

意地悪な撮り方すればフレアも出ますが、一日撮影していて、ここまでフレアが出ることはほぼ無かったので、今回はそこまで気にする必要はないかもしれません。


まとめ

感想としては、非常に優等生。

MFであること(僕はそれが良いから買ったんだけど)、防塵防滴がないこと、開放がちょっと甘いこと、純正より逆光耐性が弱いこと位が弱点かな。
小型なXF50mmF2よりも更に全長が短いこと、開放がF1.8もあること、ボケが非常に綺麗なことが長所です。とくにこのボケはポートレートに使えそう。娘が動くから大人限定だろうけど(笑)

運用で考えていた、Hengyijia 25mm F1.8との2本持ち出しの相性が凄く良いです。
どちらもレンズにクセが無く、レンズ交換をしても同じスタイル・操作性でストレスなく使えます。

MFレンズを使ってみたい人には、オススメです。
腕を磨くためにも、これからもこのレンズを使っていこうと思います。

最後に撮ったけど紹介しきれなかった写真を何点か。
レンズの性能を知る参考になればと思います。

 

ではまた

 

f:id:acht_neosee:20180422120733j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120750j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120810j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120831j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120846j:plain

f:id:acht_neosee:20180422120904j:plain